1. 歌詞検索UtaTen
  2. FLAME
  3. Firebird歌詞
よみ:Firebird

「Firebird」の歌詞

FLAME
2006.11.15 リリース
作詞
Naruya Ihashi
作曲
Naruya Ihashi
  • 試聴
  • お気に入り登録
友情 感動 恋愛 元気 結果
文字サイズ
ふりがな
あのころはただぼくなにかを
さがもとめ さまよっていたんだ
でかいゆめばかり いて
こたえのでない おりでもがいてた

とき現実げんじつつめたくて それでもはしつづけた
一途いちずねがいが つばさになる

とりになって いにゆくよ
あのそらへと まぶしい太陽たいようのぼるかぎり
たびつづ
をくいしばって どんないたみも
明日あしたにつなげよう
何処どこいても わすれはしない
ぼくぼくであるべき姿すがた

だれ一人ひとりじゃ つよきれない
だからきっと 出会であいは特別とくべつ
あたりをつつわらごえたちが
背中せなかそっと後押あとおしするよ

とき家族かぞくよりつよきずながあるっていうコト
こうして今頃いまごろ わかがする

ともをとって とどけたいんだ
この感謝かんしゃを たとえ何度なんどつまずいても
何年なんねんかけても
希望きぼうかって えないさか一歩いっぽずつでいい
自分じぶん意志いしってる世界せかい
をそむけずに れよう

とき現実げんじつつめたくて それでもはしつづけた
一途いちずねがいが つばさになる

Firebird/FLAMEへのレビュー

この音楽・歌詞へのレビューを書いてみませんか?

この音楽・歌詞へのレビューを投稿

ニックネーム
性別
年代
  • ※ニックネーム・性別・年代は初回のみ入力できます。
  • ※レビューは全角30文字以上、500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつの音楽・歌詞につき1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約
▶︎ ブログやHPでこの歌詞を共有する場合はこのURLをコピーしてください

曲名:Firebird 歌手:FLAME