1. 歌詞検索UtaTen
  2. それでも世界が続くなら
  3. 狐と葡萄歌詞

2016.7.20 リリース

「狐と葡萄」の歌詞 それでも世界が続くなら

狐と葡萄 歌詞
作詞
篠塚将行
作曲
それでも世界が続くなら
iTunesで購入
曲名
狐と葡萄
アルバム
52Hzの鯨
金額
¥255
友情 感動 恋愛 元気 結果 動画を見る
文字サイズ
ふりがな
子供こどもころぼくいてる
かばったあのいている
つぎから あのわりになった
やさしいひとになれなかった

母親ははおや教師きょうし父親ちちおやはいない
だから だれかをまもってみたかった
でもつぎからぼくえるだけの
てるだけの人間にんげんになった

彼女かのじょ病気びょうき自分じぶんめた
「みんなとちがう」
普通ふつうじゃない」

この世界せかいきみきてる
きずだらけになる そんなかた
だれかをしんじて それできずついて
それでも「きていたい」といてる

よごれた自分じぶんをもっとよごして
わたしのせいだ」とさびしそうにわら
きみようきみいややつでも
ぼくきみはなしたい

こえてるかい
おれはもう 大人おとなになってしまう
それでもまだ やりなおせるかい
きずつきたくない病気びょうき」のまま

この世界せかいぼくきてる
まわるだけの こんなかた
まもりたかったひときずつけて
それでも「きていたい」といてる

よごれた自分じぶんをもっとよごして
よごれていない」とれたこえわら
だれかがようぼくいややつでも
ぼくきみと もう一度いちどだけ
きずつけあっても としっても

きみようきみいややつでも
ぼくきみはなしたい

きつねとぶどう/それでもせかいがつづくなら

▶︎ ブログやHPでこの歌詞を共有する場合はこのURLをコピーしてください

曲名:狐と葡萄 歌手:それでも世界が続くなら

リンクコード:

ブログ用リンク:

それでも世界が続くなら 人気歌詞ランキング

それでも世界が続くならの歌詞一覧を見る

それでも世界が続くならのニュース

それでも世界が続くならのニュースを全て見る