1. 歌詞検索UtaTen
  2. UEBO
  3. 春の嵐歌詞
よみ:はるのあらし

「春の嵐」の歌詞

春の嵐 歌詞
UEBO
2018.5.9 リリース
作詞
UEBO,Junji Ishiwatari
作曲
UEBO
  • 試聴
  • お気に入り登録
友情 感動 恋愛 元気 結果
文字サイズ
ふりがな
さくらみしめて 別々べつべつある
ぼくなかに あぁ きみ指輪ゆびわのこして

はるあらしがいま はなびらげてく
時計とけいはりもどすように
かなくていいから ひとつだけつたえさせて
こんなにきみのこと きだった

かぶ花筏はないかだ かさていた未来みらい
うみまでけると あぁ 本気ほんきしんじていた

はるあらしにいま かなわぬねがいかけた
時計とけいはりもどるように
かなくていいから そのままでいてしい
いまあいしてるよ

れるまえるのが桜花おうか
れてもなおくのがこいはな
ぼんやり ぼんやり かすんで
じんわり じんわり にじむ
きみとおくなる

なみだがひとひら おともなくってゆく

はるあらしがいま はなびらげてく
時計とけいはりもどすように
二人ふたり出会であったへと きみ笑顔えがおだけ辿たどって
いまときもどってゆく
かなくていいから ひとつだけつたえさせて
こんなにきみのこときだった
きだった

春の嵐/UEBOへのレビュー

この音楽・歌詞へのレビューを書いてみませんか?

この音楽・歌詞へのレビューを投稿

ニックネーム
性別
年代
  • ※ニックネーム・性別・年代は初回のみ入力できます。
  • ※レビューは全角30文字以上、500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつの音楽・歌詞につき1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約
▶︎ ブログやHPでこの歌詞を共有する場合はこのURLをコピーしてください

曲名:春の嵐 歌手:UEBO