1. 歌詞検索UtaTen
  2. THE 虎舞竜
  3. ロード~第二章歌詞
よみ:ろーど~だいにしょう

「ロード~第二章」の歌詞

THE 虎舞竜
1994.4.21 リリース
作詞
高橋ジョージ
作曲
高橋ジョージ
  • 試聴
  • お気に入り登録
友情 感動 恋愛 元気 結果
文字サイズ
ふりがな
あの あのとき きみ出逢であっていなければ
こんなにかなしむこともなかったとおも
でもわなけりゃ もっと不幸ふこうだった…。

どんなにとしをとっても をつないでいる
そんな二人ふたりでいようとちかったこと
いまむかしおも物語ものがたり…。

このみちも このくるまも この情景じょうけいだって
あのよるおなじままさ
ただおれよこねむってたはずの
きみだけがいない…。

なんでもないようなことしあわせだったとおも
なんでもないよること 二度にどとはもどれないよる

しあわせになる…。」とって実家じっかるはずの
あさきみはこなか ひとりぼっちで
はなにかこまれ まるでフランス人形にんぎょう

仮縫かりぬいのままの しろいドレス似合にあってた
おれしろのタキシード
約束やくそくしてたそろいのリング つめたいゆびかざった…。

なんでもないようなことしあわせだったとおも
なんでもないよること 二度にどとはもどれないよる

二人ふたりっておいた 子供こども洋服ようふく
そでとおさないままに おなかのうえ
そっとかさねた まれかわってしいと…。

季節きせつはずれのゆきぼつもれた バージンロード
どこまでもつづなが
ひとれつきみ最後さいごの おわかれにていたね…。

あの あのとき きみうしなってなければ
こんなにかなしむこともなかったとおも
でもわなけりゃもっと不幸ふこうだった…。

なんでもないようなことしあわせだったとおも
なんでもないよること 二度にどとはもどれないよる

ロード~第二章/THE 虎舞竜へのレビュー

この音楽・歌詞へのレビューを書いてみませんか?

この音楽・歌詞へのレビューを投稿

ニックネーム
性別
年代
  • ※ニックネーム・性別・年代は初回のみ入力できます。
  • ※レビューは全角30文字以上、500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつの音楽・歌詞につき1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約
▶︎ ブログやHPでこの歌詞を共有する場合はこのURLをコピーしてください

曲名:ロード~第二章 歌手:THE 虎舞竜