1. 歌詞検索UtaTen
  2. 丸山隆平,安田章大,錦戸亮,大倉忠義(関ジャニ∞)
  3. ノスタルジア歌詞

2017.6.28 リリース

「ノスタルジア」の歌詞 丸山隆平,安田章大,錦戸亮,大倉忠義(関ジャニ∞)

友情 感動 恋愛 元気 結果 動画を見る
文字サイズ
ふりがな
とお星祭ほしまつ
はしゃいで寝転ねころんだ河川敷かせんじき
天球儀てんきゅうぎをまわしては
ぼくらは宇宙そらはなしていた

った季節きせつえてった街並まちな
まぶたうらにある景色けしき
きだってえずに しずまった軒先のきさき
何処どこからかこえた花火はなび

わってゆくって かってたあの
ぼく気付きづかぬふりではしった
つよがって さすらって もどれない場所ばしょ
今日きょうも"そのつづき"をうたってる

んだなみだあじあまくなくてかった」なんて
サヨナラをかえすたび 皮肉ひにくにもおもるのさ

そだった故郷まち かべながら
きせぬおもがれちても
むねおく かきらすよ
わすもののようなひび

すすんで まよって まるとき
きみこえ道標みちしるべになる
れてって れてって 夜明よあけのこうで
出逢であう"ひとつだけ"をしんじてる

のがれられないメビウス くるしくていとしいライフ
わすれられないから かがやいているんだよ
きみがおしえてくれたあの星座ほし
いまだってぼくらは 夢見ゆめみときのまま
何処どこへでもけるさ

わってゆくって かってたあの
ぼくはしれるだけけた
つよがって さすらって もどれない場所ばしょ
今日きょうも"そのつづき"をうたってる

すすんで まよって まるとき
きみこえ道標みちしるべになる
れてって れてって 夜明よあけのこうで
出逢であう"ひとつだけ"をしんじてる

のすたるじあ/まるやまりゅうへい やすだしょうた にしきどり···

▶︎ ブログやHPでこの歌詞を共有する場合はこのURLをコピーしてください

曲名:ノスタルジア 歌手:丸山隆平,安田章大,錦戸亮,大倉忠義(関ジャニ∞)

リンクコード:

ブログ用リンク:

丸山隆平,安田章大,錦戸亮,大倉忠義(関ジャニ∞) 人気歌詞ランキング

丸山隆平,安田章大,錦戸亮,大倉忠義(関ジャニ∞)の歌詞一覧を見る