1. 歌詞検索UtaTen
  2. 天月
  3. アストロスト歌詞
よみ:あすとろすと

「アストロスト」の歌詞

天月
2018.6.27 リリース
作詞
宮田'レフティ'リョウ
作曲
宮田'レフティ'リョウ
  • 試聴
  • お気に入り登録
友情 感動 恋愛 元気 結果
文字サイズ
ふりがな
ダークモード
太陽たいよう宇宙そらのむこうへ

今世紀こんせいきいち流星群りゅうせいぐんる」と
れたフレーズを
声高こえだかうたう ニュースキャスター
毎年まいとしじゃない?」って きみわらったことを
不意ふいおもして おもわず見上みあげた トウキョウのそら

そんな普通ふつう他愛たあいもない日常にちじょう
きっとぼくのすべてだったのに

太陽たいよう宇宙そらのむこうへ
きみえなかった 言葉ことばをまだ
ぼくうたってる こえらして
宛先あてさきらずのこんなモノローグが
よるかぜかれて いつかとどくように

なくしものばっかでだらしないぼく
あのころより すこしは 大人おとなになれたがするけど
一番いちばんしかったかがやきをいま
迷子まいごのようにさがもとめている

こえかせて 「そばにおいで」

このよるひろがる 満天まんてん星空ほし
きみ二人ふたりって
かちわなけりゃ意味いみなんてこと
どうしてだろう バカだな 今更いまさらづくなんて

夏草なつくさにおはじめてれた
記憶きおく欠片かけらのひとつひとつが
ほしちるたび むねさるんだ
いたいよ あいたいよ いますぐ

きみがいない この世界せかい
ぼくはまだうごけずにまってる
このおも 全部ぜんぶてて
あることなんてできないから

太陽たいよう宇宙そらのむこうへ
きみえなかった 言葉ことばをまだ
ぼくうたってる こえらして
った時間じかんもどせないけど
おなそらをどこかでているんだろうか

何億なんおくねんかかっても きみつけるから

アストロスト/天月へのレビュー

この音楽・歌詞へのレビューを書いてみませんか?

この音楽・歌詞へのレビューを投稿

ニックネーム
性別
年代
  • ※ニックネーム・性別・年代は初回のみ入力できます。
  • ※レビューは全角30文字以上、500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつの音楽・歌詞につき1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約
▶︎ ブログやHPでこの歌詞を共有する場合はこのURLをコピーしてください

曲名:アストロスト 歌手:天月