1. 歌詞検索UtaTen
  2. BURNOUT SYNDROMES
  3. セツナヒコウキ歌詞
よみ:せつなひこうき

「セツナヒコウキ」の歌詞

BURNOUT SYNDROMES
2015.5.13 リリース
作詞
熊谷和海
作曲
熊谷和海
  • 試聴
  • お気に入り登録
友情 感動 恋愛 元気 結果
文字サイズ
ふりがな
東京とうきょうへとつづしろみちが ゆっくりと青空あおぞらびていく
村外むらはずれの向日葵ひまわりとうげから 出来できたばかりの空港くうこうきみていた

なつ

永遠えいえんつづくような畦道あぜみちからびて蚯蚓みみずんでいる
此処ここたらぼくかわいていく だから明日あした東京とうきょうへと旅立たびだ

麦藁帽子むぎわらぼうしきみうつむ
そろいのネックレスれる
「さよなら」もえず きみ視線しせんった

刹那せつな 飛行機ひこうき頭上ずじょう2000フィートで きみった「なにか」をした
そして二人ふたりわかれたかもらぬまま あいっていく

なつ

最後さいごまでらなかった携帯けいたい
電源でんげんとしながらおもうのは
都会とかいへの期待きたいでも不安ふあんでもなく
見送みおくりになかったきみこと

うごした飛行機ひこうきまどそと 瓢箪山ひょうたんやまふもとをふとれば
国道こくどう沿いの向日葵ひまわりとうげから きみおおきくっていた

麦藁帽子むぎわらぼうしびそうなほど
何度なんどつまず蹌踉よろめいて
精一杯せいいっぱい きみなにさけんでいた

刹那せつな 飛行機ひこうきぜるジェットエンジンが きみといた季節きせつした
そして二人ふたりわかれたかもらぬまま あいっていく

こいゆめせた機体きたい航路こうろはずれて急旋回きゅうせんかい 空中分解くうちゅうぶんかいして
そうしてぼくゆめえらんでちていく
そこでめた

刹那せつな 飛行機ひこうきくもからし スカイ・ツリーがぼけまなこさった
気圧差きあつさおとえた世界せかい くる鼓動こどうくした

東京とうきょう

刹那せつな 飛行機ひこうき時速じそく200ノットで かなしみを覚悟かくご昇華しょうかした
すす青春せいしゅんを いつも明日あしたらすのはなつ そして太陽たいよう無限大むげんだい群青ぐんじょう

群青ぐんじょう

セツナヒコウキ/BURNOUT SYNDROMESへのレビュー

この音楽・歌詞へのレビューを書いてみませんか?

この音楽・歌詞へのレビューを投稿

ニックネーム
性別
年代
  • ※ニックネーム・性別・年代は初回のみ入力できます。
  • ※レビューは全角30文字以上、500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつの音楽・歌詞につき1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約
▶︎ ブログやHPでこの歌詞を共有する場合はこのURLをコピーしてください

曲名:セツナヒコウキ 歌手:BURNOUT SYNDROMES