1. 歌詞検索UtaTen
  2. 岩崎宏美
  3. 雪の華歌詞
よみ:ゆきのはな

「雪の華」の歌詞

岩崎宏美
2006.9.27 リリース
作詞
Satomi
作曲
松本良喜
  • 試聴
  • お気に入り登録
友情 感動 恋愛 元気 結果
文字サイズ
ふりがな
のびた人陰かげ舗道ほどうにならべ
夕闇ゆうやみのなかをキミとあるいてる
つないでいつまでもずっと
そばにいれたならけちゃうくらい

かぜつめたくなって
ふゆにおいがした
そろそろこのまち
キミと近付ちかづける季節きせつがくる

今年ことし最初さいしょゆきはな
2人ふたりって
ながめているこの瞬間しゅんかん
シアワセがあふれだす
あまえとかよわさじゃない
ただ、キミをあいしてる
こころからそうおもった

きみがいると どんなことでも
りきれるような気持きもちになってる
こんな日々ひびがいつまでもきっと
つづいてくことをいのっているよ

かぜまどらした
よるこして
どんなかなしいことも
ボクが笑顔えがおへとえてあげる

ちてきたゆきはな
まどそとずっと
りやむことをらずに
ぼくらのまちめる
だれかのためになにかを
したいとおもえるのが
あいということをった

もし、きみうしなったとしたなら
ほしになってキミをらすだろう
笑顔えがおなみだれてるよる
いつもいつでもそばにいるよ

今年ことし最初さいしょゆきはな
2人ふたりって
ながめているこの瞬間しゅんかん
シアワセがあふれだす
あまえとかよわさじゃない
ただ、キミとずっと
このまま一緒いっしょにいたい
素直すなおにそうおもえる

このまちもってく
しろゆきはな
2人ふたりむねにそっとおもえがくよ
これからもキミとずっと…

雪の華/岩崎宏美へのレビュー

この音楽・歌詞へのレビューを書いてみませんか?

この音楽・歌詞へのレビューを投稿

ニックネーム
性別
年代
  • ※ニックネーム・性別・年代は初回のみ入力できます。
  • ※レビューは全角30文字以上、500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつの音楽・歌詞につき1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約
▶︎ ブログやHPでこの歌詞を共有する場合はこのURLをコピーしてください

曲名:雪の華 歌手:岩崎宏美