1. 歌詞検索UtaTen
  2. 筋肉少女帯
  3. 詩人オウムの世界歌詞
よみ:しじんおうむのせかい

「詩人オウムの世界」の歌詞

筋肉少女帯
2007.3.14 リリース
作詞
大槻ケンヂ
作曲
橘高文彦
  • 試聴
  • お気に入り登録
友情 感動 恋愛 元気 結果
文字サイズ
ふりがな
むかしむかしのおはなしです」
詩人しじんおとこ世界せかいにくんで もりおく
わかくしてんだむすめのために をつづった
その言葉ことばかぜにのって もりをぬけて
まちにふって ちょうれとなり
蝶々ちょうちょうれは ムラサキのいろそらをおおった
ムラサキのいろれたものは みながふれてしまった

おびえるものたちは 詩人しじんった
もりをぬけて詩人しじんうみへ ボートにって
オーム(オーム、オーム、オーム)x2
わたしまゆって オーム(オーム、オーム、オーム)x2
新月しんげつよるやすまず オーム(オーム、オーム、オーム)x2
うたをつづろう オーム(オーム、オーム、オーム)x2
世界せかいにくうた

詩人しじんはとある小島こじまながいた
いぬねことコウモリとピエロが かれむかえた
わたしはこのすべてをにくにくんでも にくんでも
まだあまるこのすべてを 言葉ことばやしくしてみせよう
ちからしてくれ だがおびえたピエロの密告みっこく
詩人しじん警官隊けいかんたい銃弾じゅうだんたおれた
そのよる いぬはワンワンとねこはニャーニャーと
そしてコウモリはもくして かたることがなかったのであった」

でも言葉ことばだけは かぜにのって
いくつものまちえて ちょうれとなり
オーム(オーム、オーム、オーム)x2
詩人しじんしかばねは オーム(オーム、オーム、オーム)x2
うみきたくにへ オーム(オーム、オーム、オーム)x2
そのくに漁師りょうしによって オーム(オーム、オーム、オーム)x2
手厚てあつほうむられたと

詩人オウムの世界/筋肉少女帯へのレビュー

この音楽・歌詞へのレビューを書いてみませんか?

この音楽・歌詞へのレビューを投稿

ニックネーム
性別
年代
  • ※ニックネーム・性別・年代は初回のみ入力できます。
  • ※レビューは全角30文字以上、500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつの音楽・歌詞につき1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約
▶︎ ブログやHPでこの歌詞を共有する場合はこのURLをコピーしてください

曲名:詩人オウムの世界 歌手:筋肉少女帯