1. 歌詞検索UtaTen
  2. Bluem of Youth
  3. 線路沿いの恋歌詞
よみ:せんろぞいのこい

「線路沿いの恋」の歌詞

Bluem of Youth
1996.11.1 リリース
作詞
別所悠二
作曲
松ヶ下宏之
  • 試聴
  • お気に入り登録
友情 感動 恋愛 元気 結果
文字サイズ
ふりがな
ダークモード
時間じかんかけてたどりつくはいみねまばゆ夜景やけい
いまでも足早あしばや東京とうきょうまれないようにかかえてるんだ
かわってくれた運転うんてんねむったぼくこさないまま
ちかづく上京じょうきょう日付ひづけ どれだけんでをそらしていたの?
もう三度目さんどめしは きみらないはずの住所じゅうしょ
手紙てがみなんてとどくわけないのに そらのポスト素通すどお出来できずに

ほそうでちいさな傷跡きずあとつめられるとれるとき笑顔えがお
電車でんしゃはしける突風とっぷうも すべてまもれるとおもっていた
映画えいが眼鏡めがね横顔よこがお寝起ねおきのわる電話でんわ鼻声はなごえ
きっとむかえにゆけるとしんじてた はなれればはなれるほどに
線路せんろ沿いにいたこい

いつもきみむかえにいくと遮断機しゃだんきこころあせらせる
支度したくおそきみちわびて きなカセットをかえいて
普段ふだんひかない口紅くちべにいそいでいた眉毛まゆげあと
すこしへんだよってからかうたびに バックミラーを占領せんりょうしてた
ぎゆく最後さいごよるにも きみ無理むりして微笑ほほえんだけれど
山道やまみちりる途中とちゅう公園こうえんうし姿すがたかたふるえてた

ほそうでちいさな傷跡きずあとつめられるとれるとき笑顔えがお
電車でんしゃはしける突風とっぷうも すべてまもれるとおもっていた
映画えいが眼鏡めがね横顔よこがお寝起ねおきのわる電話でんわ鼻声はなごえ
きっとむかえにゆけるとしんじてた はなれればはなれるほどに
線路せんろ沿いにいたこい

いつかきみるだろう 四角しかくはこなかうたぼく
あのころとはちがひとでいい きみわすれたちがかお
けれどきみ本気ほんきあいしてたあのよるいつわりなどなかった
うそのようにかぜのように えてゆく二人ふたりはもうえないままで
線路せんろ沿いにいたこいが…

線路沿いの恋/Bluem of Youthへのレビュー

この音楽・歌詞へのレビューを書いてみませんか?

この音楽・歌詞へのレビューを投稿

ニックネーム
性別
年代
  • ※ニックネーム・性別・年代は初回のみ入力できます。
  • ※レビューは全角30文字以上、500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつの音楽・歌詞につき1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約
▶︎ ブログやHPでこの歌詞を共有する場合はこのURLをコピーしてください

曲名:線路沿いの恋 歌手:Bluem of Youth