1. 歌詞検索UtaTen
  2. かと*ふく(加藤英美里&福原香織)
  3. プラタナスの下で待ってる歌詞
よみ:ぷらたなすのしたでまってる

「プラタナスの下で待ってる」の歌詞

プラタナスの下で待ってる 歌詞
かと*ふく(加藤英美里&福原香織)
2012.12.26 リリース
作詞
井上トモノリ
作曲
高田龍一(MONACA)
  • 試聴
  • お気に入り登録
友情 感動 恋愛 元気 結果
文字サイズ
ふりがな
おぼえているよ おさなかったあのころ
名前なまえらない
おおきなした 出逢であった
ハローとバイバイ 何度なんどかえして
うつわる季節きせつ
いつのときもここにいたね

ベンチにあふれる かがや
将来しょうらいのこと 希望きぼうゆめはなし
いつでも二人ふたり見守みまも
おおきなこのしたで また出逢であえると
しんじてるから

大人おとなになっても一緒いっしょだよ
指切ゆびきりしたね ちいさな
約束やくそく大切たいせつなままに
むねなかひか宝石ほうせき

いまもまだおぼえているから
わすれないおおきなした
いつかえるまで
またプラタナスのしたってる

いつものように 放課後ほうかご みちして
夕涼ゆうすずみしたよね
"アノ"のことわすれない
しず夕陽ゆうひびるかげずっとてた
別々べつべつ未来みらい
この場所ばしょからはなれていく

ココロの行方ゆくえさがして
たがいのみち ちがゆめのカタチを
遠回とおまわりしても最後さいご
きっといつか二人ふたりこのした
わらってえるはず

目的地もくてきちちがうけれども
はなればなれになってしまっても
かえりたい場所ばしょおなじままで
こころなか つながってるから

旅立たびだきみ背中せなかして
見上みあげたら くもひとつないそら
あるしたきみ
精一杯せいいっぱいのエールをおくるよ

鈍色にびいろくも
茜色あかねいろわっていく
ひとりじゃないよね

夕暮ゆうぐれノスタルジー
Ah おも色褪いろあせずに
なつかしい記憶きおく
れるまでかたった
きみかえみち

大人おとなになっても一緒いっしょだよ
指切ゆびきりしたね ちいさな
約束やくそく大切たいせつなままに
むねなかひか宝石ほうせき

いまもまだおぼえているから
わすれないおおきなした
いつかえるまで
またプラタナスのした
約束やくそく場所ばしょってる

プラタナスの下で待ってる/かと*ふく(加藤英美里&福原香織)へのレビュー

この音楽・歌詞へのレビューを書いてみませんか?

この音楽・歌詞へのレビューを投稿

ニックネーム
性別
年代
  • ※ニックネーム・性別・年代は初回のみ入力できます。
  • ※レビューは全角30文字以上、500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつの音楽・歌詞につき1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約
▶︎ ブログやHPでこの歌詞を共有する場合はこのURLをコピーしてください

曲名:プラタナスの下で待ってる 歌手:かと*ふく(加藤英美里&福原香織)