1. 歌詞検索UtaTen
  2. 吉永小百合
  3. 太陽が真上に来るとき歌詞
よみ:たいようがまうえにくるとき

「太陽が真上に来るとき」の歌詞

吉永小百合
2011.11.23 リリース
作詞
千野皓司
作曲
黛敏郎
  • お気に入り登録
友情 感動 恋愛 元気 結果
文字サイズ
ふりがな
太陽たいよう真上まうえるとき
ちいさなつぼみが ほころびる
おおきくいきはずませて
ゆめるなら すてきなゆめ
どろにまみれて きずついて
青春せいしゅんゆめが ちぎれても
してはいけない 希望きぼうあかり
きっときっときっと すばらしいあさるんだから

太陽たいよう真上まうえるとき
みんなでかそう しあわせのはな
口笛くちぶえいて をひろげ
ゆめるなら うつくしいゆめ
さびしくなって きたくて
青春せいしゅんゆめがかすんでも
ててはいけない あこがれのこころ
きっときっときっと すばらしいあさるんだから

太陽が真上に来るとき/吉永小百合へのレビュー

この音楽・歌詞へのレビューを書いてみませんか?

この音楽・歌詞へのレビューを投稿

ニックネーム
性別
年代
  • ※ニックネーム・性別・年代は初回のみ入力できます。
  • ※レビューは全角30文字以上、500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつの音楽・歌詞につき1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約
▶︎ ブログやHPでこの歌詞を共有する場合はこのURLをコピーしてください

曲名:太陽が真上に来るとき 歌手:吉永小百合