1. 歌詞検索UtaTen
  2. 森進一
  3. 秋のホテル歌詞
よみ:あきのほてる

「秋のホテル」の歌詞

秋のホテル 歌詞
森進一
2005.6.1 リリース
作詞
阿久悠
作曲
森進一
  • 試聴
  • お気に入り登録
友情 感動 恋愛 元気 結果
文字サイズ
ふりがな
ダークモード
なつぎたホテルには ピアノがよく似合にあ
水割みずわりをよこおんないている
ボロボロのこころで タッチもあらくなる
もういいだろう いいだろう
けるだけけば あきになる

よくれたそらて ためいきつくひとを
海鳥うみどりがなぐさめて つばさすってる
ハラハラといても こころわらってる
ああよかったね よかったね
けるだけけば あきになる

きべそも いどれも 孤独こどく旅人たびびと
秋風あきかぜくたびに だんだんいなくなる
ヨレヨレのコートの えりまでてている
もう過去かこだろう 過去かこだろう
けるだけけば あきになる

秋のホテル/森進一へのレビュー

この音楽・歌詞へのレビューを書いてみませんか?

この音楽・歌詞へのレビューを投稿

ニックネーム
性別
年代
  • ※ニックネーム・性別・年代は初回のみ入力できます。
  • ※レビューは全角30文字以上、500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつの音楽・歌詞につき1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約
▶︎ ブログやHPでこの歌詞を共有する場合はこのURLをコピーしてください

曲名:秋のホテル 歌手:森進一