1. 歌詞検索UtaTen
  2. ニュース
  3. J-POP
  4. フジファブリック
  5. フジファブリック "UNISON SQUARE GARDEN"、"ハナレグミ"と起こした大きな化学反応!

フジファブリック "UNISON SQUARE GARDEN"、"ハナレグミ"と起こした大きな化学反応!



フジファブリックが、毎年恒例としている自主企画2マンライブ「フジフレンドパーク」

過去にも”ASIAN KUNG-FU GENERATION”、”Salyu”、”秦 基博”、”レキシ”、”ウルフルズ”、”キュウソネコカミ”、”クリープハイプ”、”KANA-BOON”、”Suchmos”など錚々たるアーティストが出演してきており、

4年目を迎える今年は、6/26(月)大阪・Zepp Osaka BaysideにPerfume、6/30(金)と7/1(土)東京・Zepp DiverCity TOKYOにてUNISON SQUARE GARDEN、ハナレグミをそれぞれ迎え計3日間開催された。


今回はその東京公演2daysに関してレポートしていく。



6/30(金)東京・Zepp DiverCity TOKYO公演に出演したのはUNISON SQUARE GARDEN。

UNISON SQUARE GARDENはフジファブリックにとって事務所の後輩でもあり、「VIVA LA ROCK 2016」VIVA LA J-ROCK ANTHEMSにて、斎藤宏介(Vo.&Gt.)がゲストボーカルとしてフジファブリック『若者のすべて』をカバーしたり、更には事務所のイベントにて金澤ダイスケ(Key)とUNISON SQUARE GARDENの鈴木貴雄(Dr.)が企画バンドにて共演するなど、親交も深い間柄だ。

静かにSEが会場に響き渡る中、メンバー3人が登場。

斎藤の「UNISON SQUARE GARDENです」という挨拶から、激しいギターリフも特徴的で、疾走感あふれる『サイレンインザスパイ』でLIVEをスタート。

更には『オリオンをなぞる』など、あっという間に会場を自分達のものへと変えていく。

そして「今日はフジフレンドパーク、最後まで楽しませて頂きます」というMCの後に演奏されたのは『天国と地獄』。田淵智也(Ba.)の動きもよりアクティブかつ攻撃的になっていく。

斎藤は「僕ら、バンドを始めて13年。今日ようやく初めてフジファブリックと対バン出来てガッツリ嬉しいです」と話し始め、先日フジファブリックのNETラジオ「ゆるゆるいかせて」に出演した時の裏話を語り、会場の笑いを誘った。

そんなMCを挟み『Silent Libre Mirage』『桜のあと (all quartets lead to the?)』と次々にシングル曲を投下。バンド、オーディエンスの盛り上がりは最高潮へ。

「UNISON SQUARE GARDENでした!最後の曲です」と言う言葉と共にラストを飾ったのは『シュガーソングとビターステップ』。

会場が一体となり飛び跳ねる様子は圧巻で、異様な熱気と共にLIVEを終えた。



会場の熱が冷めやらぬ中、フジファブリックが登場。

真っ白な照明に包まれ、1曲目『夜明けのBEAT』でLIVEが幕を開ける。

「どうもこんばんは!フジファブリックです。フジフレンドパークへようこそ!」と山内総一郎(Vo,G)の一言から『SUPER!!』に突入し、金澤ダイスケ(Key)がギターに持ち替え、山内とのツインギターで魅せる。

続けて『Sugar!!』を披露。「フジフレンドパークは良く対バンとかである”対決”とかではなく、友達だったり、友達になりたい人を呼んで今年で4年目。ユニゾンはいつも曲を聴いていて、気が合うんじゃないかなと思ってオファーをさせて貰いました。素晴らしいステージ、どうもありがとう!」と山内が後輩へのリスペクトを伝えた。

そして「田淵君が凄い好きだと言ってくれた曲をやります」と『徒然モノクローム』を披露。

その後のMCでもコラボの経緯、そしてユニゾンの人柄など、メンバーそれぞれがユニゾンへの想いを語った。

そのまま「ここを”銀河”で一番盛り上がっている所にしましょう」という山内の言葉から『銀河』がスタート。

『Surfer King』では「ユニゾン見てたらやりたくなっちゃった」と金澤がショルダーキーボードを光らせ、加藤慎一(B)も触発されたようにステージを動きまわった。

「もう今日決めた!来年もやります」と山内が言い放ち『虹』でラストを飾る怒涛のセットリストでステージを後にした。



アンコールではUNISON SQUARE GARDEN斎藤を呼び込み『若者のすべて』をセッション。

フジ山内、ユニゾン斎藤のヴォーカルが掛け合わさって、『若者のすべて』に新しい魅力が吹き込まれた。





7/1(土)東京・Zepp DiverCity TOKYOの対バン相手はハナレグミ。



ハナレグミは永積 崇が以前所属していたSUPER BUTTER DOG時代からフジファブリックとはレーベル・メイトでもあり、ハナレグミとして活動を始めてからもイベント等で交流があり、フジファブリックにとっては長い間、公私共にお世話になっている先輩。

昨年2016年には「LIVE OASIS」にて対バン。今年3月には「トーキョー・ギター・ジャンボリー」にてハナレグミのステージに山内が飛び入り参加するなど、近年、更に親交を深めているのはファンも周知の事実。

そんな両ファン垂涎!待望のハナレグミとのフジフレンドパーク、意外にも最初に出てきたのはフジファブリック!

『Surfer King』『SUPER!!』と攻めた2曲で勢いよく、スタートダッシュを切る。

「どうも、こんばんは。フジファブリックです。フジフレンドパーク、今日が最終日です。飛ばしていきます!」と山内の短いMCから更に『夜明けのBEAT』『カンヌの休日』を立て続けに披露。

「いやー、飛ばしてますね、我々。気合入りまくりやわ、マジで」と山内は話し、ハナレグミとは倶楽部AKANEIRO、そして2010年のフジフジ富士Qなどフジファブリック企画LIVEをはじめ、数多くのイベントで共演している事を語り”尊敬する先輩でもあり、『友達』でもある”と親しみを込めて感謝を伝えた。

その後に大阪、東京1日目と対バン相手とのセッションで披露してきた『若者のすべて』を今日はフジファブリックだけで披露。会場に澄んだメロディーを響かせた。

そしてメンバー紹介を挟み、「この後我々は(ハナレグミのステージにも)出ていくんですが、このフジファブリックのステージでも120%を出します」と熱のある金澤のMCから、ラスト『Girl!Girl!Girl!』まで全身全霊で一気に駆け抜けた。



続いて、静まる会場に赤と白のピンスポットが灯る中、ハナレグミが登場。

永積が「総くん(※山内総一郎)が“先輩ですけど、もう友達です”と言ってくれた事が嬉しかった」と、弾き語りで『きみはぼくのともだち』を歌い、美しい歌声に会場は酔いしれる。

歌い終わると「今日は”ハナレフジ”ですからね」と、フジファブリックのメンバーとBOBOをステージに呼び込み、割れんばかりの拍手と声援の中『おあいこ』の演奏がスタート。

青いライトに包まれる中、徐々に音が重なりグラデーションして行き、クライマックスでは5人が逆光に照らされ幻想的なシルエットが浮かび上がる。

そして永積がオーディエンスとのトークの中で「今日は雨かもしれないけど、明日は晴れになるぜって歌を」と『明日天気になれ』を演奏。

山内がギターからマンドリン、加藤がエレキからウッドベースに持ち替え、グルーヴィかつ軽快なサウンドを展開。

更に永積の無茶ぶりの提案から即興のアドリブ・セッションとしてくるりの『男の子と女の子』をサプライズでカヴァー!その流れのままに『音タイム』を披露した。

最後のMCではフジファブリックとレーベルメイト時代だった頃の逸話で会場の笑いを誘い、「静かな曲が続いたんで、ノリの良い曲を」と『Jamaica Song』『今夜はブギー・バック』『ダンス2000』『FUNKYウーロン茶』などこの日だけのスペシャルなメドレーを披露。

ミラーボール、レインボーの照明も相まって、会場はダンスホールへと変わり、この日一番の大きな盛り上がりの中ステージを終えた。



鳴り止まない拍手の中、アンコールではハナレグミとのコラボTシャツを来てフジファブリックとドラムのBOBOが先に登場。

ここで2018年の全国ツアー「フジファブリック LIVE TOUR 2018 "帰ってきた!!三日月ADVENTURE"」の開催が発表された。

そして「まだやり足りない!」という山内の言葉で再度永積を呼び込む。

永積、山内、金澤、加藤の4人がステージ前方に集まり、「LIVE OASIS」で共演した際にも披露した『ルーティーン』、そして『家族の風景』をスペシャルな楽器の生音とマイク1本のみでコラボレーション。

歌い終わると永積はこのLIVEの余韻に浸るような心の底から楽しそうなトーク&スマイルで会場を沸かせた。

「今年のフジフレンドパーク、大成功です。これからも続けて行こうと思います。この楽しさを総括するような曲を」という山内の言葉と共に、

イントロの弾き語りから軽快な演奏へと雪崩込み、今回のフジフレンドパーク全てのラストを飾ったのはフジファブリック『LIFE』!

フジファブリック、ハナレグミ、そしてオーディエンス全てに一体感が生まれ、フジフレンドパーク2017が終了した。





そんなフジファブリックは、夏フェスから秋のアコースティックワンマン、そして最終日のアンコールで発表された2018年のツアーと歩みを止める事無く進んでいく。

彼らの今後の活動にも注目してほしい。







●セットリスト

◎6/30(金)「フジフレンドパーク2017」@Zepp DiverCity TOKYO

[UNISON SQUARE GARDEN]

1.サイレンインザスパイ

2.ワールドワイド・スーパーガール

3.オリオンをなぞる

4.誰かが忘れているかもしれない僕らに大事な001のこと

5.蒙昧termination

6.天国と地獄

7.Silent Libre Mirage

8.アイラブニージュー

9.桜のあと (all quartets lead to the?)

10.シュガーソングとビターステップ



[フジファブリック]

1.夜明けのBEAT

2.TAIFU

3.SUPER!!

4.Sugar!!

5.徒然モノクローム

6.ブルー

7.銀河

8.カンヌの休日

9.Surfer King

10.虹



EN-1.若者のすべて(w/UNISON SQUARE GARDEN)

EN-2.LIFE







◎7/1(土)「フジフレンドパーク2017」@Zepp DiverCity TOKYO

[フジファブリック]

1.Surfer King

2.SUPER!!

3.夜明けのBEAT

4.カンヌの休日

5.ブルー

6.若者のすべて

7.徒然モノクローム

8.TEENAGER

9.Girl!Girl!Girl!



[ハナレグミ with フジファブリック]

1.きみはぼくのともだち

2.おあいこ

3.大安

4.明日天気になれ

5.SPARK

6.男の子と女の子※くるりcover

7.音タイム

8.サヨナラCOLOR

9.メドレー

(Jamaica Song→Peace tree→今夜はブギー・バック→ダンス2000→FUNKYウーロン茶→ダンス2000)



EN-1 ルーティーン

EN-2 家族の風景

EN-3 LIFE





<写真クレジット>

6/30(金):カメラマン:木村泰之

7/1(土):カメラマン:河本悠貴

2000年、志村正彦を中心に結成。2009年、志村が急逝し、2011年夏より山内総一郎(Vo/Gt.)、金澤ダイスケ(Key)、加藤慎一(Ba)の新体制で本格始動。 叙情性と普遍性と変態性が見事に一体化した、シーン屈指の個性派ロックバンド。 「銀河」、「茜色の夕日」、「若者のすべて」などの代表曲···

このニュースへのレビュー

このニュースへのレビューを書いてみませんか?

このニュースへのレビューを投稿

  • ※レビューは全角500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつのニュースに1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約

HEY-SMITH、7/5リリースのN…

布袋寅泰、最新映像作品「Climax …