1. 歌詞検索UtaTen
  2. ニュース
  3. J-POP
  4. カーネーション
  5. カーネーション、New Album『Suburban Baroque』収録曲「Peanut Butter & Jelly」のMusic Video公開。

カーネーション、New Album『Suburban Baroque』収録曲「Peanut Butter & Jelly」のMusic Video公開。



カーネーション 佐野元春、曽我部恵一、吉澤嘉代子、澤部渡(スカート)からコメントも到着!

カーネーションの9月13日発売アルバム『Suburban Baroque』(読み:サバーバン・バロック)より、収録曲「Peanut Butter & Jelly」のMusic VideoがYouTubeに公開された。

「Peanut Butter & Jelly」には2009年に脱退をした矢部浩志(Drums)が脱退後初めてレコーディング参加しているのに加え、松江潤(Electric Guitar)、佐藤優介(Piano, Synthesizer)が演奏参加をしている。
そしてアルバム発売に先駆け、佐野元春、澤部渡(スカート)、曽我部恵一、吉澤嘉代子から、発売への期待が高まるコメントが到着した。



佐野元春

カーネーションの新作を聴いた。
直枝さんの音楽は健在だ。
僕の心を捉えるのは、「Younger Than Today」のソングライティング、「Girl」のサウンド・デザイン、そして「夜の森」のメロディーだ。どの曲も官能的なエッジを持っている。
言葉だけでは、メロディーだけでは表せない複雑な感情を伴った調べ、記憶の彼方から覚醒を促されるような音楽だ。
カーネーションがこれまで積み上げてきた時間と、まだ見ぬ時間に最大の敬意を。

澤部渡(スカート)

「夜の森」への偏愛を告白させてください。
はじめて聴いた時、胸がいっぱいになりました。『ラント:ザ・バラッド・オブ・トッド・ラングレン』一枚分の効能がこの一曲に凝縮されているような気さえします。
それなのにこの気持ちを説明することが出来ない。とてももどかしいのだけど、このもどかしささえ愛おしく感じ、自分を確かめるように何度も、何度も聴いてしまいます。
「夜の森」の話だけをしてしまいましたがアルバムを通してアイデアとキュートさに溢れた本当に素敵な作品です。
『Shooting Star』ではじまり『VIVRE』で終わる、とても美しい円です。

曽我部恵一

中年男のサイケデリア爆発で、当方悶絶死しました。48分に渡る音の性教育。または脳内迷宮ドライブの記録。当方ヘトヘトです。

吉澤嘉代子

「Please Please Please」にコーラスで参加をさせて頂きました。一聴して、なんて素敵な曲だろうと思いました。甘苦しい青春の煌めきを感じる曲です。直枝さんの声に相応しいヒロインになれるよう、私の中に僅かに育った色気という色気を絞りきり歌いました。

インストアライブや全国主要都市でのリリースツアーも発表されているのでこちらも是非チェックして欲しい。
■「Peanut Butter & Jelly」Music Video


1983年12月 カーネーション結成。1984年ナゴムレコードよりシングル「夜の煙突」でレコードデビュー。以降、数度のメンバーチェンジを経ながら、 時流に消費されることなく、数多くの傑作アルバムをリリース。練りに練られた楽曲、 人生の哀楽を鋭く綴った歌詞、演奏力抜群のアンサンブル、圧倒的な···

このニュースへのレビュー

このニュースへのレビューを書いてみませんか?

このニュースへのレビューを投稿

  • ※レビューは全角500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつのニュースに1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約

HAWAIIAN6 10/4 アルバム…

結成20周年を飾る「BEST THE …