1. 歌詞検索UtaTen
  2. ニュース
  3. K-POP
  4. JY
  5. JY、最新楽曲 「Secret Crush~恋やめられない~」が 12/23全国公開映画『リベンジgirl』主題歌に決定!

JY、最新楽曲 「Secret Crush~恋やめられない~」が 12/23全国公開映画『リベンジgirl』主題歌に決定!



JYの新曲、恋する女子への応援歌「Secret Crush~恋やめられない~」が映画『リベンジgirl』の主題歌に!

興行収入24.3億円を突破した『ヒロイン失格』(15)にてその女優魂に高い評価を集めた桐谷美玲が2年ぶりに主演を務める映画『リベンジgirl』。
今回桐谷が演じるのは、“ミス東大”“イケメン彼氏持ち”、性格以外はパーフェクトな“イタイ女” 宝石美輝。フラれた相手を見返すために女性初の総理大臣を目指す型破りなヒロインを、キュートな魅力とマルチな才能を持つ桐谷が体当たりで演じる。
監督には『植物図鑑 運命の恋、ひろいました』を大ヒットに導き、11月には『覆面系ノイズ』の公開も控える三木康一郎監督。
日本映画史上、最もキュートで型破りなヒロインが贈るこの冬一番のラブストーリーに日本中が恋をする!

この度、JYの新曲「Secret Crush~恋やめられない~」が映画『リベンジgirl』の主題歌に決定!
動画再生サイトにて関連動画含め4000万回以上の再生を誇るなど、デビュー1年半にして多くの注目を集めるJY(=知英)。
そんな彼女が次なる一手として、この度グラミー賞受賞プロデューサーでもあるサム・ホランダーとの共同作業による新曲「Secret Crush~恋やめられない~」リリースを発表した。

ワン・ダイレクションをはじめとして、ケイティ・ペリーやウィーザーなど多くのアーティストをプロデュースし、ローリング・ストーン誌が選ぶ年間ベストプロデューサーにも選ばれているアメリカのプロデューサー、サム・ホランダーによる書き下ろし楽曲、作詞にはJYも参加し共同作業による楽曲制作で新たな一面をのぞかせた。
映画の脚本を踏まえてJY自身も作詞に参加した歌詞は映画のストーリーに合わせつつも、「どうして恋やめちゃうの?」「あきらめちゃうの?」「自分の気持ち信じなきゃ」と自分自身を鼓舞する歌詞にも表わされるように、恋する女の子の素直になれない思いを後押しするJYからの応援歌となっている。
冬らしいサウンドアレンジの上に乗る、JYの弾んだ歌声が印象的な一曲。
芽生えた恋心に素直になれない女子への応援歌となっているこの曲が、クリスマスシーズンを迎える女子たちの新たなアンセムとなること間違いない。

JY(ジェイワイ)は、元KARAのメンバーで、現在女優として活躍中の“知英(ジヨン)”のアーティスト名。昨年3/16に発売されたデビューシングル「最後のサヨナラ」はオリコンデイリー最高5位を獲得。
その後、2016年8月にリリースした「好きな人がいること」では蜷川実花撮影のによる、カラフルでかわいいジャケットやMVが話題に。
YouTubeの再生回数は3000万回を超えて、この夏の大ヒットとなった。
その後3rdシングル「フェイク」ではレスリー・キー撮影による、大人っぽい妖艶なビジュアルに大変身。作詞は山口百恵の大ファンであるJY本人の希望もあり阿木燿子が担当。
阿木氏より「豊かな表現力と、しなやかな感性に、今まさに咲こうとしている大輪の花を見た」との絶賛コメントが寄せられるなど、アーティストとして今後の活躍に注目が集まる。
今年の5月には待望の1stアルバム「Many Faces」をリリース、彼女の持つ様々な楽曲に多くの関心が集まっている。

JY コメント

今まで数多くの素晴らしい楽曲を生み出し、グラミー賞も受賞されたサム・ホランダーさんと今回コラボする機会を頂きとても光栄です。
最初にサムさんが曲を提供してくださると聞いた時はびっくりしましたが、私もイギリス留学の経験があるのでワン・ダイレクションのチームとお仕事をご一緒できてとても嬉しかったです。
映画の脚本を読んで女の子の恋する気持ちにとても共感できたので、この素敵な曲と私も参加させて頂いた歌詞にも是非注目して聴いてほしいです。
映画が公開されるクリスマスシーズン、冬のラブソングとしてぴったりの曲なので、「密かな片想い」を経験した事がある方も多いと思いますが、恋は思い悩むことがあっても、諦めずに頑張ろうと思う前向きな気持ちもあると思うので、恋をしている女の子の応援ソングになればいいなと思います。

JYは、大韓民国出身の女優、歌手。韓国の女性アイドルグループKARAの元メンバー。女優としての活動名義が知英。所属事務所は、2008-2014年がDSPメディア、2014年以降がスウィートパワー。2008年に韓国の人気アイドルグループKARAに加入し、「Rock U」でデビューを果たす。その後KARAを2014年に脱退···

このニュースへのレビュー

このニュースへのレビューを書いてみませんか?

このニュースへのレビューを投稿

  • ※レビューは全角500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつのニュースに1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約

back numberの新曲「瞬き」フ…

新生X21、いよいよ始動!快晴のスタジ…