1. 歌詞検索UtaTen
  2. ニュース
  3. J-POP
  4. フジファブリック
  5. フジファブリック山内が、舞台『クラウドナイン』に楽曲提供!平岩紙が歌う劇中歌を新曲書き下ろし!

フジファブリック山内が、舞台『クラウドナイン』に楽曲提供!平岩紙が歌う劇中歌を新曲書き下ろし!



フジファブリック山内総一郎が『クラウドナイン』に楽曲を提供!

2017年12月1日より東京芸術劇場シアターイーストにて上演される、木野花演出舞台『クラウドナイン』にフジファブリック山内総一郎が新曲書き下ろしで、楽曲提供することが決定。

『クラウドナイン』は、英劇作家キャリル・チャーチル作のイギリスの植民地だった時代のアフリカを舞台にした、ある家族を中心とした、バカバカしくも切ない破天荒なホームドラマ。



本作は登場人物を演じる役者が一幕と二幕で変わるうえに、さらには登場人物の性と、演じる役者の性が変わる。ゲイカップル、レズカップル、不倫、少年愛まで出てくる赤裸々な性描写も満載の作品。

今回は、一幕では三浦貴大がドレスを着て初の女性役に挑戦し、髙嶋政宏演じる一家の家長クライヴの妻・ベティを演じる。また、一幕では威厳のある家長・クライヴを演じていた髙嶋政宏が、二幕では心は乙女なゲイを演じ、5歳の少女役を現在47歳である正名僕蔵が演じる。

一幕と二幕で役柄がガラリと変わり、一作のなかで、二つの役を演じる俳優の姿を観ることができるという、個性派俳優たちの魅力を堪能できる舞台となっている。

本公演以外では聴けない新曲あり!

そんな『クラウドナイン』に、この度、フジファブリック山内総一郎が楽曲を提供することが決定!今回、山内が新曲を書き下ろすのは、一幕でクライヴ(高嶋政宏)とベティ(三浦貴大)の息子エドワード(平岩紙)が少年の孤独を歌う場面での劇中歌。

この新曲は、本公演以外では聴けないものとなっている。どんな化学反応が起きるのか!?全23ステージをどうぞお見逃しなく!!

山内総一郎(フジファブリック)コメント

今回オファーをしていただいたこと、とても光栄に思っています。第一幕で重要な場面である『少年の一番の友』。個人的に演劇の音楽を作ることは初めての経験でしたが、素晴らしい言葉と向き合い、心を込められたと思います。

クラウドナインに関われた者として、本番を楽しみにしております!!

■YouTube
http://www.youtube.com/user/fujifabricSMEJ

フジファブリックは、2001年に山梨県富士吉田市で、ボーカル&ギターの志村正彦を中心に結成された。当時は同郷の友人で結成。上京後、志村正彦以外の数度のメンバーチェンジを経て、2003~2004年にかけてギター山内総一郎、キーボード金澤ダイスケ、ベース加藤慎一、ドラム足立房文(2006年脱退)が···

このニュースへのレビュー

このニュースへのレビューを書いてみませんか?

このニュースへのレビューを投稿

  • ※レビューは全角500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつのニュースに1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約

坂口有望、2nd Single「空っぽ…

あいみょん アルバム「青春のエキサイト…