1. 歌詞検索UtaTen
  2. ニュース
  3. J-POP
  4. GLAY
  5. GLAY、横浜アリーナ公演初日。JIRO「ここ横浜は僕がGLAYに加入して初めてライブをした場所」

GLAY、横浜アリーナ公演初日。JIRO「ここ横浜は僕がGLAYに加入して初めてライブをした場所」



大型アリーナツアーを行っているGLAY、台北でのツアーチケット新情報!!

現在25公演24万人動員の大型アリーナツアーを行っているGLAY。
ツアーも折り返しを過ぎ、横浜アリーナ公演初日を迎えた。

暗転した会場に壮大なオープニング映像が流れ出すと、メンバーが各々登場。
会場のボルテージが急上昇していくと、アルバムのリードトラック『the other end of the globe』がスタート。
その後もアルバム「SUMMERDELICS」収録曲を中心に、往年の名曲『HOWEVER』他、新旧織り交ぜたナンバーを披露してファンを喜ばせた。
もちろん11月22日発売となる最新シングルのリードトラック『あなたといきてゆく』もライブで披露した。
様々な「あなた」と生きてゆく決意と感謝を歌ったラブバラードであり、長く活動を続けてきた彼らだからこその詩とメロディ。新たなGLAYの名曲誕生と言えるだろう。



またMCではJIROが「ここ横浜は僕がGLAYに加入して初めてライブをした場所です。その時はお客さん7人だったけど、今日は満員の1万2千人!TERU、TAKURO、HISASHIを信じてついてきて良かったと心から思います」と語ったり、彼らの絆を強く感じさせられる瞬間であった。
合わせてTERUからは約5年振りの台湾公演、GLAY ARENA TOUR 2018 “SPRINGDELICS” in TaipeiのHAPPY SWING会員、GLAY MOBILE会員向けチケット先行抽選エントリー受付がスタートする事が発表された。
ファンクラブ発足30周年ライブをベネチアで行うことを宣言しているTERUであるが、「僕らと旅行する感じでみんなで一緒に行こう!」と新たな夢を語りかけたのであった。

いよいよアジア公演“SPRINGDELICS” in Taipeiが始動する。見逃さないで貰いたい。

GLAY(グレイ)は、TAKURO(Gt)、TERU(Vo)、HISASHI(Gt)、JIRO(Ba)の4人からなるヴィジュアル系ロックバンドである。旧メンバーとしてドラムスが数名関わっており、1990年から1992年まではSHINGO(Baも)、1992年はISO、1992年から1994年まではAKIRA、1994年から1995年まではNOBUMASAがとも···

このニュースへのレビュー

このニュースへのレビューを書いてみませんか?

このニュースへのレビューを投稿

  • ※レビューは全角500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつのニュースに1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約

Sonar Pocket 、ツアー・フ…

WANIMA、”がんばる受験生を全力応…