1. 歌詞検索UtaTen
  2. ニュース
  3. J-POP
  4. Half time Old
  5. Half time Old 2ndフルアルバム『発見と疑問』を通し、世の中の歪んだ意識を「僕」の視点でぶった斬る!!!

Half time Old 2ndフルアルバム『発見と疑問』を通し、世の中の歪んだ意識を「僕」の視点でぶった斬る!!!



「ロックンロールは死んだなんてさ~爺さん達のいい訳なんてさ聞きたかないよな」

 
昨年12月に発売した1stフルアルバム『人生の使い方』からちょうど1年ぶり、名古屋をベースに活動中のHalf time Oldが、12月6日(水)に2ndフルアルバム『発見と疑問』を発売する。

2011年にバンドは誕生、2015年、現在の体制になったのをきっかけに、Half time Oldは全国を舞台に精力的にライブ活動を開始。心に疼く感情を揺れ動くままに記したヴォーカル鬼頭大晴の歌詞、ポップでメロディアスな歌ながら、エッジの効いた小鹿雄一朗のギターとタイトな阪西暢のドラムビートが熱く身体を揺らすことから、歌心踊るロックバンドとしての評価を高めてきた。昨年発売した1stフルアルバム『人生の使い方』は、それまでの彼らの歩みを集大成しつつ、「これがHalf time Oldだ」と知らしめた作品として高い評価を獲得。

その頃の鬼頭大晴は「僕と君」という視点を中心に、身近な日常生活の中にある心の揺れや感情の機微を形にしてゆくことが主だった。「僕」という1メートルにも満たない世界の中で生まれ感じた、愛しい人のことや、夢を追い求める中での希望や葛藤を歌にしてきた。


最新作『発見と疑問』

最新作となる2ndフルアルバム『発見と疑問』でも鬼頭大晴は、「僕」という視点を軸に置いている。ただし、彼の見ている視点は、自身の1メートル圏内を飛び越え、より「外」へと向きだした。

「ロックンロールは死んだなんてさ~爺さん達のいい訳なんてさ聞きたかないよな」と揶揄しながら、音楽を心底愛してる気持ちを熱く鼓舞した『愛してるよ』。「今宵は私の番です!音を鳴らしたい」と、音楽を奏でる喜びを高らかに歌った『Attention please!』。
「いつから人は驕るのでしょう 何処から見てここを貶すのでしょう」と生きにくい世の中を皮肉りながらも、「日の昇るほうへ朝の来る方へ」と明日を見つめた『アドホック』。「他人からせっせと集めた情報は結果情報でしかなく~大好きだった街並みもネットで見れば満足で」と、みずからも含めた世の中の有り方を嘲笑しつつ、「ここにいたことを覚えときたい」と自身の存在意義を問いかけた『0』。

『忠犬ヒト公』では、「なにもかもあんたの思うようになる程 僕は落ちぶれちゃいない」と、自分に指図する相手へ吠える姿を投影。対して『LIFE LIFE LIFE』では、「せっかく自分に生まれたんだ、ワガママ言わずに生きなさいよ」とみずからを叱咤。

「平凡な日々もカットはされない 派手な演出も撮り直しもない だからこそ輝く僕らのストーリー」と、たとえもがき悩もうと、一人一人の人生はドラマチックなんだから謳歌しようと仲間を励ました『アウトフォーカス』。「灯そうぜ心の灯を 鳴らそうぜファンファーレを」と歌う『虹を目指して』がくれた、力強く前向きな想いと意志。

すべての楽曲を手がける鬼頭大晴は、大人になるにつれ…年齢を重ねるごとに自分を持って生きづらくなる世の中へ向け、それでも自分らしく生きていける道はあると伝えてきた。

彼は、「「今回は何について書こう?」とテーマを見つけては書き、書いてく中でいろんな気づきや発見もあれば、書きながら疑問に思うことも出てきます。その疑問を突き詰め、自分なりに答えを導きながら楽曲へ仕上げてゆく。そういう曲たちを詰め込んだアルバムだからこそ、聴いた人たちが1曲1曲の中から新たな発見をしてもらったり、それに対して新たな疑問を抱き、自分なりの答えを導き出してもらいたい。その答えは、僕が出した答えと違ってて構わない。むしろ、そうやって発見と疑問を繰り返し、その人なりの答えを出してくれることが嬉しい」と述べている。

気になる事柄が生まれるたびに疑問を抱き、そこから自分なりの答えを導いてゆく。BONUS TRACK『シューティングスター(Piano Arrenge Ver)』を含めた全13曲に詰め込んだ"答えを求め揺れ動く感情"に触れ、今度は、あなたなりの発見と疑問を見出し、「私」の答えを導き出して欲しい。考えを巡らせ、心を豊かにしてくれる。それが、この『発見と疑問』というアルバムだからこそ…。

現在は、アルバム発売へ向けてのキャンペーンとライブ活動を平行し行っている。まずは、身近な距離でHalf time Oldの音楽に触れていただけたら幸いだ。

TEXT:長澤智典

Half time Oldは、ボーカル、ギター担当の鬼頭大晴・ギター、コーラス担当の小鹿雄一朗・ドラムス担当の阪西暢からなる2011年9月に愛知県名古屋市で結成されたロックバンド。2013年にイナズマロックフェスのイナズマゲート2013で優勝を勝ち取り、翌年行われた「イナズマロックフェス」のオープニン···

このニュースへのレビュー

このニュースへのレビューを書いてみませんか?

このニュースへのレビューを投稿

  • ※レビューは全角500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつのニュースに1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約

CIVILIAN、ニューアルバムに9m…

中村舞子、名曲ラブソングを集めたカバー…