1. 歌詞検索UtaTen
  2. ニュース
  3. 洋楽
  4. SAM SMITH
  5. サム・スミス、最新作が全米・全英でNo.1を獲得!海外メディアが大絶賛「これは究極の一枚だ」

サム・スミス、最新作が全米・全英でNo.1を獲得!海外メディアが大絶賛「これは究極の一枚だ」



『スリル・オブ・イット・オール』をリリースしたサム・スミス、世界中がその歌声の虜に

代表楽曲「ステイ・ウィズ・ミー ~そばにいてほしい」の大ヒットなどで2015年の第57回グラミー賞では「最優秀新人賞」など主要3部門を含む最多4部門を受賞したサム・スミス。

今月リリースした最新アルバム『スリル・オブ・イット・オール』が自身初となる全米・全英チャートの両方で1位を獲得し、87の国と地域のiTunesチャートで1位を獲得するなど、世界で1,200万枚を売り上げた前作よりもさらに高い評価を獲得しており、その“天使の歌声”とも称される魅力に再び世界中が虜になっている。

同作に対しては多くの反響が寄せられており、数々のカヴァー動画がアーティストやファンの間で続々と投稿されているほか、海外主要メディアは以下のような絶賛のコメントを寄せている。

海外メディアのコメント

米・ローリング・ストーン誌:
サム・スミスは、現代で最も力強く、最も表現力の高いアーティストの一人だ。

米・npr musicラジオ局:
サム・スミスとは、現代ポップ・ミュージックの、大いなる力である。

米・AP通信:
サム・スミスは、デビュー作に続き2作目のアルバムでも未だ感情的な歌を歌っているが、彼の成長は明らかであり、それが素晴らしい形で作品に反映されている。
このアルバムには、1つ足りともミスがなく、完璧だ。『スリル・オブ・イット・オール』は究極の一枚であり、しかし同時に更なる可能性を秘める一枚でもある。

・遠藤憲一出演「好きだよ、サム・スミス」WEB CM


・「トゥー・グッド・アット・グッバイズ ~さよならに慣れすぎて」ミュージック・ビデオ


・「トゥー・グッド・アット・グッバイズ ~さよならに慣れすぎて」スポット動画


・「ステイ・ウィズ・ミー ~そばにいてほしい」ミュージック・ビデオ

Sam Smith(サムスミス)は1992年5月19日生まれのロンドン出身のシンガー・ソングライター。所属レーベルはCapitol Records。ソウルミュージックが溢れる家庭で育ち、幼少期は地元のジャズ歌手の講師に師事。バックシンガーとして、ロンドンの名だたるジャズライブで歌声を披露していた。2007年、芸···

このニュースへのレビュー

このニュースへのレビューを書いてみませんか?

このニュースへのレビューを投稿

  • ※レビューは全角500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつのニュースに1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約

松任谷由実、最新ツアーを来年1/2(火…

長野県伊那市発の現役高校生バンド FA…