1. 歌詞検索UtaTen
  2. ニュース
  3. J-POP
  4. 山猿
  5. 山猿、地元東北の全県を回るツアーファイナルで「マタアイマショウ」!新たな絆を2018年全国へ拡げていく!

山猿、地元東北の全県を回るツアーファイナルで「マタアイマショウ」!新たな絆を2018年全国へ拡げていく!



山猿、地元東北を回る山猿ライブハウスツアー2017「東北ロッケンロール」がツアーファイナルを迎えた。

福島在住で音楽活動をしている山猿が11/22にリリースした初のカヴァーミニアルバム「えんむすび」に収録の「マタアイマショウ」がLINE MUSIC®配信シングルチャートでウィークリーチャート1位を獲得。
そして、「えんむすび」もアルバムチャートでウィークリーチャート1位を獲得と非常に話題になっている。
そんな山猿が地元東北の全県を回る山猿ライブハウスツアー2017「東北ロッケンロール」が仙台公演でツアーファイナルを迎えた。

会場の仙台Rensaには開演前から溢れんばかりの人で埋め尽くされ、熱気に包まれていた。
歓声に包まれる中、「LGMから山猿」という自身の改名後最初の楽曲からライブがスタート。
「SEXY LADY」「YOLO」と妖艶な曲から骨太なバンドサウンドとバラエティ豊かな楽曲が続いた後に「め組のひと」のリアレンジカヴァーを披露。
ダンサーも観客も一体になって、踊りながら歌う姿はエンターテイナーそのものだ。



続いて、未発表の題名もない新曲を歌唱。
人間の孤独を唄ったメッセージの強い歌詞が印象を強く残す中、続いて「太陽」になると会場には感動で涙を啜る音が。
途中観客が倒れたのを見つけた山猿は一度ライブを中断。
看病を促す山猿と同じ歌をもう一度会場に届ける人間性に、ますます会場は感動に包まれた。
そして、話題曲の「マタアイマショウ」のイントロが流れると会場は一気に歓声で一気にヒートアップ。

勢いそのままに代表曲「3090~愛のうた~」のEDM ver.ライブ定番の「DREAMER」と流れると会場のボルテージも最高潮に達し、大興奮のままに本編を終えた。
アンコールで再び登場すると、「アオハル」ではギター、ダンサーと会場と一体となってタオルを回し、地元東北を唄った「カジカ」はアコースティックver.を。
最後「月光」はピアノver.と山猿の幅広さを存分に魅せつけてくれた。

ライブ終了後に山猿のSNSからは次作のティーザー映像が配信され、2018年の山猿への更なる期待が高まる形で2017年のワンマンライブは幕を閉じた。
地元東北限定の東北ロッケンロールでできた新たな絆を2018年全国へ拡げていこうとする山猿の活躍は間違いない。

山猿 『マタアイマショウ』


「糸」Recording Studio Session


1984年出身の歌手としてだけでなく、シンガーソングライターや俳優としても活躍している。本名は遠藤 竜治である。ファンクラブは『あいことBARルビー』である。2007年~2010年まで活動していたがその後2010年~2014年まではLGMonkeesとして活躍していた。しかし、2014年から本格的に山猿として活動···

このニュースへのレビュー

このニュースへのレビューを書いてみませんか?

このニュースへのレビューを投稿

  • ※レビューは全角500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつのニュースに1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約

Cheeky Parade、2017年…

FLOW×GRANRODEO 2018…