1. 歌詞検索UtaTen
  2. ニュース
  3. J-POP
  4. 四星球
  5. 「四星球結成15年ワンマン『四星球十五年史』」 大爆笑と感動の渦が巻き起こったライブをレポート!

「四星球結成15年ワンマン『四星球十五年史』」 大爆笑と感動の渦が巻き起こったライブをレポート!



四星球約650人がキネマ倶楽部を埋め尽くし、彼らの15周年を祝った

四星球の結成15周年記念ワンマン『四星球十五年史』が2017年12月7日、東京キネマ倶楽部で行われた。平日にもかかわらずチケットはソールドアウト。約650人がキネマ倶楽部を埋め尽くし、彼らの15周年を祝った。

1曲目「お告げ」の最後にまさやん(ギター)の頭上に金ダライが落ちてきて、その衝撃で記憶喪失になってしまい、15年前からやっている四星球を代表するキラー・チューン「クラーク博士と僕」のイントロのギター・フレーズ「♪ジャカジャーン」を弾こうとすると頭が痛くなってどうしても弾けない──というのが、この日のストーリーの軸。

何度もそれにトライしては弾けなくて別の曲に突入する、ということを繰り返す、その間に大量のネタがはさまっていく。
まさやんの記憶喪失につけこんでモリス(ドラム)が「貸した2万円返して」とカネをせしめたり。思い出の味で記憶を呼び起こそうとまさやんにアツアツおでんとワサビ寿司を食わせたり。まさやんの実家の母に電話をかけたり。まさやんが「クラーク博士と僕」とは違う「♪ジャカジャーン」を弾いたことから「『ラブストーリーは突然に』に『クラーク博士と僕』の歌詞を乗っけて歌う」という実験が行われたり。

今度はモリスが記憶を失って、それに乗じてまさやんが2万円を取り返したり。まさやんの昔の記憶から思い出していこう、ということで、幼少の頃から現在までに出会ってきた人たちを経て(母、父、弟、失恋した女、付き合った男、の声が流れるという演出)、大学でU太に出会って四星球に加入するところまでたどり着いたり。いつもいろいろ段ボールで小道具を作っているのが、まさやんではなくて最前列左方にいたお客さんだということにして、2018年1月31日リ

リリースの新EPの表題曲「鋼鉄の段ボーラーまさゆき」を「鋼鉄の段ボーラーしの(そのお客さんの名前)」に変えてプレイしたり──。康雄(ボーカル)が「チョンマゲマン」(というキャラクター)になって、再度の金タライ落下からまさやんを助け、U太とモリスがジョン&ヨーコになって微笑みながら見守る中(このへん観てない方にはまったく意味不明だと思いますが勘弁してください)、まさやんの頭が割れる音がしてついに記憶が戻り、18曲目で正調の「♪ジャカジャーン」が鳴り響いて「クラーク博士と僕」が始まり、ライブはピークに達する。場内大熱狂。

まさやん、キネマ倶楽部2階の柵の外側を歩いて一周しながらギターを弾くという、もし足を踏み外したらシャレにならない、俺がイベンターだったら終演後に胸ぐらつかんで激怒レベルの技をくり出す。続いて「鋼鉄の段ボーラーまさゆき」の正しいバージョンも披露。
さらに「出世作」「オモローネバーノウズ」の代表曲二連発を、康雄、「2018年、儲けますよ!」「音楽作ってるつもりありません! 時代作ってるつもりでやってます!」と絶叫しながら歌いきり、本編終了。最後にモリス振付の安室奈美恵 with SUPER MONKEY’Sの「Try Me」で、ここまでのネタの数々をきれいに回収してから、ステージを下りた。

アンコールは「名盤!!ゆとり教育の星」から始まり「明日までkm」で終わる全4曲。2曲目の「四星球十五年史 ~上巻~」では、歌詞でバンドの歴史を表す中で、メンバーがやめていったタイミングにも触れるのだが、その流れで「まさやん卒業してくれる」と卒業させられそうになり、本人大慌て──という、ここのところの定番の流れから、段ボールのトナカイに髙田さん(というおじいちゃん。byU太)が乗ってクラウドサーフ、という展開に。途中、「時間押したら延長料金えぐいらしいです」「22時超えたらヤバいです」と何度も怯えながらの大熱演だった全25曲のステージは、21時40分過ぎにはなんとか終了。さんざん笑わされ、そしてさんざん感涙させられたオーディエンスは、大きな拍手を4人に贈った。
「3人は自分以外のメンバーの段ボール書割を連れて登場、ただし康雄は赤いパンツと赤いブラ姿」「股間から手紙を出してデタラメ語で読む」「記憶喪失のまさやんにiPadでなんか聴かせる」「まさやん最後に2万円を口に入れてさんざん咀嚼してからペッと吐き出す」などなど、他にもいっぱいネタあったのですが、物量的に膨大すぎるので、割愛させていただきます。「お客さんがひとりになっても続けていたい! みなさん、その最後のひとりになるまでライブハ
ウスに来てください!」と、矛盾したことを最後に康雄は叫んでいた。「どんなにあきれられてもやり続ける」という覚悟と、「でもこの熱は絶対に届くはずだ」という希望が、そのような矛盾したことを言わせるのだろう。その熱は、確実に、満員のオーディエンスを巻き込んでいた。

(文:兵庫慎司)
Narutoshi Kitagawa

四星球 最新情報

ツアー情報

四星球1st e.p「鋼鉄の段ボーラーまさゆき e.p.」発売記念ツアー
◆ワンマン公演
2018年5月10日(木) 高松オリーブホール 「モリスターバッシュ2018」
◆追加公演
2018年4月24日(火) 桜坂セントラル
四星球1st e.p「鋼鉄の段ボーラーまさゆきe.p.」レコ発ツアー 対バン編
出演:四星球 / かりゆし58 / シシノオドシ / ヤングオオハラ
2018年6月23日(土) 石巻BLUE RESISTANCE
四星球1st e.p「鋼鉄の段ボーラーまさゆき e.p. 」レコ発ツアー 追加公演「検証!!アンコールは何回まで有効か!?」(※ワンマン)
※各公演のチケット発売情報詳細はHPをご覧ください。


商品情報

2018年1月31日発売 ファーストEP「鋼鉄の段ボーラーまさゆき e.p.」
完全限定生産盤CD+DVD:VIZL-1296 / 税抜\1,980
通常盤CD:VICL-37347 / 税抜\1,280
※CD / DVDの収録内容をスマホで簡単再生できる「プレイパス」サービス対応
CD収録曲:
1. 鋼鉄の段ボーラーまさゆき (福野段ボール工業CMソング)
2. 発明倶楽部 (BSフジ「冗談手帖」1月クールエンディングテーマ)
3. 3:00 a.m.
4. はじめてのたいあっぷ (「じゃりんこイモの祭謎解きノート 大阪ナゾ道中」タイアップ主題歌 / テレビ朝日「じゅん散歩」12・1月度エンディングテーマ)
5. 六文役者
6. 直りかけのCamera
7. シークレットトラック

DVD収録内容:
「四星球 at OTODAMA'17~音泉魂~“夏フェスというボケ編"」
1. <サウンドチェック~今年出てないひとメドレー>
2. <大トリ入場>
3. Mr. Cosmo
4. お告げ
5. クラーク博士と僕
6. 妖怪泣き笑い
7. 四星球十五年史 ~上巻~
8. <まさやん卒業祭り>
9. WOW WAR TONIGHT ~時には起こせよムーヴメント
10. 我ら吉野川同盟
2017年9月3日 大阪・泉大津フェニックスにて収録
Bonus: 鋼鉄の段ボーラーまさゆき -Music Video-

【四星球 「鋼鉄の段ボーラーまさゆき」MV紹介&「OTODAMA'17~音泉魂~“夏フェスというボケ編"」ダイジェスト】
https://youtu.be/r7xHsjX-qMg

【四星球 「鋼鉄の段ボーラーまさゆき」 Music Video配信情報】
GYAO!
https://gyao.yahoo.co.jp/player/00091/v10227/v0994000000000543562/

Appel Music
https://itunes.apple.com/jp/video/id1331887869?app=apple&ls=1

iTunes Store
https://itunes.apple.com/jp/movie/id1331887869?app=itunes&ls=1

レコチョク
http://recochoku.jp/album/A1009368226/

mora
http://mora.jp/artist/22311/all

【四星球からのお歳暮動画セット2017-2018】
https://youtu.be/0091CP7jDw8

【四星球「福野段ボール工業株式会社」CM】
https://www.youtube.com/watch?v=PQ9irO-_eiU

【タイアップ情報】
「はじめてのたいあっぷ」が東西Wタイアップに決定!
・「じゃりんこイモの祭謎解きノート 大阪ナゾ道中」主題歌
サービス期間: 2018年1月12日(金)から2019年1月11日(金)まで
内容:街歩きナゾトキゲームが大阪市街地に登場!デートや女子旅にはぴったり!専用の街歩きアプリに登場するナビゲーターに誘われ、大阪の街中を観光しながら手元のノートの謎を解く、新型観光コンテンツ。大阪の街を舞台に「地元のお祭り」、「地元の文化」にまつわる事柄をナゾトキゲームとしてコンテンツ化した本作では、口は悪いけど憎めない大阪のおかん、あけび役を日本一泣けるコミックバンド四星球のシンガー北島康雄氏がキャラクターボイスを担当。大阪の女家族の親しみやすく、少しノスタルジックな人情物語を体験できる作品となっています。

【「鋼鉄の段ボーラーまさゆき e.p.」配信情報】
iTunes Storeほか主要配信サイトやApple Music、dヒッツほか定額制聴き放題サービスで1月31日より配信スタート

LIVE SCHEDULE

4/14 (土)熊本県 グランメッセ熊本「GAMADASE KUMAMOTO 2018 ~熊本復興祭~」
4/20(金)沖縄県 波の上うみそら公園「第10回沖縄国際映画祭 "島ぜんぶでおーきな祭"『Laugh & Peace Music presents 〜よしもと音人祭り〜』」
4/22(日)沖縄県 波の上うみそら公園「第10回沖縄国際映画祭 "島ぜんぶでおーきな祭"『波の上ミュージックアワー』」
4/26(木)東京都「下北沢CLUB Que『THE 夏の魔物 TOUR 2018 BANDの魔物』」
4/28(土)兵庫県みなとのもり公園(神戸震災復興記念公園)、神戸ポートターミナルの2会場「COMING KOBE18 (カミングコウベ イチハチでもジュウハチでもなんでもOK!)」
4/30(月祝)京都府 KYOTO MUSE 花団企画【コミックバンドワンマンショー】
5/5(土祝)埼玉県 さいたまスーパーアリーナ「VIVA LA ROCK 2018」
5/6(日)千葉県 千葉市蘇我スポーツ公園(千葉市中央区)「rockin'on presents JAPAN JAM 2018」
5/20日(日)広島県 尾道ライブサーキット「SUPER ROCK CITY ONOMICHI 2018」
5/26日(土)大阪府 大阪城音楽堂「読売テレビ Live キューン!2 ~四星球と○○○~(仮題)」
6/1日(金)東京都 渋谷WWW「台日爆音 BORDERLESS 2018」 東京公演
6/8(金)台湾 台北市内「台日爆音 2018 PAN × 四星球ディナーパーティー in 台北(ファンミーティング)」
6/9(土)台湾 台北The Wall「台日爆音BORDERLESS 2018」
6/16(土)神奈川県 川崎 CLUB CITTA'「JUNE ROCK FESTIVAL 2018」
6/16(土)千葉県 幕張メッセ 国際展示場 9-11「SATANIC CARNIVAL'18」
7/21,22(土・日)徳島県 アスティとくしま「チャットモンチーの徳島こなそんそんフェス2018~みな、おいでなしてよ!~」
7/28,29(土・月祝)秋田県 男鹿市船川港内特設ステージ「OGA NAMAHAGE ROCK FESTIVAL vol.9」
8/18,19(土・日)香川県 国営讃岐まんのう公園「MONSTER baSH 2018」
10/7,8(日・月祝)鹿児島県 鹿児島市・桜島多目的広場&溶岩グラウンド「THE GREAT SATSUMANIAN HESTIVAL 2018」

四星球 Profile

シンガー:北島康雄 / Ba:U太 / Gu:まさやん / Dr:モリス
2002年、北島康雄とU太を中心に鳴門教育大学の音楽サークルで結成、2009年、現在のメンバーとなる。

まるで運動会のような型破りのライブパフォーマンスに加え、森羅万象の「あるあるネタ」をロックに昇華させた"泣けるコミックソング"が注目され、2008年より四国最大のロックフェスMONSTER baSHへ出演を重ねるようになる。2010年代に入り、ある年のMONSTER baSHで四星球のステージをみたマキシマム ザ ホルモンのナヲが、「京都大作戦」を主宰する10-FEETのTAKUMAにその場から携帯電話で興奮と馬鹿らしさと少しの感動をレポート、このことがきっかけで2013年の京都大作戦出演が実現し、さらに、2014年のMONSTER baSHで大トリを務めた四星球のステージを目の当たりにしたDragon AshのKjは2015年、自身がキュレーターを務める幕張メッセでのロックフェス「Bowline」に四星球を招聘、彼らの"東京進出"を後押しすることとなった。

また、2014年にメジャーデビューしいまや全国を席巻きする盟友キュウソネコカミとは数々の名勝負、珍勝負を繰り広げ、四星球への注目度一躍、高めることにも繋がっている。バンドのキャリアやセールスに関係なく、ただステージ上の実力だけが問われる群雄割拠のロックシーンに"笑い"という切り札で旋風をおこし、シーンの猛者たちをも虜にしてしまうコミックバンド・四星球。

彼らはロックフェスという成熟した"メディア"が産み出した新しいヒーローの姿であり、つまりはこの時代の申し子といえるだろう。そして結成15周年を迎えた2017年、アルバム「メジャーデビューというボケ」でついにメジャーデビューを果たした。



【リンク】
http://su-xing-cyu.com/
http://www.jvcmusic.co.jp/gbr/

松尾雄史、新曲のオリコン1位を引っ提げ…

サクヤコノハナ 1stメジャーリリース…