1. 歌詞検索UtaTen
  2. ニュース
  3. J-POP
  4. BAND-MAID
  5. BAND-MAID タナカカツキ脚本アニメ「クイズとき子さん」タイアップ決定!

BAND-MAID タナカカツキ脚本アニメ「クイズとき子さん」タイアップ決定!



BAND-MAIDがアニメ「クイズとき子さん」ED曲を担当!

BAND-MAIDが2月14日にリリースするアルバム「WORLD DOMINATION」に収録される「Carry on living」が中京テレビで放送中のアニメ「クイズとき子さん」のエンディングテーマに決定し、1月12日よりOAされることが分かった。

「クイズとき子さん」は、『コップのフチ子』を生み出したタナカカツキが手掛ける新感覚朗読マンガで、中京テレビをはじめ、Chuun(中京テレビの無料インターネット動画配信)やHuluでも視聴が可能。

また、新アルバム「WORLD DOMINATION」と同発されるアルバム「MAID IN JAPAN」(再販)のCDジャケット写真も併せて公開された。

“世界征服”を掲げた新アルバム「WORLD DOMINATION」と再販されるアルバム「MAID IN JAPAN」の同時リリースを始め、東名阪でのリリースツアー開催と2018年も勢いのままに突き進むBAND-MAIDから目が離せない。

番組情報

アニメ「クイズとき子さん」
毎週金曜日24:55~中京テレビ「はやりば」内にて放送中! (放送時間は変更となる場合がございます)
※Chuun(中京テレビの無料インターネット動画配信)、Huluで順次配信中

BAND-MAID 最新情報

リリース情報

■BAND-MAID 3rd SINGLE「start over」
2018.7.25 Release
・初回生産限定盤A(CD+Blu-ray+ポストカード+CD):CRZP-35/¥7,389+tax
・初回生産限定盤B(CD+DVD):CRCP-10406/¥3,685+tax
・通常盤(CD):CRCP-10407/¥1,000+tax

【CD収録内容】※全タイプ共通
1.start over
2.Screaming

【Blu-ray/DVD】※初回生産限定盤A/B共通
・2018.4.13 ZEPP TOKYOワンマンお給仕ライブ映像
(全26曲収録予定)

【その他】※初回生産限定盤Aのみ
・ポストカード封入予定
・BAND-MAIKO「secret MAIKO lips」(CD)

※初回生産限定盤A:特殊仕様/完全数量限定生産(3,500枚)

ライブ情報

■BAND-MAID×eggman presents 5th Anniversaryお給仕
・7/18(水) day1【対バンお給仕】
「アルカラ先輩とのライブ、あるから。」 
OPEN 18:30/START 19:00
GUEST:アルカラ
・7/19(木) day2 【お嬢様限定お給仕】「eggwoman ~フローラルな夜~」
OPEN 18:30/START 19:00
・7/20(金) day3 詳細後日発表

■BAND-MAID海外お給仕
・5/25(金) Japan Music Night feat.BAND-MAID(スイス)
【会場】Kongresszentrum DAVOS PLATZ
TICKETS

・6/22(金)Natsu Rock 2018(シンガポール)
【会場】 FIVB World Tour Beach Volleyball Singapore Main Court (Siloso Beach)
【出演】BAND-MAID、Do As Infinity、西沢幸奏(アルファベット順)

BAND-MAID Profile

2013年7月結成、同年8月に現在のラインナップとなる。
メイドの姿をした5人組ロック・バンドである。
~ありそうでなかった、メイドのバンドのガチロック~
衣装はメイド服で、ライブを『お給仕』、観客を『ご主人様』・『お嬢様』と呼び、メイドの世界観を演出する一方で、ビジュアルとは相反するハードなロック・サウンドを武器に観る人を魅了し、既に日本だけに留まらず、海外のご主人様、お嬢様にも熱狂的に受け入れられている。
2016年3月には初の海外お給仕となるアメリカ・シアトルで開催された"Sakura-Con"に出演し、3,000人を超える動員を記録。同年6月には、英レーベル「JPU records」とライセンス契約を締結し、ヨーロッパ圏でのリリースも開始。
世界8ヵ国9カ所で初ワールドツアーを開催し、7,000 人以上を動員。
2017年は、バンド初のワンマンツアーを全国 6 カ所(8 公演)で開催し、チケットは全公演 SOLD OUT しており、バンドの勢いはとどまらない。
また、国内の主要ロック・フェスに多数出演が決定し、日本国内でも本格的にメイド旋風が吹き荒れている。

BAND-MAID オフィシャルWEB
http://bandmaid.tokyo

androp 新曲「Joker」発売記…

『パンとバスと2度目のハツコイ』元乃木…