1. 歌詞検索UtaTen
  2. ニュース
  3. J-POP
  4. 郷ひろみ

郷ひろみ、スーパーラグビー開幕戦で国歌斉唱・ハーフタイムでは2億熱唱!


郷ひろみ、スーパーラグビー開幕戦で国歌斉唱・2億熱唱!

2月24日(土)、秩父宮ラグビー場にて行われた、スーパーラグビー2018 ヒト・コミュニケーションズ サンウルブズ2018シーズン開幕戦となる
対ブランビーズ戦で、国歌斉唱、ハーフタイムには「2億4千万の瞳-エキゾチック・ジャパン-」を披露し、集まった1万6千人を大いに沸かし、開幕戦に花を添えた。

晴天に恵まれた、秩父宮ラグビー場。試合直前の興奮さめやらぬスタジアム。一斉に起立した観客、心地よい緊張感の中、まずは対戦相手ブランビーズのオーストラリア国歌をドナ・パークさんが斉唱。続いて郷が「君が代」を独唱。静寂の中で郷の歌声だけが響く厳かな空間が秩父宮を覆った。

ハーフタイムが始まり、真っ赤な衣装に着替えた郷が、サイドラインを走りながら登場。ピッチの真ん中にある2メートル×4メートルのステージに上がり、「2億4千万の瞳-エキゾチック・ジャパン-」を熱唱。

ハーフタイムにも関わらずほとんどの観客がそのまま声援を送り、試合中と変わらないテンションの中、その声援に後押しされたのか、ステージから降りた郷は広いピッチを走りだし、さらにスタジアムはヒートアップ。

まるで自身のライブ会場のような雰囲気の中、「ジャパ~ン!!」の大合唱でハーフタイムショーは大盛況のうちに終了となった。



現在ライブ DVD / Blu-ray「Hiromi Go Concert Tour 2017“My Dear...”」を発売中の郷ひろみは5月よりライブツアー「Hiromi Go Concert Tour 2018 」を実施。5カ月かけて全国各地を回る。

郷ひろみ コメント



サンウルブズの選手のみなさん、そしてブランビーズの選手のみなさん、今日は素晴らしい試合をありがとうございました。記念すべき開幕戦での国歌斉唱は、厳かな空気の中で国歌を歌う責任をかみしめながら、大事に、選手のみなさんへの応援の気持ちを込めて歌わせて頂きました。

ハーフタイムでは神聖なフィールドで「2億」を歌わせて頂きました。走ることとか考えていなかったのですが、観客のみなさんの声援がすごく、気がついたら走りまわっていました!

これからも少しでもこうやってラグビーを応援できればと思っています。
“GO BEYOND 2019”
boomeet

このニュースへのレビュー

このニュースへのレビューを書いてみませんか?

このニュースへのレビューを投稿

  • ※レビューは全角500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつのニュースに1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約