1. 歌詞検索UtaTen
  2. ニュース
  3. J-POP
  4. 大城バネサ
  5. 大城バネサ デビュー15周年記念曲「長良川悲恋」 岐阜県知事を招いて発表会開催!

大城バネサ デビュー15周年記念曲「長良川悲恋」 岐阜県知事を招いて発表会開催!



大城バネサ デビュー15周年記念シングル「長良川悲恋」発売記念の新曲発表会を岐阜・岐阜市にて開催

アルゼンチン生まれの日系2世演歌歌手・大城バネサ(36)が、デビュー15周年記念シングル「長良川悲恋」(詞・青山るみ、曲・岡千秋)をビクターエンタテインメントから4月25日に発売したのを記念して30日、岐阜・岐阜市の長良川国際会議場メインホールで新曲発表会を開いた。

同曲は、長良川鵜飼で知られる日本三大清流の一つ、岐阜県・長良川を舞台にした純粋な愛をテーマに繰り広げられる悲恋の物語を大城ならではの声量たっぷりの歌唱力で情感豊かに歌い上げた作品で、五木ひろしの大ヒット曲「長良川艶歌」を作曲した岡千秋氏が書き下ろしたもの。また、カップリング曲「おねえちゃん」は、アルゼンチンに住んでいる大城の姉をモチーフにした楽曲で、大城自らが作曲を手がけた。

大城は、岐阜羽島市に住んでから今年で9年目を迎えるが、今度の新曲は、昨年1月、岐阜の政財界や文化界の人たちが集まって開催された新春例会に作詞家・青山るみ氏、作曲家・岡千秋氏と3人でゲストに招かれた際、岐阜県知事・古田肇氏から「ぜひ大城バネサさんに新しい岐阜の歌を歌ってほしい」と要望されたことから生まれた。



約1700席の会場は、熱烈な地元ファンで満席の中、「今日はこんなにたくさんの方がお越しくださり、本当にうれしいです。まさか15年も歌ってこられるなんて思ってもいなかったので、奇跡です。これも皆さんが応援してくださるからこそで、皆さんには心から感謝しています」とあいさつ。

新曲「長良川悲恋」をはじめ、デビューのきっかけとなった「NHKのど自慢」でグランドチャンピオンを受賞したときに歌唱した「女の漁歌」、2003年8月27日発売のデビュー曲「鴎も飛ばない海だよ」、新曲のカップリング曲「おねえちゃん」、沖縄県人の血が100%流れている彼女が2014年に沖縄県知事より「美ら島沖縄大使」に任命され、その沖縄の素晴らしさを歌ってヒットした「逢いたい島(じま)」など全7曲を熱唱した。

作曲の岡氏と作詞の青山氏が応援に駆けつけ激励

また、作曲の岡氏も応援に駆けつけ、「ファンの皆さんのお力で(私が作曲した)『長良川艶歌』に続く大ヒットにしてください」、作詞の青山氏は「『長良川艶歌』を超えるヒットにしたいです。皆さんの応援をぜひよろしくお願いいたします」と激励。



大城バネサ コメント

大城は「デビューして15年。今日まで好きな歌を歌ってこられたのも皆さんのお陰です。15年の間には、楽しいことも苦しいこともいろんなことがありましたが、この15周年記念曲を大ヒットさせ、応援してくださるファンの皆さんに恩返しがしたい」と話していた。

新曲「長良川悲恋」CD購入者を対象にしたカラオケ大会を12月に開催

新曲CD購入者を対象にしたカラオケ大会を12月に開催(締め切りは9月30日)。
賞金総額100万円と豪華版だ。

アルゼンチン生まれの日系アルゼンチン人2世。 父親は沖縄県生まれ日系1世、母親は両親が沖縄県出身の日系2世。祖父母が沖縄県出身のため、幼少の頃から沖縄民謡や日本の音楽に親しみ、日系人の間で開催されるカラオケ大会などで演歌を唄い始めた。3歳の時に最初に人前で唄った曲は、牧村三枝子の···

このニュースへのレビュー

このニュースへのレビューを書いてみませんか?

このニュースへのレビューを投稿

  • ※レビューは全角500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつのニュースに1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約

大城バネサ 最新情報

作品情報

アーティスト:大城バネサ
作品:シングル「長良川悲恋」(VICL-37388)
発売日:2018年4月25日(水)



※収録内容
【収録曲CD】
1、長良川悲恋 
2、おねえちゃん 
3.長良川悲恋(オリジナルカラオケ)
4、おねえちゃん(オリジナルカラオケ)

※配信情報
iTunes Store、レコチョク他、各配信サイト また LINE MUSIC、Apple Music、Spotifyなど
定額制聴き放題サービスにて5月2日より一斉配信開始

大城バネサ Profile

アルゼンチン生まれの日系アルゼンチン人2世。
父親は沖縄県生まれ日系1世、母親は両親が沖縄県出身の日系2世。祖父母が沖縄県出身のため、幼少の頃から沖縄民謡や日本の音楽に親しみ、日系人の間で開催されるカラオケ大会などで演歌を唄い始めた。3歳の時に最初に人前で唄った曲は、牧村三枝子の「みちづれ」。2001年10月に行われた「NHKのど自慢」アルゼンチン大会に憧れの坂本冬美、鳥羽一郎がゲストで来る事を知り、同じステージに立ちたくてオーディションを受け出場し優勝。その際、坂本冬美に同行していたレコード会社東芝EMI(当時)のスタッフにスカウトされた。2002年3月、東京・渋谷のNHKホールで開催する「NHKのど自慢・チャンピオン大会」にアルゼンチン代表で出場し、海外勢初の(平成13年度)グランドチャンピオンとなった。2016年沖縄移民の日系2世として「逢いたい島」をシングル発売。沖縄では定番ソングとなっており、沖縄での知名度人気度が上がっている。日本アルゼンチンの架け橋として、2016年10月世界ウチナーンチュ大会で「三線のかほり」をフル歌唱した。

2014年 美ら島(ちゅらしま)沖縄大使 就任
2015年 初代羽島市観光大使 就任
2016年 今帰仁村(なきじんそん)観光大使 就任
2016年 みなと気仙沼大使 就任
2016年 雲仙ふるさと大使 就任

ビクターエンタテインメント 大城バネサHP
http://www.jvcmusic.co.jp/-/Artist/A025045.html
大城バネサオフィシャルHP
http://vane-music.com

cinema staff、cinema…

COLOR CREATION 初の東名…