1. 歌詞検索UtaTen
  2. ニュース
  3. J-POP
  4. BLUE ENCOUNT
  5. BLUE ENCOUNT、アルバムツアーに熊本での公演が決定! アルバム特設サイトに田邊が撮り下ろした写真を公開!

BLUE ENCOUNT、アルバムツアーに熊本での公演が決定! アルバム特設サイトに田邊が撮り下ろした写真を公開!



BLUE ENCOUNT ツアーファイナル公演に地元熊本でのライブが決定!特設サイトに“写真で綴るもうひとつのVECTOR”公開!

BLUE ENCOUNTのツアー「BLUE ENCOUNT TOUR 2018 Choice Your 「→」」のグランドファイナル公演が、熊本・熊本B.9 V1にて行われることが決定した。これは生配信されたBLUE ENCOUNTのツイキャス“ブルキャス”にて発表されたもの。熊本発の彼らにとっては凱旋ライブということになる。彼らが地元熊本でのワンマンライブを行うのは2016年7月からの2年ぶりで期待は膨らむばかり。チケットの発売日は追って発表される。

また3rd Album「VECTOR」の特設サイトにて“写真で綴るもうひとつの VECTOR”と題されたページが公開された。こちらは「VECTOR」のジャケットを構成している写真を含む、複数の写真を掲示したページとなっている。人生には無数の選択肢があり、それぞれに違うベクトルが存在する。その選択に迷うこともあるが、どれを選んでもあなたの人生は間違いではないはず。そのようなメッセージが込められたアルバムのジャケットは、写真家 後藤倫人氏の撮り下ろしと、田邊駿一(Vo./Gt.)が東京・代官山を歩きながら撮り下ろした写真によって構成されている。それぞれの写真を見て、「VECTOR」をもう1周聴くと、また違う発見があるかもしれない。是非チェックしてみよう!

田邊駿一コメント

「何歳になっても俺は無知だなぁ」
ファインダー越しの風景を見ながら漏らした言葉たち
カメラの知識がほとんどない。という意味の無知さはもちろんだ
しかしそういうことではなくて、
普段歩いてる道
その中に存在する沢山の未知なる景色
それらをファインダー越しにやっと見つけられた自分に対して言った言葉だった
当たり前の毎日には知らなかった新しい道があって
それに気づかず歩いてる
写真に限ったことではない
自分が選んだ現実の中に
自分が別れを告げた夢の中に
知らなかった道標がある
今だからこそ、
道を見つけるんだ
道を選ぶんだ

アルバム「VECTOR」の真意が、シャッターをきる人差し指から心の深い場所にしっかりと伝達された気がします。

写真家 後藤倫人氏コメント

これは、僕の事だと思った。このアルバムの中で唄われているのは、別世界のロックスターの話ではなく、日常に生きている僕の様な人間の事なんだな、と。
日々の些少な事に一喜一憂して、毎日は窮屈になっていくけど、それでもテレビから流れてくる悲惨なニュースを憂いて平和を願ってみたり、自分がしている事が本当に正しいのか? という堂々巡りを繰り返している。そんな毎日を暮らしている僕の事だと。

だから、このアルバムを聴いて、浮かんだイメージを写真にして下さいというオファーに、全く怯むことは無かった。まんまの僕を撮れば良い、このアルバムの音がある日常の、僕が見たものを撮れば良いのだから。それでも迷った時は、イヤホンから流れる音を聴きながら、田邊さんが見た風景を探した。それは、陸橋の上に伸びる自分の影であり、夕暮れ時に遠くに見えた街の光であり、不意に見上げたなんて事のない青空だった。『VECTOR』というアルバムは、今の僕自身と真っ直ぐに向き合わせてくれた。最後の、「こたえ」という曲に今も僕は背中を押されている。


BLUE ENCOUNTは日本のロックバンド。略称はブルエン。メンバーは田邊駿一(Vo.&Gt.)、江口雄也(Gt.)、辻村勇太(Ba.)、高村佳秀(Dr.)の4人組。所属レーベルは2013年から2014年までは美音、2014年からはKi/oon Music。所属事務所は株式会社スリーハンドレットエンタテインメント。2003年、熊本高等専門···

このニュースへのレビュー

このニュースへのレビューを書いてみませんか?

このニュースへのレビューを投稿

  • ※レビューは全角500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつのニュースに1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約

BLUE ENCOUNT 最新情報

リリース情報


●2019年9月11日 リリース
New mini Album『バッドパラドックス』

★初回生産限定盤
価格:1,759(税別)
品番:KSCL-3185~3186
内容:(CD+DVD)

【CD 収録曲】
[CD] ※初回生産限定盤、通常盤共通
01. バッドパラドックス ※日本テレビ「ボイス 110緊急指令室」主題歌
02. ギブス
 
[DVD] ※初回生産限定盤のみ
2019年6月21日に東京中野サンプラザホールにて行われた"HALL TOUR 2019 apartment of SICK(S)"のライヴ・パフォーマンスとツアー・ドキュメンタリーを収録
01. PREDATOR
02. ハウリングダイバー
03. VS
04. もっと光を
05. アンコール
06. Making of HALL TOUR 2019 apartment of SICK(S)

★通常盤
価格:1,111円(税別)
品番:KSCL-3187
内容:CD

01. バッドパラドックス
02. VS(HALL TOUR 2019 apartment of SICK(S)@中野サンプラザ06.21)
03. もっと光を(HALL TOUR 2019 apartment of SICK(S)@中野サンプラザ06.21

BLUE ENCOUNT Profile

《メンバー》
Vo. Gt. 田邊駿一
Gt. 江口雄也
Ba. 辻村勇太
Dr. 高村佳秀

熊本発、都内在住4人組。熱く激しくオーディエンスと一体になり、ダイレクトに感情をぶつける熱血なパフォーマンスが話題のエモーショナルロックバンド。2014年9月10日にEP『TIMELESS ROOKIE』でメジャーデビュー。

2015年1月にリリースしたファーストシングル『もっと光を」』は、新人ながら全国35局でのパワープレイを獲得。5月には人気のテレビ東京系アニメ「銀魂(第3期)」のオープニングテーマとなるシングル『DAY×DAY』をリリース。

7月にファースト・フルアルバム『≒』(読み:ニアリーイコール)をリリース。

2016年には1月に第94回全国高校サッカー選手権大会の応援歌にもなった『はじまり』、そして「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」のオープニングテーマ『Survivor』、全ブルエンリスナーに向けた『だいじょうぶ』、ドラマ「THE LAST COP/ラストコップ」の主題歌『LAST HERO』と4枚のシングルをリリースし、そして2016年10月9日には日本武道館ワンマン公演、「LIVER’S 武道館」も大成功に収める。

2017年1月11日にはセカンド・アルバム『THE END』をリリースし、バンド史上最大規模であり幕張メッセ公演を含む全国ツアー「TOUR2017 break”THE END”」も大盛況のうちに終了させた。

今や、数多くの夏フェス、年末イベント等、いまや大型フェスには常連参加アーティストとして名を連ねるなか、2018年3月21日には待望のサード・アルバム『VECTOR』(読み:ベクトル)を発表。

シンプルで熱いメッセージ性はそのままに、より多彩で進化した音楽性を併せ持つこのアルバムはまさに現在進行形のBLUE ENCOUNTを体現していると言っていいだろう。オリコン・ウィークリー・チャートには堂々6位にランクイン。

6月にはZepp Tokyo 2daysを含む全国ツアー<BLUE ENCOUNT TOUR 2018 Choice Your 「→」>で大成功を収め、熱いパフォーマンスで各地を熱狂させている。11月21日には最新シングルとなる『FREEDOM』をリリースしたばかり。

▷BLUE ENCOUNT オフィシャルサイト
▷BLUE ENCOUNT 公式Twitter
▷BLUE ENCOUNT 公式LINE

ex.カメレオのKouichiによるW…

煌めき☆アンフォレントに12/24に憧…