1. 歌詞検索UtaTen
  2. ニュース
  3. バンド
  4. JUN SKY WALKER(S)
  5. ジュンスカ、デビュー30周年記念ワンマンを中野サンプラザで開催!

ジュンスカ、デビュー30周年記念ワンマンを中野サンプラザで開催!



ジュンスカ、世代を超えた2,200人と30周年を盛大に祝う

5月19日東京・中野サンプラザでJUN SKY WALKER(S)が「MX ROCK 祭り JUN SKY WALKER(S)『ALL TIME BEST ~全部このままで~1988-2018』」を開催した。

ジュンスカにとっては初の中野サンプラザ公演。メンバーがリスペクトするRAMONESの1988年来日公演を行った会場であり、そのJAPAN TOURのMZA有明でオープニングアクトとしてジュンスカが出演した所縁を持ち、メンバーにとっても憧れの会場。



30年という時を超えて開催された中野サンプラザでのワンマン公演。チケットはSOLD OUT、満員御礼に宮田和弥(Vo.)が「中野サンプラザ、チケット完売満員御礼ありがとう!」と絶叫。

21日の30周年の記念日、さらには「ALL TIME BEST ~全部このままで~1988-2018」を同日に発売することを控え開催されたこのライブ。デビュー30周年に相応しい"ベストオブベストなセットリスト"でスペシャルライブが展開された。

世代を超えて親子連れも多く詰め掛けた、満員御礼2,200人の中で、ヒット曲「START」や「MY GENERATION」、新曲「One Way」など全25曲を披露。ライブの中盤では、ホコ天でジュンスカが行った最後のライブ映像も初公開された。渋谷公会堂でのライブの翌日に行われたという映像に寺岡呼人(Ba.)も「こうやって見ると僕らも時代を感じますね」とMCでファンの笑いを誘った。



アンコールでは、9月からスタートし全国30公演を行う30周年記念ツアーの発表もされた。これには、宮田和弥が「30周年ということで全国30公演します。最終的には47都道府県まわりたいですし、この30周年から40周年、50周年と進んでいきたいです。ぜひ、みなさんと一緒に行きましょう」とファンに語りけた。

1988年5月21日のデビューから30年。今年デビュー30周年を迎えるジュンスカが、今度はあなたの街でも30年という歴史、そしてこれからの素晴らしい未来をわかちあってくれるだろう。

■JUN SKY WALKER(S)「One-Way」Official Music Video


■JUN SKY WALKER(S)「言葉につまる ~2018ver. ~」Official Music Video



宮田和弥(Vo.&Harp) 森純太(Gt.) 寺岡呼人(Ba.) 小林雅之(Dr.) 1980年、自由学園の学生だった宮田和弥(Vo)、森純太(G)、伊藤毅(B)、小林雅之(Dr)によって結成。 1980年代後半、原宿ホコ天で爆発的人気を得る。 1988年、2月に伊藤が脱退し、1988年、弟がメンバー達の後輩だったこと···

このニュースへのレビュー

このニュースへのレビューを書いてみませんか?

このニュースへのレビューを投稿

  • ※レビューは全角500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつのニュースに1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約

JUN SKY WALKER(S) 最新情報

リリース情報


ライブDVD・ライブアルバム 2作同時発売!
ライブDVD
2019年2月20日発売
「ALL TIME BEST~全部このままで~1988-2018@中野サンプラザ 」(2DVD)
MUBD-1083/4
5,800円(税抜)

全25曲収録
1.全部このままで
2.いつもここにいるよ
3.明日が来なくても
4.さらば愛しき危険たちよ
5.砂時計
6.NO FUTURE
7.ロマンチック
8.休みの日
9.風見鶏
10.ユア・ソング
11.青春
12.メロディー
13.僕を灰に
14.エルマーの夢
15.変身
16.Let’s Go ヒバリヒルズ
17.ロックンロール☆ミュージック
18.白いクリスマス
19.愛しい人よ
20.START
21.すてきな夜空
22.歩いていこう
23.言葉につまる
En1.MY GENERATION
En2.One-Way

☆映像特典☆
中野サンプラザ 小林雅之 コーナーVTR
「コバヤちゃり旅!!」


ライブアルバム
2019年2月20日発売
「ALL TIME BEST~全部このままで~1988-2018@中野サンプラザ 」(2CD)
MUCD-1424/5
3,500円(税抜)
全25曲収録
1.全部このままで
2.いつもここにいるよ
3.明日が来なくても
4.さらば愛しき危険たちよ
5.砂時計
6.NO FUTURE
7.ロマンチック
8.休みの日
9.風見鶏
10.ユア・ソング
11.青春
12.メロディー
13.僕を灰に
14.エルマーの夢
15.変身
16.Let’s Go ヒバリヒルズ
17.ロックンロール☆ミュージック
18.白いクリスマス
19.愛しい人よ
20.START
21.すてきな夜空
22.歩いていこう
23.言葉につまる
En1.MY GENERATION
En2.One-Way

JUN SKY WALKER(S) Profile

宮田和弥(Vo.&Harp)
森純太(Gt.)
寺岡呼人(Ba.)
小林雅之(Dr.)

1980年、自由学園の学生だった宮田和弥(Vo)、森純太(G)、伊藤毅(B)、小林雅之(Dr)によって結成。
1980年代後半、原宿ホコ天で爆発的人気を得る。
1988年、2月に伊藤が脱退し、1988年、弟がメンバー達の後輩だったことでJ(S)Wを知り、スタッフとして協力していた寺岡呼人が新しくベーシストとして加入。同年5月21日トイズファクトリーよりミニアルバム『全部このままで』でメジャーデビュー。
1989年、日比谷野外音楽堂(4/23)での初ワンマンライブ。同年6月21日発売のアルバム『歩いていこう』がオリコンチャート3位を獲得する。この年、日本武道館でライブを行う。デビューから武道館までの史上最短記録となる。
1989年日本武道館(2/26,27,28)1990年、6月28日に発売されたミニアルバム『Let's Go ヒバリヒルズ』がオリコンチャート2位、11月21日に発売されたシングル「白いクリスマス」がシングルオリコンチャート1位を獲得する。
1990年、グリーンスタジアム神戸(7/28)、西武球場(7/31)、名古屋深井広場(8/3、4、5)でアリーナクラスのコンサートを次々と行う。
1991年2月21日に発売したアルバム『START』が初のアルバムオリコンチャート1位を獲得する。
1997年6月14日に一度解散したが、2007年に期間限定で再結成し、2012年に完全復活を遂げる。略称はジュンスカ、J(S)W。
2018年デビュー30周年を迎え、レーベルをドリーミュージックに移籍。

■JUN SKY WALKER(S)30周年スペシャルサイト
http://jswxxxproject.com/

坂本龍一のソウルでの初のエキシビション…

DAOKO 書き下ろし未発表楽曲 『種…