1. 歌詞検索UtaTen
  2. ニュース
  3. 洋楽
  4. Phil Collins
  5. フィル・コリンズ、コラボレーション集、CD4枚組『プレイ・ウェル・ウィズ・アザーズ』9月28日海外発売

フィル・コリンズ、コラボレーション集、CD4枚組『プレイ・ウェル・ウィズ・アザーズ』9月28日海外発売



フィル・コリンズ、59曲に及ぶコラボレーションのハイライト

いい人生を送ったねと人は言うかもね。自分は人生のほとんどでやりたいことをやっただけ。ただでやっていたのに、良いお金をもらったね。ドラムを叩くということだけどね。僕のヒーローたちと演奏してきた間に、ほとんどの人と親しい友達になった。この4枚のCDを聴けば、それらの瞬間が少しは分かるはず。これらの曲を集めることを許してくれたアーティスト達に感謝したい。そんなに簡単なことではないからね。
・・・フィル・コリンズ

イギリスの最も重要なロック・バンドのメンバーであり、世界で最も成功した男性シンガーであるフィル・コリンズはいろいろなアーティストと常にコラボレーションを行ってきた。ドラム、ボーカル、ソング・ライティングなど、彼の才能は彼の音楽的なヒーローたちを助けてきた。

フィル・コリンズの59曲にも及ぶコラボレーションのハイライトが『プレイ・ウェル・ウィズ・アザーズ』という結晶になった。4枚組CDボックス・セットとデジタル・ダウンロードで9月28日に海外発売になる。

フィル・コリンズが初めて参加したバンドとして知られるフレイミング・ユースから、70年代の伝説のアーティストであるブランドX,ブライアン・イーノ、ロバート・フリップ、ジョン・ケイルとの曲や、スーパースターとなった80年代の楽曲、さらにクインシー・ジョーンズやトニー・ベネットとの共演まで収録している。


Plays Well With Others

アルバム・タイトルは深い真実を含む、洒落の効いたプレゼントから取られている。フィル・コリンズがジェネシスのフロントマンになったとき、ジェネシスの専属ドラマーとなったチェスター・トンプソンがフィルに特別な誕生日プレゼントを贈った。それは高価なものではなく、ただのTシャツだった。そのTシャツの表には、ドラムのスティックを持って、どんなセッションにも顔を出し、彼が尊敬しているミュージシャンのために喜んでプロデュースを行うというフィル・コリンズの気持ちを象徴するスローガンが書かれていた。“プレイ・ウェル・ウィズ・アザーズ”と。

ジェネシスのプロデューサーだったジョン・アンソニーはフィル・コリンズを様々な音楽的な環境に適応するミュージシャンとして見ていた。フィル・コリンズは思い起こす「彼はいろんなレコードをプロデュースしていて、いいドラムを求めていたから、僕を使ってくれた。よく夜中にトライデント・スタジオに行って、ただ楽しんでプレイして、朝の6時か7時に家に帰ってきた。ただプレイして時折お金になるってことを楽しんでいた。お金のためではなかった、ただプレイするためだったんだ」。

ピーター・ガブリエルの3枚目のソロ・アルバムの仕事を通じて、エンジニアのヒュー・パジャムと、80年代のポップを席巻するゲート・リバーブのドラム・サウンドに偶然出会うことになる。それは、ピーター・ガブリエルの「イントルーダー」で初めて聞かれ、後にフィル・コリンズの象徴的なヒット曲「夜の囁き」のドラフ・フィルで使われることになる。

アルバム『夜の囁き』でソロとして成功をしてく中で、すでに成功しているアーティストから新たな何かを求められ、アダム・アント、エリック・クラプトン、ロバート・プラント、アバのフリーダなどを手助けして、彼らを新たなキャリアに導いた。

『プレイ・ウェル・ウィズ・アザーズ』には音楽の歴史の中の成功物語がとらえられている。そのために彼は様々なジャンルの、様々なミュージシャンからリスペクトを受けてきた。フィル・コリンズのトリビュート・アルバム『アーバン・リニューアル』に収録され、ここにも収録されたリル・キムの曲がそれを示す最もいい例だ。

このニュースへのレビュー

このニュースへのレビューを書いてみませんか?

このニュースへのレビューを投稿

  • ※レビューは全角500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつのニュースに1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約

福岡発の注目バンドAttraction…

THE RAMPAGE from EX…