1. 歌詞検索UtaTen
  2. ニュース
  3. 女性アイドル
  4. アンダービースティー
  5. アンダービースティー、暴れ騒ぐ観客たちと重低音轟く音の中で誓いあったワンマンライブ!

アンダービースティー、暴れ騒ぐ観客たちと重低音轟く音の中で誓いあったワンマンライブ!



通算6回目となるワンマン公演

「羽ばたけ願う未来があるなら」。アンダービースティーが暴れ騒ぐ観客たちと重低音轟く音の中で誓いあった、光輝く場所を守り続ける約束。 

11月13日(火)、TSUTAYA O-EASTを舞台に、アンダービースティーが通算6回目となるワンマン公演「UB ARCADIA~アンダービースティー 6th ワンマンライブ~」を、生バンドを従えて行った。
今年2月に行った新宿ReNYでの単独公演をソールドアウト。その実績を買われてとはいえ、彼女たちにとって今回のTSUTAYA O-EASTは、ワンマンライブとしては最大のキャパシティへの挑戦。発表の日から彼女たちは、公演の成功を目標に走り続けてきた。結果、会場には700人を越す人たちが来場。終始、熱狂を作りあげていった。

【写真をみる】初々しい2周年のアンビス

凄まじい勢い 魂が震えだす


ゆっくりと開いた幕の内側から姿を表したメンバーたち。7人は、凄まじい勢いで走り出した音を背に、凛々しい姿で『This is UB』を歌唱。横一列に隊列を成し、彼女たちは荒ぶる音の刺激を、高鳴る歌声を介しフロアー中へ響かせた。沸き立つ気持ちを歌声へ託す7人。その姿に触発され、魂が震えだす。

大きな爆発音が鳴ると同時に飛び出したのが、『UB TRY』だ。猛る演奏を背負い、高く拳を突き上げ、観客たちを煽るメンバーたち。お立ち台に乗り観客たちへ挑みかかった姿の、なんて雄々しかったことか。フロアーには、早くも野太い声が渦巻いている。

荒ぶる音を突き付けた『Black Jet』でも、凄まじい雄叫びが場内に上がり続ける。黒い羽根を羽ばたかせた小悪魔たちに、可愛い表情とは裏腹な野太い声で煽られては、拳を、声を張り上げずにいられるか!!。『GET LOVE』でも、情熱沸き立つステージングを通し、彼女らの挑発は続いてゆく。

ノンストップで叩きつける轟音

冒頭から一切演奏を止めることなく、轟音渦巻く中へ熱狂を描き出すアンダービースティー。序盤からそこには、互いの気持ちを鼓舞する凄まじい戦いが描き出されていた。

アンダービースティーのライブの特色である、ノンストップで重低音の効いた轟音ナンバーを叩きつける攻めなステージング。オケを介し作ってきた途切れぬ躍動を、生バンドの演奏を通し、彼女たちはさらに音像を倍増しに突きつけてゆく。その姿へ気持ちが昂らずにいれなかった。

妖しく煽動、挑発的なパフォーマンス


両手を高く掲げ、手をクロスしながら打ち鳴らすメンバーたち。あらゆるタブーをぶち壊すように、彼女たちは『taboo magic』を歌い、妖しく煽動。サビでスカートの裾をなびかせ歌い踊る姿も、挑発的だ。気持ちは感情のストッパーを壊して騒ぎ続けるが、視線は、彼女たちの一体化したパフォーマンスをしっかり瞼に焼き付けていた。

「まだまだイクぞ!!」、低音を活かした声で『beast』を歌い、観客たちを攻める7人。一転、高いキーで伸び伸びと歌うサビの声も強烈に胸へ突き刺さる。彼女たちの歌声は、確かに熱を発していた。落ちサビに描いた哀切な表情、そこから一変しての挑発的かつ熱情的な歌声。激烈なドラマは、フロアー中の人たちの感情にも滾る熱を与えてゆく。

【MVをみる】踊るアンビス「love pain」

「最高の忘れられない夜にします。UB ROCKを齧り尽くしてください」 (植竹優亜)の声を受けて飛び出したのが、『deformoon』だ。沸き立つ血潮を、拳と絶叫と手拍子に変え舞台上へ全力でぶつける観客たち。彼女たちも沸き立つ闘士を滾らせ、その熱を強い眼差しと歌声に乗せぶつけていた。

観客へ激情した黒いプロポーズ

重厚な黒い衝撃と情熱的な赤い衝動を重ね合わせ、アンダービースティーは『occult propose』を通し、観客たちへ熱狂という接吻を求めてゆく。彼女たちの激情した黒いプロポーズを受け、興奮のあまり絶叫と熱狂に溺れる観客たち。互いに感情と感情をぶつけあう、この瞬間がたまらなく刺激的だ。アンダービースティーの示した熱い告白を、誰もが全力で受け止めていた。

着替えを終えたメンバーたちが織りなす後半戦は、ふたたび激しく挑発的な楽曲から始まった。同期も噛ました荒ぶる演奏の上で、彼女たちは子猫のような仕種も交えた踊りを見せ、妖しく挑発。視線は彼女たちの可愛く舞い踊る姿へ惹かれながらも、身体は暴れずにいれない。

この日初披露した『ARCADIA CAT』、とても胸を熱く騒がせる刺激的な楽曲だ。拳を高く振り上げ、観客たちを激しく挑発。親しみ覚える歌へ、熱いロックな衝動を描き加えたのが『Breaking Now』。彼女たちは、闇の中から未来をつかむように、希望を抱く歌を突き付けた。続く『last scene』でも、高まる想いを情熱を抱いた声に乗せ熱唱。轟音の上で、気持ち沸き立つまま華麗に舞い踊る7人。そして…。

黒い輝きと赤い情熱を抱いた熱狂の舞台へ


「ここから新しい世界へ、私たちが作り上げる理想郷(ARCADIA)へ連れていくので、みなさんついてきてください」(植竹優亜)。
その声を合図に、アンダービースティーが連れ出した新しい世界。それは、黒い輝きと胸を焦がす赤い情熱を抱いた熱狂の舞台。誰もが、彼女たちの歌う『new journey』へ飛び乗り、高く拳を突き上げ、荒ぶる声を上げていた。「さあ、生き急げ」の言葉通り、熱く火照る気持ちのまま、とことんまでイキきろうじゃない!!

「這い上がれ今この場所から」、アンダービースティーの意思を高らかに示した『raven』の登場だ。闘志を漲らせ「羽ばたけ願う未来があるなら」と歌う彼女たちの姿を全力で受け止め、力強く拳を突き上げ、共に戦いの声を上げ続けたい。心の背中に生えた黒い翼を羽ばたかせ、遥か遠くに見える光を一緒につかみたい。『raven』は、触れた人たち心へ戦う勇気を注いでゆく。だから、この歌を求めたくなる。『raven』に合わせ力の限り拳を突き上げ、張り裂けんばかりに声を上げ、「俺は、私はここで戦っているぞ」と彼女たちに伝えたくなる。

理性を、黒い熱狂の中へ引き込むように流れた『TOKYO monster』でも、観客たちがフロアーの中でぐちゃぐちゃに入り乱れていた。理性なんてとっくに消えちまったよ、今は、ただただ騒ぎ続けたい。

触れた人たちの感情の内側を熱く掻きむしる、重低音響かせ疾走するラウドな音楽性が印象深いアンダービースティーだが、闇を抱いた黒い姿と同時に、彼女たちは光を強く求める、輝き浴びた世界観も大きな魅力にしている。

アンダービースティーは自分たちの未来を指し示すように、「大切な仲間と一緒ならどこへでも行けるよ」と『スポットライト』を歌いだした。これは、彼女たちを照らす僕ら自身の歌。そして、一緒に未来へ歩み続けようと誓いあう約束の歌。輝きの中、真っ直ぐに手を差し伸べ「スポットライト全て照らすから」と歌われるたびに、僕らは光の中、きらめくその手をつかもうと心の手を彼女たちへ伸ばしてゆく。一緒に光の中で解け合えるこの瞬間が、たまらなく好きだ!!

最後にアンダービースティーは、情熱沸き立つ『fadeless』を熱唱。メンバーも観客たちも大きく手を振り、その場で飛び跳ねていた。「繋いだ手を離さずに」と歌うその声をギュッと握っていたい。輝きに包まれた中、舞台上で見せた7人の笑顔を、僕らは心の印画紙に強く焼き付けていた。

5枚目のシングルリリースを発表


アンコール前に、アンダービースティーは2月6日に5枚目の両A面シングル『ROCK ALIVE/ARCADIA CAT』をユニバーサルミュージックよりリリースすることを発表。その報告を受け継ぐように。何より、「これが、アンダービースティーとして進み続ける意思!!」と宣言するように、彼女たちは『ROCK ALIVE』を熱唱。「輝き続けろ」と歌うこの楽曲は、これからのアンダービースティーのアンセムになっていく??。エレクトロでエッジ鋭くラウドな、これぞ新しいアンダービースティー流の激烈ダンスロックナンバーの誕生だ。

メンバーからのコメント


ここで、メンバー一人一人が今の心境を届けてくれた。

<今井莉南>
「アイドルを続けるってすごく大変なことも多くて、アイドル活動をあきらめたこともありました。でも、アンダービースティーと出会い、加入させていただいて本当に幸せです。でも、入ったからには居ても居なくても変わらないメンバーにはなりたくないです。みなさんの一番の推しになりたいです。それくらいの覚悟を持ってステージに立っています」
<神谷美緒>
「今日は全部自分をぶつけられたワンマンライブが出来たと思います。わたしは歌もダンスもまだまだで、自分の理想のアイドルとしてもまだまだですけど。これからも沢山の人たちと出会って、沢山の思い出を作りながら、これからも一緒に進んでいきたいです」
<長瀬夏帆>
「わたしはポンコツですけど、もう5年目に入るのでポンコツとか言ってられないと心から思ってるんですけど。でも、生まれつきポンコツなんで、どうしても完璧にできないこともあります。でも本当に音楽が、ロックが好きで、アンダービースティーとして毎日ライブできる日々が本当に幸せだと思っています。これからもアンダービースティーとして大好きな楽曲をみんなに届けられるように頑張っていきます」

<凛音茜>
「わたしやアンビスのことを好きでいてくれるみんなのことが、わたしは大好きです。でも、アンダービースティーのメンバーである以上可愛い姿だけではなく、恰好いい姿も見てもらいたいなと思い、今日のライブに挑みました。みんなとの距離が大好きなので、これからも離れたくないと思います。今日観た景色は絶対に忘れないので、これからも凛音茜のことを好きでいてください」
<春乃友夢>
「わたしは歌が大好きで、歌いたくてアンダービースティーに入りました。アンダービースティーがなくなってしまったら、わたしはすべてを失うと思っています。それくらいアンダービースティーが大好きだからです。だからこそ、わたしはこの場所を守り続けたいと思いました。この先何が起こるかわからないからこそ、わたしはアンダービースティーを守るという言葉を使いたいし、もっともっと大きなところでみなさんといろんな景色を作ったり夢を叶えていきたいし、この場所を守っていきたいです」

<松下愛>
「わたしはアンダービースティーの中でお笑い担当としてやらせていただいてるんですけど、この可愛くてロリな笑顔のキャラクターの裏には、悔しいことや苦い思い出もたくさんあります。だけど、笑顔でいられる理由は、みんなが素敵な景色を見せてくれたり、ずっと側にいてくれるから。それがあるとわたしはずっと笑顔で立つことができます。今日は笑顔の恩返しが出来ていたらいいなと思います。わたしはこれからもずっとみんなの前で笑顔で居続けます」

<植竹優亜>
「約5年間の中、いろんな方が、いろんなタイミングで私たちを知ってくだされば、みんながいるから、今日ここに私たちがいます。でも、私たちのことを何も知らなくても無条件に楽しめるライブを今日は目指してやってきましたし、これから私たちが目指すところはそういうところじゃないかと思います。みなさんが純粋に楽しめる最高のエンターテイメントを追い求めていきたいし、きっとみなさんとなら狭き道も一緒に進んでいけると思っています。これからも一緒に道を切り開いていきましょう」()

「いろんな表現のあるこの世界ですが、アンダービースティーは目や耳で直接感じることのできるライブというリアルな空間を一番大切にしています。このかけがえのない時間、みんなの熱い声がわたしたちを成長させ、何時も背中を押してくれています。みんなの心に響く歌を歌い続けていくので、これからも私たちと一緒に幸せの共有をしてください」

「最後に一緒に笑えばいい」

最後にアンダービースティーは無限大に広がる未来へ向け、仲間たちとこれからも一緒に進もうと約束を交わすように、『happiness to you!』を会場中の人たちの胸に響かせた。彼女たちは、「最後に一緒に笑えばいい」と歌いかけてきた。

7人は、自分たちでいれるこの場所(ライブの地)をこれからもずっと守り続けてゆく。僕らも、彼女たちがアンダービースティーでいられる場へと集い、その姿に触れながら、一緒に育み続けたい。

何時だってこの場所で声を張り上げ、くしゃくしゃの崩れた顔で彼女たちへ向かって叫びたい。笑顔に満ちたこの場所を、これからもっともっと大きく広げていこうじゃないか。まだアンダービースティーに触れてない君たち、その手をここに差し伸べてみないか!!

TEXT:長澤智典

―セットリスト―

『This is UB』
『UB TRY』
『Black Jet』
『GET LOVE』
『taboo magic』
『beast』
『deformoon』
『occult propose』
『ARCADIA CAT』
『Breaking Now』
『last scene』
『new journey』
『raven』
『TOKYO monster』
『スポットライト』
『fadeless』
-ENCORE-
『ROCK ALIVE』
『happiness to you!』

アンダービースティー 最新情報

ライブ情報

【アンダービースティー6thワンマンライブ】
◆日程:2018年11月13日(火)
◆会場:TSUTAYA O-EAST
※全曲生バンド付き

アンダービースティー Profile

アンダービースティー twitter

アンダービースティー Web

植竹優亜 twitter
@yuairisUB
松下愛 twitter
@aaaaiponpon
春乃友夢 twitter
@yumu_34
凛音茜 twitter
@cham6_rin
長瀬真帆 twitter
@ub_nagase
神谷美緒 twitter
@kamio03o12
今井利南 twitter
@imai_rina

歌声と美しさは両立する!話題の高校生シ…

ガールズバンドDrop’s 新アートワ…