1. 歌詞検索UtaTen
  2. ニュース
  3. J-POP
  4. クミコ
  5. 映画『バルバラ』の公開記念!!クミコが運命のコラボイベント開催!

映画『バルバラ』の公開記念!!クミコが運命のコラボイベント開催!



クミコ トーク&ライブ開催

シャンソン歌手・クミコが、フランスの伝説的歌手バルバラと、バルバラに心酔してやまない人々を描いた映画『バルバラ 〜セーヌの黒いバラ〜』の公開を記念し、11月17日映画の上映に合わせトーク&ライブを開催した。


クミコ 人気No1の歌詞を見る


『バルバラ~セーヌの黒いバラ~』公開スタート

2017年カンヌ国際映画祭、ある視点部門ポエティックストーリー賞を受賞、パリが生んだ20世紀最高の歌姫バルバラが紡ぐ、激情のドラマ『バルバラ~セーヌの黒いバラ~』が、Bunkamuraル・シネマほかにて公開がスタート。

熱唱&バルバラへの熱い想いを語る

フランスの伝説的シャンソン歌手・バルバラをテーマに描く同作。クミコにとっても、代表曲「わが麗しき恋物語」もカバーするなど、クミコを語る上で欠かすことのできない歌手である。イベントではバルバラの名曲「わが麗しき恋物語」を熱唱し、バルバラについての熱い想いを語った。

会場に登場したクミコは「『バルバラ』という映画でこれだけのお客様が集まるのは、かなりお客様がマニアックというか東京ならではの光景ですね。さすがBunkamura!という感じですね」と、ほぼ満員の客席を見て少し驚いた様子。

映画については「2回観たけれどなかなか難しかったです。でも、この映画は観る人によって感じ方が変わる映画なので、すんなり分かった方、最後まで難しくてよく分からなかったという方、様々かと思いますが、その中からバルバラという人の歌が浮かび上がってくるような映画だったとおもいます」と感想を述べた。

歌声に酔いしれて和やかな雰囲気

2002年にカバーした「わが麗しき恋物語」については「シャンソンというものは得てしてそうですが、原詩に忠実に歌うと哲学的でよく分からない歌になってしまうので、その点、私の歌う『わが麗しき恋物語』は全くちがう訳で分かりやすい歌なのでご安心下さい(笑)。

ただ単に男運の悪い女、という歌になっています」と語り会場の笑いを誘った。その後、同曲を生歌唱。

ときおり宙を見上げ腕を広げながら感情を込める姿に会場に集まった観客は聴き惚れ、日本を代表するシャンソン歌手・クミコの歌声に酔いしれつつ終始和やかな雰囲気でイベントは幕を閉じた。

クミコ 最新情報

リリース情報

■「クミコ 私の好きなシャンソン 〜ニューベスト〜 」
COCP-40493 ¥2,778+税
9月26日発売

1.愛を捧げて〜ジュ・テーム・ア・ラ・フォリ〜
 作詞/Serge Lama 作曲/Yves Gilbert 編曲/兼松衆
 日本語詞/佐藤清志郎
2.赤い風船
 作詞/Serge Lama 作曲/Yves Gilbert 編曲/兼松衆
 日本語詞/佐藤清志郎
3.わが麗しき恋物語
 作詞/Barbara 作曲/Barbara 編曲/美野春樹
 日本語詞/覚和歌子
4.18歳の彼
 作詞/Pascal Sevran 作曲/Pascal Auriat
 編曲/フェビアン・レザ・パネ 日本語詞/岩谷時子
5.最後の恋〜哀しみのソレアード〜
 作詞/Alberto Salerno/Maurizio Seymandi/Francesco Specchia
 作曲/Dario Baldan/Ciro Dammicco 編曲/安部潤
 日本語詞/大石静
6.愛の讃歌
 作詞/E. Piaf 作曲/M. Monnnot  編曲/瀬尾一三
 日本語詞/岩谷時子
7.ふるさとの山
 作詞/Jean Ferra 作曲/Jean Ferra  編曲/フェビアン・レザ・パネ
 日本語詞/古賀力
8.先生のオルガン
 作詞/C.Trenet 作曲/C. Trenet 編曲/フェビアン・レザ・パネ
 日本語詞/古賀力
9.愛しかないとき
 作詞/Brel Jacques Roman G 作曲/Brel Jacques Roman G
 編曲/斎藤ネコ 日本語詞/クミコ
10.風のささやき
 作詞/Eddy Marnay 作曲/Michel Legrand 編曲/藤原昌生 山下伶
 日本語詞/高野圭吾
11.愛の追憶(ライブ・レコーディング)
 作詞/M. Michaële 作曲/L. & P. Sebastian
 日本語詞/岩谷時子
12.ジジ・ラモローゾ(ライブ・レコーディング)
 作詞/M. Michaële 作曲/L. & P. Sebastian 日本語詞/岩谷時子
13.愛の讃歌(ライブ・レコーディング)
 作詞/E.Piaf 作曲:M. Monnot 日本語詞/岩谷時子
14.愛を捧げて
 (カラオケ)
15.赤い風船
 (カラオケ)

クミコ Profile

茨城県水戸生まれ。
1978年「世界歌謡祭」に日本代表の一人として参加。
1982年シャンソニエの老舗・銀座「銀巴里」でプロ活動をスタート。
2002年「わが麗しき恋物語」が、“聴くものすべてが涙する歌”としてヒットし一躍脚光を浴びる。
2010年、原爆の子の像・佐々木禎子の物語「INORI〜祈り〜」がヒットし、第61回NHK「紅白歌合戦」初出場を果たす。
翌年3月11日、コンサートで石巻に訪れた際、東日本大震災に遭遇し被災。
2014年、NHK連続ドラマ「花子とアン」「マッサン」で劇中に流れ話題となっているスコットランド民謡 「The Water Is Wide The Water Is Wide〜」をリリースし、 「希望の歌」としてロングヒット中。全国では、合唱バージョンも唄われ広がりをみせている。
NPO法人日本子守唄協会創立15周年記念歌として作曲・プロデュースつんく♂×子守唄協会会長の湯川れい子作詩「うまれてきてくれて ありがとう」をリリースし、2015年のレコード大賞作曲賞を受賞。 2017年、紫綬褒章を受賞した松本隆と17年ぶりにタッグを組んだアルバム「デラシネ」が、レコード大賞優秀アルバム賞を受賞。
2018年2月には最新シングル「最後だとわかっていたなら」をリリースし、この歌をもとにしたショートアニメーションも制作された。

【Official Site】
◆クミコ オフィシャルサイト
http://www.puerta-ds.com/kumiko/

◆日本コロムビア オフィシャルサイト
http://columbia.jp/artist-info/kumiko/

FANTASTICS from EXI…

夢みるアドレセンス とびっきり笑顔が…