1. 歌詞検索UtaTen
  2. ニュース
  3. J-POP
  4. 辻村有記
  5. 辻村有記2nd EP「Snowflakes」クリスマスイヴにリリース決定!

辻村有記2nd EP「Snowflakes」クリスマスイヴにリリース決定!



辻村有記が2nd EP「Snowflakes」をクリスマスイヴの12月24日にリリース

昨今では、ARASHI、NEWS、Hey! Say! JUMPへの楽曲提供、世界的なエンターテインメント集団“白A”の海外公演テーマソングへの楽曲提供や歌詞提供などで確実にサウンドクリエイト、サウンドプロデュースのスキルも増大させ、別名義のプロジェクトであるFox.i.eでは海外へのアプローチに絞り、アーティストとのコライトワーク、シンガーとのコラボレーション、アーティストへの楽曲提供を行ってきている辻村有記。

その辻村有記が冬のアンセムとなる楽曲を収録した2nd EP「Snowflakes」をクリスマスイヴの12月24日にリリースすることが決定した。
今作の2nd EP「Snowflakes」は辻村有記としては、約1年ぶりのEPリリースとなる。
「冬」をテーマに今、辻村が描きたいものを出し尽くして書き上げた4曲入りのEP。

この1年の間、自身のソロ活動においては時間をかけてゆっくり一つ一つの音と向き合ってきた意欲作であり、前作『POP』で作り上げた辻村有記のサウンドメイクを更に進化させていったものでもある。



Q;indiviの及川リンとフィーチャリング

表題曲である「Snowflakes」、ラストを飾る「Sweet Sweet」では、Q;indiviのメンバーである及川リンをフィーチャリングしており、辻村のボーカルと及川リンのボーカルが絡み合う楽曲になっている。両者共に、唯一無二な声を持つボーカリストであり、その両者の見事なまでの声の共演には是非ともご注目いただきたい。

本作の収録楽曲のテーマは、本人曰く、“強さと弱さを兼ね備えた楽曲群” “音の上で踊る言葉を思い浮かべた” “寒空の下、ふと一人になって、ちょっぴり寂しくなってなんとも言えない切なさを味わった時に包み込めるような楽曲” “踊って泣いて笑顔になれるような楽曲”とのことだ。
アートワークは、ミックスメディアプロダクションCOSMICLABに所属し、日本とタイを往来して活動するデザイナーのQOTAROOが担当。QOTAROOのアートディレクションのもと、香川在住で、フラワーアーティストの丸川愛とのコラボレーション。丸川愛の作品をQOTAROOが今作のアートワークとしてデザインしたもの。

辻村有記が先々の目標として掲げているものは、「音楽のテーマパーク」を作りあげること。本作はその夢に向けての“冬”をテーマにした渾身のアプローチであり、1つのピースと言える。

EP「Snowflakes」を是非お聞きください!

辻村有記の表現する冬が、届いていく。それが笑顔や幸せに変わる。そんな魔法を今作では体験できるに違いない。
なお、SoundCloudでは表題曲となっている「Snowflakes(feat.Rin Oikawa)」のショートヴァージョンを視聴することが出来る。


2018年の冬のアンセムと言える、EP「Snowflakes」を是非とも聴いていただきたい。

1988年3月12日生まれ。兵庫県出身。 2016年8月9日、9年間(2007年~2016年)の活動をもって解散した「HaKU」のフロントマン。 解散後すぐさまサウンドクリエーターとして表現したい音楽を模索しながら音源制作をはじめる。 彼のルーツミュージックのひとつ、北欧音楽に触れ自身の音楽制作を···

このニュースへのレビュー

このニュースへのレビューを書いてみませんか?

このニュースへのレビューを投稿

  • ※レビューは全角500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつのニュースに1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約

YouTube2,800万回再生!告う…

NormCore、おるたなChanne…