1. 歌詞検索UtaTen
  2. ニュース
  3. J-POP
  4. The Chemical Brothers
  5. ダンスロックを確立!! デビュー20周年のケミカル・ブラザーズの新アルバムから新曲「アンダー・ネオン・ライツ」が解禁!!

ダンスロックを確立!! デビュー20周年のケミカル・ブラザーズの新アルバムから新曲「アンダー・ネオン・ライツ」が解禁!!



1990年代にダンス・ミュージックとロックをクロスオーヴァーさせ、「ダンス・ロック」というジャンルを確立させた“ダンス・ロックの王者”ケミカル・ブラザーズ。ダンス・ロックというジャンルのアーティストでありながらも、これまでグラミー賞を4度受賞し、世界売上枚数1,300万枚を誇るビッグ・アーティストだ。
掲載歌詞の一覧へJUMP

そんな彼らが、デビューより20周年となるアニバーサリー・イヤーである今年の7月に、約5年ぶりとなるニュー・アルバム『ボーン・イン・ザ・エコーズ』を発売することが決定!アルバムからの1stシングル「ゴー (feat. Qティップ)」と「サムタイムス・アイ・フィール・ソー・ディザーテッド」の2曲に続き、3曲目となる「アンダー・ネオン・ライツ」が音源解禁された。この曲は、アメリカ・ニューヨーク出身の人気シンガー・ソングライター、 セイント・ヴィンセントことアニー・エリン・クラークをフィーチャリングしており、女性ヴォーカルが際立つ1曲となっている。



なお、ケミカル・ブラザーズは、日本最大級の音楽フェスティバル=SUMMER SONIC 2015に初出演することが決定している。SUMMER SONICへの出演はキャリア史上実は以外にも初のことにも関わらず、ヘッドライナー出演を果たす。7月発売のアルバムをチェックの上で、8月のSUMMER SONIC 2015にぜひ挑んで頂きたい。



■商品情報

ケミカル・ブラザーズ『ボーン・イン・ザ・エコーズ』

2015年7月17日(金)世界同時発売

・国内盤:UICW-10004/2,450円(税抜)/ボーナス・トラック1曲収録&歌詞・対訳・解説・Perfect Ultra Biography付!

・デジタル配信:予約注文受付中!https://itunes.apple.com/jp/album/born-in-the-echoes/id987575974



トラックリスト:

1. Sometimes I Feel So Deserted / サムタイムス・アイ・フィール・ソー・ディザーテッド

2. Go / ゴー

3. Under Neon Lights / アンダー・ネオン・ライツ

4. EML Ritual / EMLリチュアル

5. I'll See You There / アイル・シー・ユー・ゼアー

6. Just Band / ジャスト・バング

7. Reflexion / リフレクション

8. Taste Of Honey / テイスト・オブ・ハニー

9. Born In The Echoes / ボーン・イン・ザ・エコーズ

10. Radiate / レディエイト

11. Wide Open / ワイド・オープン

12. Direct Buki / 直接的武器(ダイレクト・ブキ) ★

13. Let Us Build A City / レット・アス・ビルド・ア・シティー ☆

14. Wo Ha / ウォー・ハ ☆

15. Go (Extended Mix) / ゴー(エクステンデッド・ミックス)☆

16. Reflexion (Extended Mix) / リフレクション(エクステンデッド・ミックス)☆

★日本盤ボーナス・トラック

☆海外デラックス・エディション・ボーナス・トラック

※豪華feat.アーティストたち!

トラック2:Q-Tip、トラック3:St. Vincent、トラック4:Ali Love、トラック9:Cate Le Bon、トラック11:Beck



■プロフィール

ケミカル・ブラザーズは、デビュー以来、ロックとダンス・ミュージックを繋ぐ架け橋としての役割を大きく担ってきたパイオニアであり、斬新なビート・センスと先進的なトラック・メイクで数多くのヒット作を世に送り出し、ダンス系ミュージシャンとしては異例の好セールスを記録してきた。

今やダンス・ミュージック界を代表するデュオでありながら、ライヴなどの活動も精力的にこなしている。ビート重視のダンス・ミュージックがチャートを占める中、ダンス・ミュージックの概念を壊し、ロック・ミュージックと融合させることにより、ビート重視でのダンス・ミュージックでは味合うことのできない、ロックならではの臨場感を味合うことのできる新しいダンス・ミュージックを構築。その革新的な音楽性により、その後出てきた様々なグループに多大なる影響を与えてきた。

また、様々なアーティストとのコラボレーションやリミックスを手がけるなど、精力的に活動。そんな彼らの魅力のうちの一つは、そのライヴ・パフォーマンス。爆音で奏でられる音楽と光やスモークなどで緻密に練られたライヴは、一度見たら誰もが決して忘れることはできないだろう。日本ではフジロックフェスティバルのヘッドラインを務めたり、多くのCMに楽曲が起用されるなど、日本でもその人気は高い。そんな彼らが2015年、サマーソニック出演で久しぶりに日本に戻って来る!


■リンク
・1stシングル「ゴー」ミュージック・ビデオ


・「アンダー・ネオン・ライツ」オーディオ


・日本公式サイト
http://chems.jp

・海外公式サイト
http://thechemicalbrothers.com

・SUMMER SONIC 2015公式サイト
http://www.summersonic.com/2015/
★ユニバーサルインターナショナル 最新情報はこちらから!

http://www.universal-music.co.jp/u-pop/

★ユニバーサルインターナショナル 
Twitter
https://twitter.com/UNIVERSAL_INTER
facebook
http://www.facebook.com/um.inter

The Chemical Brothers 掲載歌詞の一覧へ

このニュースへのレビュー

このニュースへのレビューを書いてみませんか?

このニュースへのレビューを投稿

  • ※レビューは全角500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつのニュースに1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約

The Chemical Brothers Profile

The Chemical Brothers 公式サイト

女王蜂が孫悟空に!?新EP『失神』の”…

武井 咲が宙に浮く!? 降谷建志ソロ…