1. 歌詞検索UtaTen
  2. ニュース
  3. J-POP
  4. ゴスペラーズ
  5. ゴスペラーズ、36都市40公演開催の全国ツアー千秋楽!

ゴスペラーズ、36都市40公演開催の全国ツアー千秋楽!



アルバム『What The World Needs Now』ツアー

ゴスペラーズが2月23日に開催した苗場プリンスホテル ブリザーディウム公演で昨年10月19日からスタートさせ、約7万人を動員した全国ツアー「ゴスペラーズ坂ツアー2018〜2019 “What The World Needs Now”」が千秋楽を迎えた。

【雨が曲の印象を引き立てる!】ゴスペラーズ新曲『ヒカリ』MV公開!土砂降りの雨の中、ゴスペラーズ5人が熱唱!

世界的プロデューサーBryan-Michael Cox & Patrick “J. Que” Smithとタッグを組んで制作されたアルバム『What The World Needs Now』を引っさげ開催された本ツアー。

"世界には、ハーモニーが足りない。"

ステージが暗転するとバックライトの光を浴び、シルエット姿のメンバーが浮かび上がる。昨年2月に意見広告として掲載された「世界には、ハーモニーが足りない。」という声が会場に鳴り響くとバックライトが消え、メンバーがステージの高みに姿を見せた。

村上てつやの「苗場、お待たせ」の声に客席も歓声で応え、『In This Room』でライブはスタート、めくるめくフォーメーションを変えるステージングが人気のセクシーなアッパーチューン「パスワード」へと繋いでいく。

自己紹介の後のMCでは、千秋楽となる苗場公演が全国の映画館36館にライブ・ビューイングされていることに触れ、各地の映画館への呼びかけを行った。途中、突然ジャケットを全員脱いでライブ・ビューイングのカメラにアピールを始めるなど、楽しげなムードで会場をピースフルに盛り上げた。

アルバム収録曲『Sweetest Angel』『Ashes』『DON’T LEAVE ME NOW』を立て続けに披露し、アルバムの楽曲制作に携わったMayu Wakisaka、竹本健一との出会いやエピソード、Bryan-Michael Cox & Patrick “J. Que” Smithが来日した際の出来事を語った。


多重録音機材のルーパーを使用する『RIDIN’ HIGH』、アカペラナンバーの『星屑の街』『ひとり』を歌い上げ、『永遠(とわ)に』の作曲者である妹尾 武を迎え『まっすぐな橋』をピアノ伴奏で披露した。

そしてステージはアコースティックコーナーへ。最新アルバム収録の『Goodbye』、ソプラノサックスが奏でるメロディーと爽やかなアレンジが施された『約束の季節』、4月24日にDVDリリースもされる映画「母さんがどんなに僕を嫌いでも」の主題歌『Seven Seas Journey』へと繋いでいく。

アルバムのテーマカラーでもあるピンクのスーツに衣装を替えた5人は、「Hiding Place」「NOTHING」「Right by you」「アンジュナ」とメロウなナンバーを畳み掛けていく。

客席からも大合唱が

MCで後半戦のテーマを“とにかく明るい後半戦”にすることをドラムロールに合わせ発表し、その宣言通り『for U』『It’s Alright 〜君といるだけで〜』で客席はクラップが鳴り響き、『Vol.』は歌い出した瞬間から大合唱が巻き起こる。

『太陽の5人』ではメンバーも笑顔でソウルステップを踏み、ライブで大盛りあがりとなる『1, 2, 3 for 5』で会場のボルテージは最高潮を迎えた。
「今までたくさんの出会いから力を得て、僕たちは歩き続けて来られました。」と客席に感謝の気持ちを伝え、『永遠(とわ)に』を歌い始める。

エンディングではメンバー全員がマイクスタンドにマイクを置いたまま前に歩き出し、生声でハーモニーを奏で、客席からはこの日一番の歓声が巻き起り、『永遠(とわ)に』を一緒に制作したBryan-Michael Cox & Patrick “J. Que” Smithと16年ぶりにタッグを組んだ楽曲『ヒカリ』で本編を締めくくった。

メンバーの感謝の言葉

アンコールはメジャーデビュー15周年の時に制作された『ラヴ・ノーツ』でスタート。

バンドメンバーを送り出したあと、
「最高の千秋楽でした!(酒井雄二)」
「皆さんの歌声がほんとすごかったです!(北山陽一)」
「40公演思いっきり歌えました!(黒沢 薫)」
「1公演でも多くの皆さんと会える時間を増やせますように(安岡 優)」
「もうすぐ25周年という時間を与えてくれた皆さんに感謝しています(村上てつや)」と一人ずつ感謝の言葉を伝える。

ラストナンバーは『epilogue』。アルバムタイトルで“今、世界に足りないものは?”と問いかけ、ゴスペラーズが出した答えは“ハーモニー”とアカペラで歌い上げる。歌い終えると観客はスタンディングオベーションでメンバーを見送り、全40公演に及んだ全国ツアーは千秋楽を迎えた。

「ゴスフェス」開催決定!

メジャーデビュー25周年イヤーに突入したゴスペラーズは3月20日にグループ初となるトリビュートアルバム『The Gospellers 25th Anniversary tribute 「BOYS meet HARMONY」』をリリース、

6月22日、23日にはゴスペラーズ主催のコラボレーションライブフェス「ゴスフェス」の開催も決定している。

「ゴスペラーズ坂ツアー2018〜2019 “What The World Needs Now”」

新潟・苗場プリンスホテル ブリザーディウム セットリスト
01. W2N2
02. In This Room
03. パスワード
04. Sweetest Angel
05. Ashes

06. DON'T LEAVE ME NOW
07. DAWN 〜夜明け〜
08. RIDIN' HIGH
09. 星屑の街
10. ひとり

11. まっすぐな橋
12. Goodbye
13. 約束の季節
14. Seven Seas Journey
15. Hiding Place

16. NOTHING
17. Right by you
18. アンジュナ
19. for U
20. It's Alright 〜君といるだけで〜

21. Vol.
22. 太陽の5人
23. 1,2,3for5
24. 永遠(とわ)に
25. ヒカリ

[ ENCORE ]
01. ラヴ・ノーツ
02. epilogue

ゴスペラーズ 最新情報

リリース情報

●2019年3月20日 Release
The Gospellers 25th Anniversary tribute
『BOYS meet HARMONY』

価格:2,500円(税抜)
品番:KSCL-3136(初仕様あり) 

[参加アーティスト](全9組・五十音順・敬称略)
COLOR CREATION、XOX、Creepy Nuts、SIRUP、SOLIDEMO、Da-iCE、FlowBack、港カヲル from グループ魂、UNIONE(ユニオネ)

【収録曲】
01. 永遠に / SIRUP
02. ミモザ / COLOR CREATION
03. 新大阪 / Da-iCE
04. 熱帯夜 / UNIONE(ユニオネ)
05. ポーカーフェイス / Creepy Nuts
06. 星降る夜のシンフォニー / FlowBack
07. 月光 / XOX
08. 星屑の街 / SOLIDEMO
09. ひとり / 港カヲル from グループ魂

ドラマ情報

金曜8時のドラマ「執事 西園寺の名推理2」
放送日:2019年4月19日スタート・毎週金曜夜8時放送

[出演]
上川隆也、佐藤二朗、浅利陽介、森永悠希、平山祐介、池谷のぶえ 、里見浩太朗(特別出演)、観月ありさ、古谷一行、吉行和子
▷公式ホームページ

イベント情報

●ゴスペラーズ 25th Anniversary tribute live ~BOYS meet HARMONY~

日程:2019年3月25日(月)
時間:開場 17:30 / 開演 18:30
会場:Zepp DiverCity(Tokyo)
出演:ゴスペラーズ、COLOR CREATION、XOX、SIRUP、SOLIDEMO、FlowBack、UNIONE(ユニオネ)、and more (五十音順・敬称略)

【チケット一般発売】
2019年1月26日(土)午前10:00〜

【お問い合わせ先】
ディスクガレージ
050-5533-0888(平日12:00~19:00)




●ゴスペラーズ 25th Anniversary “ゴスフェス"

日程:2019年6月22日(土)
時間:開場 17:30 / 開演 18:30

日程:2019年6月23日(日)
時間:開場 16:30 / 開演 17:30

会場:東京国際フォーラム ホールA

【チケット一般発売】
2019年4月21日(日)午前10:00

【お問い合わせ先】
ディスクガレージ
050-5533-0888(平日12:00~19:00)

出演者:ゴスペラーズ
6月22日 ゲスト出演者:加藤登紀子、佐藤善雄、妹尾 武、TOKU、藤井フミヤ、May J.、and more… (五十音順・敬称略)
6月23日 ゲスト出演者:佐藤善雄、TOKU、広末涼子、RHYMESTER、Little Glee Monster、and more…(五十音順・敬称略)

AKB48 待望の新作シングル「ジワる…

TUBE春畑道哉、音楽雑誌「Playe…