1. 歌詞検索UtaTen
  2. ニュース
  3. J-POP
  4. 半﨑美子
  5. 半崎美子、最後の卒業生6名に歌のエール!今月末閉校の北海道共和高校卒業式でサプライズライブ

半崎美子、最後の卒業生6名に歌のエール!今月末閉校の北海道共和高校卒業式でサプライズライブ



最後の卒業生6名に歌のエール

シンガーソングライター半崎美子が、3月1日、3月末で閉校となる北海道共和高等学校「卒業式」で、サプライズコンサートを行い、最後の卒業生6名に歌のエールを贈った。

【検索、問い合わせランキング1位!】この春、いちばん気になるアーティスト半崎美子!

このコンサートは、半崎自身で立ち上げた「半崎美子が、あなたの学校へ歌いに行きます!2019年春 ~旅立ち」プロジェクトに応募のあった100校を超える学校の中から、プロジェクト実施校の第3弾として開催された。

閉校しても、心に残るように

閉校にあたり、学校は無くなっても、生徒たち、同窓生の心に残り、心の故郷として残り続けて欲しいという願いを込めて、「希望の桜」と名付けられた、桜の記念植樹が行われており、半崎美子が同名の楽曲を歌っていることを知った、教頭が、ぜひ最後の卒業式で歌ってほしいと応募、今回のコンサートが実現した。

半崎美子が登場すると、記念植樹と同名の楽曲『希望の桜』を、弾き語りで披露。

想いの込もったコメントたち


「(卒業生の)皆さんの言葉から出ていたように、やっぱり最後に残る気持ちは、感謝の気持ちなんだと感じました。今日卒業を迎えるにあたって、最後に残った、その感謝の気持ち。人は生きて行けば生きて行くほど、感謝の根っこが深く伸びて行くんだと思います。

何かを乗り越えた時も、最後に残る気持ちは、感謝の気持ちなんだと思います。今日は、皆さんに「感謝の根」という曲をお届けします。」
というMCに続いて『感謝の根』が歌われた。

卒業生の生徒代表は、
「半崎さんの曲をよく聴いていたので、今日は生で歌声が聴けて嬉しかったです。「希望の桜」や「感謝の根」の歌詞は、今後、自分たちが生活して行く上で、とても大事なものになると思うので、大切にして行きたいです。」とコメント。


「3月9日」が卒業ソングとして愛される理由


まだまだプロジェクトは続く!


「半﨑美子が、あなたの学校へ歌いに行きます!2019年春 ~旅立ち」プロジェクトは、応募を終了しているが、応募の中から、プロジェクト実施校は、まだまだ増える予定とのこと。

また、半崎美子は、4th Single『母へ』(5月8日発売)のリリースも決定している。ぜひ、チェックを。

このニュースへのレビュー

このニュースへのレビューを書いてみませんか?

このニュースへのレビューを投稿

  • ※レビューは全角500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつのニュースに1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約

有吉×吉田が初タッグ!!女性に関するあ…

全国ツアーを開始したフジファブリック!…