1. 歌詞検索UtaTen
  2. ニュース
  3. 洋楽
  4. Queen
  5. クイーンを描いた映画『ボヘミアン・ラプソディ』にグッチ裕三ら興奮!

クイーンを描いた映画『ボヘミアン・ラプソディ』にグッチ裕三ら興奮!



グッチ裕三、モト冬樹らが歓喜!



ロックバンド、クイーンのボーカル、フレディ・マーキュリーの生涯を描いた映画『ボヘミアン・ラプソディ』のブルーレイ&デジタル配信を記念して、17日に東京でイベント『ボヘミアン・ラプソディ"ライヴ・エイド完全版" フェス in JAPAN』が行われた。



ゲストにタレントのグッチ裕三、モト冬樹、山田菜々と、お笑い芸人のスベリ―杉田が登壇、クイーンへの熱い思いを語った。



「第91回アカデミー賞」では4部門を受賞、興行収入は128億円を突破と、公開から圧倒的な評価を得た『ボヘミアン・ラプソディ』。

今回リリースされるブルーレイでは、劇場では観られなかったライヴ・エイド完全版(本編未収録の2曲を追加した21分 ver.)の他、豪華特典を収録と、クイーンのファンのみならず、映画ファンにとっても貴重なコレクターズアイテムとなっている。

ちなみにイベントが行われた4月17日は、1975年にクイーンが初来日を果たした日であり、日本記念日協会が「クイーンの日」と認定している。



フレディ・マーキュリーとブライアン・メイが登場!?



会場を盛り上げたスベリ―杉田

スベリ―・マーキュリーことお笑い芸人、スベリ―杉田は、この映画のヒットで様々な劇場の応援上映会に呼ばれるようになったとホクホク顔。この日もフレディ・マーキュリーさながらのパフォーマンスで会場を盛り上げた。



グッチ裕三の思いの残る出演

一方、かつてNHKの番組『ハッチポッチステーション』でフレディ・マーキュリーをマネて「犬のおまわりさん」を「ボヘミアン・ラプソディ―」のハーモニーにのせて歌い、当時話題となったことのあるグッチは「おかっぱ頭だったんだけど、それがピンカラ兄弟みたいで…」と若干思いの残る出演だった様子。



その状況と比較して杉田の姿に「いいね!それ、胸毛は自前?」などとコメント、会場を沸かせる。



会場を笑いで包んだモト冬樹

他方でその杉田の格好に「フレディは悲しんでると思うよ」などと茶々を入れていたモトは、クイーンのギタリストであるブライアン・メイを意識したロングヘア―のカツラ姿にギターを抱え、20世紀フォックス映画のオープニングテーマを弾きながら登場。



自身の姿をまんざらでもないと気に入った表情の一方で「あー毛がうるさい」などと自虐ギャグを発し笑いを誘う。



そんな二人に対して「デュオでやってみては?」などと声を掛けられると、モトは「ネタがすくねえな…出っ歯とハゲネタで行こうか?」などとまたも自虐コメントし、会場を沸かせていた。

モト冬樹 楽曲を絶賛




クイーン再燃

75年の初来日時からクイーンのことを知っているというグッチだったが、こうして映画でクイーンが改めてクローズアップされていることに対し「僕たちはバンドやっていて、リアルタイムで(彼らのことを)知っているけど、まさかこんなに(今)火が付くとは思えなかった」と改めてクイーンの再燃ぶりに驚いた様子。



再燃により若い世代に向けたコミュニケーションが図れるバンドでは?という問いに関してモトは「クイーンの曲って、古い、新しいじゃない、“クイーン”の曲なんだよ」とそのオリジナリティを賞賛。



グッチも改めて「普通のロックに比べてクラッシック、オペラがバックグラウンドにある。だから品のいいサウンドが響くんだよね」と自身の印象を明かす。



 また「映画に飛び入りできるとしたら?」といった質問を投げかけられると、グッチは「おこがましくてできないよ!とんでもない」と謙遜。



一方で「あと、レコーディング風景良かったね。こうやって作ったんだなって」とモトが感慨深く映画を振り返っていると「俺なんかは、喧嘩しているシーンとか…俺たちもよく揉めたよね」などとボケを入れ、笑いを誘っていた。



一方父の影響でクイーンに魅せられたといい、今日も現地に「『RADIO GA GA』(クイーンのヒット曲の一つ)を聴きながら来た」と、イベントへの意気込み十分で会場に来たと語る山田は、劇中での見どころとなる。



旧ウェンブリー・スタジアムで行われたチャリティー・イベント『ライヴエイド』のシーンでの感動を回想する一方で「子供が生まれたときに、(映画を)絶対一緒に見たい!」と将来への思いを語っていた。



また、この日は伝説のライヴ・エイド来場者8万人超えに挑戦すべく、「#届けドンドンパッ」というハッシュタグでのツイートを広く募集する「We Will Rock You チャレンジ」(4月5日より開催)の結果発表を実施。イベントの配信閲覧者などを加え、総計は12万を超え、見事にチャレンジ成功を果たした。



作品名:『ボヘミアン・ラプソディ』
セル&デジタル配信リリース:4月17日
<セル>
『ボヘミアン・ラプソディ 2枚組ブルーレイ&DVD』 \4,700+税
『ボヘミアン・ラプソディ <4K ULTRA HD + 2D ブルーレイ/2枚組>』 \6,990+税
『ボヘミアン・ラプソディ』 DVD \3,800+税

Text&Photo 桂伸也

イギリス・ロンドン発のロックバンドQueen。 ボーカル兼ピアノ担当のフレディ・マーキュリー、ギター担当のブライアン・メイ、ベース担当のジョン・ディーコン、ドラム担当のロジャー・テイラーの男性4人組バンド。 デビューは1973年。メンバー全員が作詞作曲ができ、様々な楽器を使いこなす事···

このニュースへのレビュー

このニュースへのレビューを書いてみませんか?

このニュースへのレビューを投稿

  • ※レビューは全角500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつのニュースに1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約

甲田まひるa.k.a.Mappy ミュ…

THE ALFEE ニューアルバムと恒…