1. 歌詞検索UtaTen
  2. ニュース
  3. バンド
  4. 神はサイコロを振らない
  5. 福岡発!4人組気鋭のロックバンド"神はサイコロを振らない" Mini Album『ラムダに対する見解』をリリース!

福岡発!4人組気鋭のロックバンド"神はサイコロを振らない" Mini Album『ラムダに対する見解』をリリース!



リード楽曲『アノニマス』MVフル視聴スタート!

2015年に福岡で結成された、4人組気鋭のロックバンド「神はサイコロを振らない」が、5月22日(水)にMini Album『ラムダに対する見解』をリリースした。

【注目のバンド!】神はサイコロを振らない、初のLIVE MV『極彩』を公開!

アルバムタイトルは、物理学者アルベルト・アインシュタインの発表した方程式の中に、「Λラムダ」を追加した点が、最大の過ちだったとアインシュタイン自身が語っていたが、後にそれが重要な発見を証明する為の理論の根幹を担っていることが分かったという逸話から派生したタイトル。


先日発表された、メンバー4人の手を重ね合わせ「脳」を表現しているアートワークにも注目が集まる中、リード楽曲『アノニマス』のMusic Videoのフル視聴が本日よりスタートした。

MVの監督を務めるのは、BUMP OF CHICKEN、THEE MICHELLE GUN ELEPHANT、the HIATUS、TK from凛として時雨、ストレイテナーの作品など、数々の著名アーティストの作品で奇才を放ってきた番場秀一。

神はサイコロを振らないの4人が楽曲に込めたメッセージを見事に映像化している。

結成の地でワンマンライブも!


また、今作『ラムダに対する見解』は、パッケージだけではなく、ダウンロード、ストリーミング配信サービスも含め同時リリースとなっている。

なお、全箇所ワンマンで行われるLive Tour 2019 “ラムダに対する見解”は、6月28日(金)から名古屋を皮切りに、大阪、東京、そしてバンド結成の地である福岡の4都市で開催される。

東京公演は自身最大規模となるWWW X、ファイナル公演は福岡を活動の拠点としていた時期のホームグラウンドQueblickにて開催。

自身初の作品『秋明菊(シュウメイギク)』を発表以降、確実にファンベースを増やし続け、ライブシーンのど真ん中で経験値を重ねてきた彼らの新譜は必聴!レコ発ワンマンは必見!



MVは最高にクールな仕上がりに!

<UtaTen編集部からのコメント>
福岡発の注目のバンド「神はサイコロを振らない」。

バンド名のインパクトがすごくて気になっていたのですが、実はこの名前の由来、結構しっかりと意味があってかっこいいんです!!気になった方は是非彼らのアーティスト情報からご確認ください♪

福岡発、4人組ロックバンド。 Vocal柳田周作、Guitar吉田喜一 、Bass桐木岳貢、Drums黒川亮介 全作詞作曲を手掛けるリーダー・柳田周作は、宮崎県で生まれ、祖母から買い与えられたアコースティック・ギターを手に、5歳で初めての曲をつくったという、早熟の天才肌。 弾き語りのネット配信···


今回、ミニアルバムのリード曲となった『アノニマス』のMVが解禁されましたね!クールな映像と始まりの語り、そしてサビでのエモい盛り上がり方がなんともかっこいいです!

個人的には楽器陣のラストを締めくくる演奏が熱くてオススメなので、是非最後まで見てくださいね!



福岡発、4人組ロックバンド。 Vocal柳田周作、Guitar吉田喜一 、Bass桐木岳貢、Drums黒川亮介 全作詞作曲を手掛けるリーダー・柳田周作は、宮崎県で生まれ、祖母から買い与えられたアコースティック・ギターを手に、5歳で初めての曲をつくったという、早熟の天才肌。 弾き語りのネット配信···

このニュースへのレビュー

このニュースへのレビューを書いてみませんか?

このニュースへのレビューを投稿

  • ※レビューは全角500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつのニュースに1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約

大原櫻子、5周年記念ツアーがスタート!…

ミュージック・ジャパンTV「ぐるぐるト…