1. 歌詞検索UtaTen
  2. ニュース
  3. J-POP
  4. 折坂悠太
  5. 折坂悠太、即完売のワンマンライブ、内容が決定!京都で撮ったライブ映像2曲も公開!

折坂悠太、即完売のワンマンライブ、内容が決定!京都で撮ったライブ映像2曲も公開!



"折坂悠太 Oneman Live 2019"内容発表

昨年リリースした最新アルバム『平成』がCDショップ大賞を受賞するなど各所で高い評価を受け、最近ではシングル作品『抱擁』のリリースでも話題を集めている折坂悠太。

今回、今月末より行われる"折坂悠太 Oneman Live 2019"の内容が発表となった。

【MVをみる】新しいビートと歌の調和、折坂悠太「平成」

キネマ倶楽部で5月30日、31日の2DAYSで行われる東京公演は、東京を拠点に活動するメンバーから構成される「折坂悠太(合奏)」、UMEDA SHANGRI-LAで6月1日に行われる大阪公演は、京都を拠点に活躍するメンバーと共に新たに始動させた特別編成「折坂悠太(重奏)」で出演する。

チケットはいずれの公演も既にソールドアウトしている。

ライブ映像2曲公開

また、イベント内容の発表に伴い、「折坂悠太(重奏)」のライブ映像が公開となった。

今回発表となったのは、重奏メンバーであるsenoo ricky(Dr./Cho.)、yatchi(Pf.)、宮田あずみ(Cb.)を迎え全く新しいアレンジに生まれ変わった過去の人気曲「道」と、完全新曲「荼毘」の2曲。

初の遠征で訪れた地、京都

折坂が音楽を始めて以来、初の遠征で訪れたのが京都の地であり、中でも多く足を運び、刺激を受けたライブハウスである木屋町UrBANGUILDを舞台に撮影を行った。



監督は台風クラブの山本啓太、録音・ミックスはテニスコーツ、空間現代、ゑでぃまぁこんを手がけたことなどでも知られる西川文章。

折坂悠太コメント

今回の発表に際して下記、折坂悠太のコメント。

京都は初めて遠征に訪れた地です。ここで出会う、人・うた・街角は、よそから来た僕にそっと、塗り重ねられた命の気配を知らせてくれるのです。この地に脈々と流れる河の、そのほとりに立つ表現者に力添えいただき、(重奏)が動き出しました。

6月1日、梅田シャングリラで会いましょう。応援よろしくお願いします。

折坂悠太


精力的にライブ活動を

なお、折坂悠太(重奏)は新しくメンバーにギタリストの山内弘太を加え、ワンマン以降も7月6日(土)に行われる岐阜の音楽フェス"OUR FAVORITE THINGS"に出演、今後もライブを行っていく予定だ。

折坂悠太 - 道 live recording at UrBANGUILD


折坂悠太 - 荼毘 live recording at UrBANGUILD




世界各地の音楽吸収、次は京都で

<UtaTen編集部からのコメント>
ルーツ・ミュージックに新たな息吹を与え、世代もジャンルも超越した歌を響かせるアーティスト、折坂悠太。宇多田ヒカルがフェイバリットに挙げるなど、注目され、平成の終わりにまさに「平成」というタイトル曲で高評価を得ましたね。

残念ながら、ワンマンはすでにソールドアウト!
今回公開された京都拠点に活躍するメンバーと京都のライブハウスで撮影されたMVで、折坂悠太の世界を堪能して下さい。

平成元年、鳥取生まれのシンガーソングライター。 幼少期をロシアやイランで過ごし、帰国後は千葉県に移る。2013年よりギター弾き語りでライヴ活動を開始。 2014年、自主製作ミニアルバム『あけぼの』を発表。 2015年、レーベル『のろしレコード』の立ち上げに参加。 2016年には自主1stアルバム···

このニュースへのレビュー

このニュースへのレビューを書いてみませんか?

このニュースへのレビューを投稿

  • ※レビューは全角500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつのニュースに1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約

折坂悠太 最新情報

リリース情報

アーティスト:折坂悠太
タイトル:抱擁(7inch Analog)
リリース:2019年6月5日
定価:1600円+税
品番:ORSK-007

side A: 抱擁
side B: 櫂

配信各社URL



ライブ情報

"折坂悠太 Oneman Live 2019"

東京  5/30(木) 東京キネマ倶楽部 SOLD OUT
東京  5/31(金) 東京キネマ倶楽部 SOLD OUT
大阪  6/1(土) UMEDA SHANGRI-LA SOLD OUT


"OUR FAVORITE THINGS"

7/6(土) 岐阜県 河川環境楽園
open 17:00 / start 17:00
出演:折坂悠太(重奏)、VIDEOTAPEMUSIC、HALFBY
詳しくはこちら

折坂悠太 Profile

平成元年、鳥取生まれのシンガーソングライター。
幼少期をロシアやイランで過ごし、帰国後は千葉県に移る。2013年よりギター弾き語りでライヴ活動を開始。
2014年、自主製作ミニアルバム『あけぼの』を発表。
2015年、レーベル『のろしレコード』の立ち上げに参加。
2016年には自主1stアルバム『たむけ』をリリース。その後は合奏(バンド)編成でのライヴも行う。
2017年8月18日には、合奏編成にて初のワンマンライヴとなる「合奏わんまん」を代官山 晴れたら空に豆まいてにて行い、チケットは完売。同日より合奏編成で録音した会場限定盤「なつのべ live recording H29.07.02」を販売開始する。
2018年1月17日、合奏編成による初のスタジオ作EP「ざわめき」をリリースする。
2018年2月より半年かけて、全国23箇所で弾き語り投げ銭ツアーを敢行し話題を集め、FUJI ROCK FESTIVAL 2018、RISING SUN ROCK FESTIVAL 2018 in EZO、New Acoustic Campなど夏フェスにも多数出演することが決定する。そして、10月3日に最新作『平成』をリリースする。

独特の歌唱法にして、ブルーズ、民族音楽、ジャズなどにも通じたセンスを持ち合わせながら、それをポップスとして消化した稀有なシンガー。その音楽性とライヴパフォーマンスから、宇多田ヒカル、ゴンチチ、後藤正文(ASIAN KUNG-FU GENERATION)、伊集院光、小山田壮平(ex: andymori)、坂口恭平、寺尾紗穂らより賛辞を受ける。

折坂悠太うえぶ(Official Web):http://orisakayuta.jp/
折坂悠太(Twitter):@madon36(http://twitter.com/madon36
折坂悠太いんふぉ(Twitter):@orisakayuta(http://twitter.com/orisakayuta
折坂悠太ふぉと(Instagram):@orisakayuta(http://instagram.com/orisakayuta

モンパチの曲がモチーフの映画から誕生し…

m-floの新曲「STRSTRK」は全…