1. 歌詞検索UtaTen
  2. ニュース
  3. バンド
  4. 眩暈SIREN
  5. 眩暈SIREN、全国ツアーファイナルで新曲『滲む錆色/紫陽花』リリースを発表!

眩暈SIREN、全国ツアーファイナルで新曲『滲む錆色/紫陽花』リリースを発表!



バンド史上最大規模ライブ開催!

眩暈SIRENの全国ツアー『夕立ち TOUR2019』のファイナル公演、バンド史上最大規模となるワンマンライブが5月31日(金)、恵比寿LIQUIDROOMで行われた。



今回のツアーは今年2月にリリースしたメジャーデビューシングル『夕立ち』を携えて、4月より全国8都市で開催されたもの。
◀◀ 眩暈SIREN 歌詞 一覧を見る

『滲む錆色/紫陽花』リリース!

ライブ後、今月配信リリースした新曲「紫陽花」を加えた両A面ニューシングル『滲む錆色/紫陽花』が今夏にリリースすることもサプライズ発表された。リリース詳細は追って後日発表されるとのこと。




音へのアプローチ歌詞が興味深い!

<UtaTen編集部からのコメント>
激しいサウンドの中に京寺が、歌詞を描き表現する世界観を拡げている眩暈SIREN。音作りのアプローチが非常に豊かで、注目したいバンドです。試しに、ぜひミニAL「六花」収録に収録された「偽物の宴」から触れてみるのをおすすめします。

イントロから、心地よいギターの音が響き、優しい歌声で歌い拡げる世界観は「現代の中で生きる悩み」。輪を乱すことなく、周りに合わせていきているそんな方にこそ、特に共感のできる世界のように思います。また、時々聞こえてるピアノサウンドが儚くも心地よく耳に残る。この音があるから楽曲全体を締めてくれる、そんな風に感じる楽曲です。
ちなみに、この曲はMVも公開されているので、ぜひご覧ください!
「偽物の宴」動画・レビューページ

《メンバー》 Vo. 京寺 Gt. オオサワ レイ Ba. 森田 康介 Piano&Vo. ウエノルカ Dr. NARA 2012年に福岡で結成された5人組ロックバンド。Vo. 京寺の描く厭世的な歌詞の世界観とバンドの直情的で激しいトラックが、日常の閉塞感や息苦しさ、それを覆う無力感を表現している。 夢も希望···

このニュースへのレビュー

このニュースへのレビューを書いてみませんか?

このニュースへのレビューを投稿

  • ※レビューは全角500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつのニュースに1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約

山川豊が新曲の舞台「石神さん」にて、フ…

黒羽麻璃央、初の連ドラ・映画主演で友人…