1. 歌詞検索UtaTen
  2. ニュース
  3. バンド
  4. RADWIMPS
  5. RAD、全国ツアー初のスタジアム単独公演に7万超のオーディエンスが熱狂!

RAD、全国ツアー初のスタジアム単独公演に7万超のオーディエンスが熱狂!



RADWIMPS スタジアムツアースタート!

RADWIMPSが6月22日、23日に千葉・ZOZOマリンスタジアムにて初のスタジアム単独公演を開催した。2日間合わせて約7万人超のオーディエンスが記念碑的なライブを目撃した。

RADWIMPSは6月8日の長野・ビッグハット公演から全国ツアー「ANTI ANTI GENERATION TOUR 2019」をスタートさせており、その序盤に大きな山場を迎えた格好である。ツアー中なので詳細なセットリストの記載は伏せるが、ここでは初日の模様をレポートする。


3万7千人のオーディエンスの歓声


梅雨前線の影響により関東地方は朝から雨模様だったが、16時30分の開場時間を迎えたころにはすっかり晴れ間がのぞいていた。

18時の定刻を10分ほどすぎたときに会場のBGMが止まり、1曲目を飾るSEがスタジアムに鳴り響く。メンバーがステージに登場すると3万7千人のオーディエンスが歓声を上げながら、ダイナミックなビートにハンドクラップを合わせる。

ステージの壁面には巨大なLEDビジョンが設置され、カラフルなモーショングラフィックが映し出されている。

野田洋次郎(Vocal/Guitar/Piano)が「準備はできているかい!?」と声を挙げ、サポートの森瑞希と刄田綴色のツインドラムを擁する5人編成のアンサンブルは一気にドライブしていく。

野田のみならず、桑原彰(Guitar)と武田祐介(Bass)も大きなステージを自由に動き回りアグレッシブなプレイでオーディエンスを惹きつけていく。


RAD初のスタジアムライブ


「初めてのワンマンのスタジアムライブです。完売御礼! 今日は何かが起こりそうじゃないですか!?」最初のMCで野田はそう咆哮した。

実際にRADWIMPSにとって初のスタジアムライブは冒頭からずっと特別なムードが会場全体を覆っていた。

特に近年のRADWIMPSがスタジアムにふさわしいスケール感に満ちた音楽性と演奏力を誇っていることを証明するパフォーマンスが、終始繰り広げられていったのである。

メンバーとオーディエンスが力強く呼応し、合唱が巻き起こった「万歳千唱」。ダークな様相を呈しながらもスタジアム特有の開放感とともにセンセーショナルな楽曲の内容がより生々しく迫ってきた「PAPARAZZI」。

あるいは野田が指揮を執りメンバーの超絶的なソロバトルが交わされることでおなじみの「おしゃかしゃま」も、その響き方はいつも以上に圧倒的だった。

映画『天気の子』サウンドトラックを製作


そう、野田はこんなことも言っていた。「雨、止んだでしょう? やっぱり俺たちには天気の子がついてるんですよ!」

これは言うまでもなく、『君の名は。』に続き再び劇伴=サウンドトラック制作を担当しタッグを組むことになった新海誠監督の最新作『天気の子』(7月19日より全国公開)になぞらえた発言だが、事実、この日の空模様とライブの内容はあまりにドラマティックだった。

そして、バンドは『天気の子』の予告編でも使用されている主題歌の一つ「愛にできることはまだあるかい」も披露。それは、優しさと厳しさを等しく内包した、どこまでも人間的でありながら神秘的でもある壮大なバラードだった。

この歌も含めて、『天気の子』の封切りと同時にリリースされる同名のサウンドトラックの全貌が、映画の内容とともにあきらかになる。

RADWIMPSの「ANTI ANTI GENERATION TOUR 2019」はまだまだ続く。

『天気の子』最新映像・予報②(120秒)


<映画「天気の子」作品詳細>
作品名:『天気の子』
公開日:7月19日(金) 全国東宝系公開
原作・脚本・監督:新海誠
音楽:RADWIMPS
声の出演:醍醐虎汰朗 森七菜
キャラクターデザイン:田中将賀
作画監督:田村篤
美術監督:滝口比呂志
製作:「天気の子」製作委員会
制作プロデュース:STORY inc.
制作:コミックス・ウェーブ・フィルム
配給:東宝
○c2019「天気の子」製作委員会
https://www.tenkinoko.com/

<『天気の子』イントロダクション>
全世界待望 ― 新海誠監督 最新作
今や、世界的に注目されるアニメーション監督・新海誠。
叙情的な男女の物語を、美しい色彩と繊細な言葉で紡ぎ出す“新海ワールド”は、国内外問わず多くの人々に支持され、生み出された作品は高く評価されてきた。そして、前作『君の名は。』から3年 ― 待望の最新作が、ついに始動する。

これは、僕と彼女だけが知っている、世界の秘密についての物語
新作『天気の子』は、天候の調和が狂っていく時代に、運命に翻弄される少年と少女が自らの生き方を「選択」するストーリー。東京にやってきた家出少年・帆高が出会った、不思議な力を持つ少女・陽菜。ふたりの恋の物語は、美しく、切なく、新たな時代を迎えるあらゆる世代、そして全世界へのメッセージとして描かれる。
声の出演として、主人公・帆高に醍醐虎汰朗、ヒロイン・陽菜に森七菜が決定。2000人を超えるオーディションの中から選ばれた2人の声に注目が集まる。そして、「愛にできることはまだあるかい」ほか複数の主題歌を含む全ての音楽を担当するのはRADWIMPS。その“詩(うた)”は、登場する人々の心に寄り添いながらも、時に観る者との架け橋となり、大きな感動をもたらす。2019年夏、世界はアニメーション映画の新たな境地を目撃する。

『君の名は。』作品情報
【成績】
国内観客動員:1928万人(2018年12月時点) 
国内興行収入:250.3億円(2018年12月時点)邦画興行収入歴代ランキング2位 ※興行通信社調べ
全世界興行収入:約400億円 ※東宝調べ2018年12月時点
        週末映画ランキング7冠(日本・台湾・香港・タイ・中国・韓国・ベトナム)
【主な受賞歴】
第20回文化庁メディア芸術祭アニメーション部門大賞
第40回日本アカデミー賞優秀アニメーション作品賞/優秀監督賞/最優秀脚本賞/最優秀音楽賞
第59回ブルーリボン賞 特別賞
第71回毎日映画コンクールアニメーション映画賞
第41回報知映画賞 特別賞
第29回日刊スポーツ映画大賞・石原裕次郎賞 監督賞
第26回日本映画批評家大賞 アニメ部門 監督賞
第49回シッチェス・カタロニア国際映画祭アニメーション部門最優秀長編作品賞
第42回ロサンゼルス映画批評家協会賞アニメ映画賞

Photo by Takeshi Yao



いつも以上に熱いライブに!

<UtaTen編集部からのコメント>
6/22、6/23にRADでは初のスタジアム単独公演が開催され、2日間あわせてなんと7万人超えのファンが参加しました。これまでにない大きさの会場であるにも関わらず、RADのメンバーはいつも以上にアグレッシブで熱いライブを繰り広げてくれましたね!

RADのライブでは毎回恒例となっている「おしゃかしゃま」での武田さんと桑原さんを中心としたメンバーのソロ演奏の掛け合いも、いつも以上に熱くスタジアムに響き渡り、大いに会場を盛り上げてくれました!

また、この日の空模様に自身がサントラを担当した「天気の子」をなぞらえた発言がドラマチックでかっこよすぎますね!「天気の子」の公開と同時にリリースとなるサントラにも注目です!

RADWIMPSは、Vocal/Guitarの野田洋次郎、Guitarの桑原彰、Bassの武田祐介、Drumの山口智史の四人組バンド(2015年9月頃から山口は持病の悪化のため休養開始). 結成は2001年のことで野田が友人であった桑原にボーカルとして誘われたところから始まる。 シングルは今までに22作品、アルバムは8作品を···

このニュースへのレビュー

このニュースへのレビューを書いてみませんか?

このニュースへのレビューを投稿

  • ※レビューは全角500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつのニュースに1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約

m-floが、新曲ラブソング『EKTO…

あの名曲を藤巻亮太がカバー!『ウイスキ…