1. 歌詞検索UtaTen
  2. ニュース
  3. バンド
  4. インコグニート
  5. インコグニート結成40周年!テイク6、フィル・ペリーをゲストに3年ぶり新作

インコグニート結成40周年!テイク6、フィル・ペリーをゲストに3年ぶり新作



結成40周年で豪華ゲストを招いた新作

結成40周年!テイク6、フィル・ペリーといった新たなゲスト陣を招き、インコグニートの3年ぶり新作!!

いつの間にか万人の身体を揺らしてしまう鉄壁のグルーヴに極上のヴェルヴェット・ヴォイスをフィーチャー!

更に大規模な来日ツアーも決定!!まさに40周年記念イヤー!!

結成40周年記念作ということもあってか、日本で高い人気を誇るアカペラ・グループのテイク6、90年代初頭にソロで大成功を収めた実力派男性ソウル・シンガーのフィル・ペリーといった「初登場」の豪華ゲスト陣が目を引く。

キャリア/年齢層が上手くミックスされ脂の乗ったバック陣が、ソウルとジャズのブレンド具合が絶妙な熟成「オトナ」サウンドを軸に、若いリスナーをも引き込むような「同時代性」「アップリフティングさ」も兼ね備える。

ヴォーカル陣もゲストに負けじと5人を擁し、しかもロベルタ・ジェンティーレのようなヤング・タレントを抜擢し更なるレヴェル・アップを促す。 

他ゲスト:メイザ・リーク、マリオ・ビオンディ等



ライブ情報

INCOGNITO "40th Anniversary Celebration"
ブルーノート東京5デイズ含む東名阪に、 福岡も加えたまさに 40 周年記念ツアー!!

12/8(日) 名古屋ブルーノート
12/9(月) 梅田 CLUB QUATTRO (大阪)
12/11(水)~12/15(日) ブルーノート東京
12/16(月) FFG ホール (福岡)

お問い合わせ: ブルーノート・ジャパン

盟友、 ジャイルス・ピーターソンがA&Rを務めた [Talkin’ Loud] に誘われ、1991年に発表したサイド・エフェクト「Always There」カヴァーは世界中のクラブでスマッシュ・ヒット。 その後もスティーヴィー・ワンダー「Don’ t You Worry’ Bout A Thing」カヴァー(1992)、「Still A Friend Of Mine···

このニュースへのレビュー

このニュースへのレビューを書いてみませんか?

このニュースへのレビューを投稿

  • ※レビューは全角500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつのニュースに1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約

インコグニート 最新情報

リリース情報

●2019年11月06日 リリース
TOMORROW'S NEW DREAM

価格:2,500円(税抜)
型番:PECF-3246
内容:CD

【CD収録内容】
1.Haze of summer f/ Joy Rose
2.For the love of you f/ Maysa, Phil Perry
3.The weather report f/Take 6
4.All for you f/ Maysa
5.Saturday Sirens
6.Shine f/ James Berkeley
7.Only a matter of time f/ Cherri V
8.Absent in spring f/ Roberta Gentile
9.After the beat is gone f/ James Berkeley
10.Still the one f/ Vanessa Haynes, Rega Dauna
11.Now that I’ ve found you f/ Imaani
12.Wake me f/ James Berkeley
13.No show f/ Mario Biondi
14.Say what’ s on your mind
15.Endless Rivers(日本盤ボーナストラック)

ライブ情報

●INCOGNITO "40th Anniversary Celebration"

12/8(日) 名古屋ブルーノート
12/9(月) 梅田 CLUB QUATTRO (大阪)
12/11(水)~12/15(日) ブルーノート東京
12/16(月) FFG ホール (福岡)

[問]ブルーノート・ジャパン

インコグニート Profile

盟友、 ジャイルス・ピーターソンがA&Rを務めた [Talkin’ Loud] に誘われ、1991年に発表したサイド・エフェクト「Always There」カヴァーは世界中のクラブでスマッシュ・ヒット。

その後もスティーヴィー・ワンダー「Don’ t You Worry’ Bout A Thing」カヴァー(1992)、「Still A Friend Of Mine」(1993)、「Morning Sun」 (2002)、ボズ・スキャッグス 「Lowdown」カヴァー(2010)などコンスタントにヒット曲を放つ、<アシッド・ジャズ>シーンを代表する存在で、現在も一年中世界各地をツアーして回る。

ブルーイは大の親日家で2000年以降ほぼ毎年来日、3.11直後(2011)は公演の合間を縫って東京でチャリティ・ソング、Love for Japan 「Love Will Find A Way」をレコーディングしたほど。

Perfume ベストAL収録最新曲「…

locofrank、 9/18発売のシ…