1. 歌詞検索UtaTen
  2. ニュース
  3. J-POP
  4. Superfly
  5. Superfly、デビュー年以来13年ぶりのライブハウスで限定500人を前にアルバム収録曲をパフォーマンス!

Superfly、デビュー年以来13年ぶりのライブハウスで限定500人を前にアルバム収録曲をパフォーマンス!



極小キャパシティでの開催

Superflyが、1/15(水)に6枚目ののオリジナルアルバム『0』のリリースを記念して、プレミアム・フリーライブを開催した。

Superflyは過去5作のオリジナルアルバムリリースごとにフリーライブを開催してきた。

6作目となる今回のアルバム発売日には、デビュー年2007年以来に出演するライブハウスでの極小キャパシティでの開催となった。

超人数限定の限定500人のみが抽選でライブ会場に参加することができるというプレミアムなフリーライブは、2019年9〜12月までに11万人を動員し全会場がSOLD OUTとなったSuperflyのライブを目の前で見ることができるという超貴重なイベントとなった。

ライブハウスならではの距離



ライブハウスの観客とWEB生配信での視聴者が待ちわびる中、2019年のアリーナツアーでも使用されたオープニング楽曲が流れると、Superflyが登場し大きな歓声が上がる。

1曲目「Ambitious」が終わると、「ぎゅうぎゅうですね、皆さん」と久しぶりに立つライブハウスでの距離感への感想をコメント。

つづく2曲目はこの日のライブで初披露となったこちらもアルバムに収録されている新曲「Gemstone」、そして映画『プロメア』の主題歌として話題となった「覚醒」とロックなナンバーが続き観客はヒートアップしていく。

MCで、「ポジティブな面に目を向けた明るいアルバムだと思う」とコメントし、続いては、2018年のNHK紅白歌合戦でも披露した「Gifts」。

その後はライブハウスならではの距離間を楽しむように目の前の観客とハイタッチをする一幕も。



そして最後は、NHK連続テレビ小説『スカーレット』の主題歌でおなじみとなっている「フレア」で締めた。



この日のイベントの後半はアルバム『0』についてのドキュメントVTRを経てトークライブへ。

MCの藤田琢己が登場。



トークライブではアルバムの制作について問われると、

「型にはまらずに自由に楽しみながら作った方が聴いてる方も楽しめるとおもったので、その時に感じた感動を曲に落とし込めればと思って作った」と語り、

タイトル『0』に込めた想いについて「心の状態がプラスでもマイナスでもない“ゼロ”の状態に近づくにつれいろんなインスピレーションが湧き、“ゼロ”という概念に可能性を感じた」と話すなど、

制作秘話や楽曲へ込めた想いをたっぷりと語り終演となった。



▷他のライブ画像はこちらから



PHOTO 神藤剛

Superfly New Album『0』リリース記念イベント

1.Ambitious
2.Gemstone
3.覚醒
4.Gifts
5.フレア
En.Bloom

越智 志帆(Ochi Shiho)1984.2.25生まれ。愛媛県出身。 2007年にシングル『ハロー・ハロー』でデビュー。2008年には1stアルバム『Superfly』をリリースし、オリコンアルバムランキング1位を記録。 以降、2ndアルバム『Box Emotions』(2009年)、3rdアルバム『Mind Travel』(2011年)、4thアルバ···

このニュースへのレビュー

このニュースへのレビューを書いてみませんか?

このニュースへのレビューを投稿

  • ※レビューは全角500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつのニュースに1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約

東方神起、新曲「まなざし」Music …

大橋トリオ、ニューアルバム「This …