1. 歌詞検索UtaTen
  2. ニュース
  3. J-POP
  4. ZARD
  5. ZARD 30周年記念、全篇フルオーケストラでのシンフォニックコンサート詳細発表!

ZARD 30周年記念、全篇フルオーケストラでのシンフォニックコンサート詳細発表!



初の全篇フルオーケストラ共演

2021年2月10日のデビュー30周年に向けてスタートした“ZARD 30周年YEAR”。

その記念企画として開催が発表されていたZARD初の全篇フルオーケストラ公演・シンフォニックコンサートの詳細が明らかになった。

【詳しく見るならこちら!】
【復活】2020年[ZARD]30周年YEAR記念企画!ライブツアー映像フルHD化47都道府県上映

ZARDは1999年に船上ライブ、2004年に全国ツアーを行い、坂井泉水が逝去した2007年以降は、坂井泉水のボーカルと映像がバンドの生演奏とシンクロしたライブ“What a beautiful memory”が開催されてきた。

しかし、全篇フルオーケストラとの共演は今回が初めてとなる。


まさに待望の開催!

2004年のツアーでは、大ヒットシングル「永遠」のオーケストラバージョンがオープニングSEとして使用されて好評を博した。

2019年の名探偵コナン・コンサートでは名探偵コナンのテーマ曲となった3曲が坂井泉水のボーカルとオーケストラのコラボにより披露され、会場を感動で包み込むなど、ZARD・永遠のスタンダード・ナンバーとシンフォニック・サウンドとの相性の良さは多くの人が知るところ。

今回の全篇フルオーケストラ公演は、まさに待望の開催と言える。

ここにしかない、至極の時間

本公演には、「少女の頃に戻ったみたいに」「かけがえのないもの」といった数多くのZARDのヒットシングルのほか、坂井泉水の未公開詞によるZARDのトリビュートバンド・SARD UNDERGROUNDの1stシングル「少しづつ 少しづつ」(読売テレビ・日本テレビ系全国ネット土曜よる6:00放送「名探偵コナン」エンディングテーマとして放送中)の作曲を手掛けた大野愛果がゲスト(ピアノ)として出演することも決定している。

坂井泉水のボーカルと映像、オーケストラの音色が生み出す、優しくてせつない、そしてあたたかく満ち足りた空間…ここにしかない、至極の時間を過ごすことができるに違いない。

開催概要

公演名称:billboard classics「ZARD 30th anniversary premium symphonic concert ~永遠~」
主催・企画制作:ビルボードジャパン ◆後援:米国ビルボード
チケット:11,000円(税込)(特製プログラム付き)

開催日程
(東京)
2020年5月2日(土) 
開演17:00 
東京文化会館 大ホール

2020年5月3日(日) 
開演14:00 
東京文化会館 大ホール

(西宮)
2020年6月13日(土) 
開演17:00 
兵庫県立芸術文化センター 大ホール

出演
指揮・編曲監修:山下康介
管弦楽:日本センチュリー交響楽団
ゲストアーティスト:大野愛果(ピアノ)

【チケット販売スケジュール】
ZARD mobile FC “WEZARD”有料会員先行:1/29(水)~2/11(火祝)
Musing 先行: 2/3(月)~2/11(火祝)
Club BBL会員先行:2/6(木)~2/18(火)
一般プレイガイド先行(抽選):2/17(月)~2/25(火)
一般プレイガイド先行(先着):2/28(金)~3/17(火)
一般販売:3/22(日)
詳しくはこちら 

【お問合せ】
東京:H.I.P. 03-3475-9999(月~金10:00~18:00、土日祝休)
兵庫:キョードーインフォメーション 0570-200-888

坂井泉水を中心としたユニット名。 6才からピアノを始める。大学卒業後、モデルエージェンシーに所属し活動。その後、音楽プロデューサー・長戸大幸と出会い、アーティストとして才能を見出されZARDを結成する。 1991年2月10日「Good-bye My Loneliness」でデビュー。現在までに45枚のシング···

このニュースへのレビュー

このニュースへのレビューを書いてみませんか?

このニュースへのレビューを投稿

  • ※レビューは全角500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつのニュースに1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約

足立佳奈、配信シングル「話がある」MV…

yonige、4/8にフルアルバムをリ…