1. 歌詞検索UtaTen
  2. ニュース
  3. J-POP
  4. スチャダラパー
  5. 【WORLD HAPPINESS 2015】大円団で終了!

【WORLD HAPPINESS 2015】大円団で終了!



過ぎて行く夏を感じさせる8月23日(日)。今年で8回目を数える東京・夢の島公園陸上競技場にて「WORLD HAPPINESS 2015」(以下「ワーハピ」)が開催された。

家族や友人たちと、あるいはあえて一人で参加した「音楽の楽しみ方を知っている人たち」はこの日、日本のロック・ポップスの歴史と未来を目の当たりにした。

Yellow Magic Orchestra(以下「YMO」)が与えた影響のもとで、さまざまな世代の才能が集結する奇跡を実感できた8時間。どのアクトも繋がりが感じられるラインナップだが、特にトリをつとめた高橋幸宏率いるMETAFIVEは、世界最先端の音楽として戦えるステージを披露してくれた。

ワーハピを、「大人の」「おしゃれでまったりとした」フェスだと評する声もある。とんでもない。ワーハピは世の中のフェスバブルのカウンターなのだ。そんな想いを感じさせる壮大な夏の一日となった。

●TRICERATOPS

開催8年目のワーハピならではの出演陣の層の厚さをのっけから感じさせてくれたのがTRICERATOPS。踊れるビートという意味ではキッズを沸かせるバンドの元祖。そして3ピースの真骨頂を見せるという意味では、今、最高に脂が乗っている存在だ。スウィ—トなラブソングを歌わせたら右に出るものナシの和田唱が「こんなオシャレなフェスで浮かないか、ちょっと心配」と意外な一言を漏らしていたものの、ラストでは誰もが知る名曲「Raspberry」で一気にフィールドを一つにし、オープナーの大役を果たしてくれた。

●Charisma.com
1番目のニュース画像です。
現役OLのエレクトロ・ラップ・ユニット、Charisma.com。DJゴンチが作るタフなトラックとMCいつかの働くオンナのリアル満載な高速ラップが、若者だけでなくYMO周辺好きのアラフォー、アラフィフ世代も熱狂させる。「夢の島ということですが、我々、皆さまにお分けする幸せを持ちあわせておりません」といういつかのMCに笑いが起こり、トレードマークの赤い脚立に登ってのパフォーマンスでもオーディエンスの目を釘付けに。

●SCANDAL

初出演陣が続く中でも、アメリカンロック的なスケール感さえ身につけた今のSCANDALには、ガールズバンドという形容もちょっと不似合いなぐらいだ。9/9リリースの新曲「Sisters!」はトライバルなビートが新鮮な女の子に向けたアンセムといったニュアンスだったし、切ない「会わないつもりの、元気でね」のたくましい8ビートなど、来年で結成10年を迎えるロックバンドの佇まいを見せつけた。

●野宮真貴withカジヒデキ

50年代風モノトーンボーダーのワンピースに、黒の手袋と釣り目のサングラス。「元祖渋谷系アイコン」野宮真貴がステージに登場し、名刺代わりの曲の一つ「東京は夜の7時」が始まった途端、会場の空気がガラリと変わった。右に立つ「永遠の半ズボン少年」カジヒデキのエヴァーグリーンなギターと相まって、夢の島に渋谷の風が吹き込まれたようだ。ロジャー・ニコルズ、フリッパーズ・ギター、カジヒデキ、小沢健二、ピチカートファイヴと、迷いのない完璧な選曲もオーディエンスを泣かせ、バックステージで聴いているであろう小山田圭吾に思いを寄せる往年のファンならではのマニアックな楽しみも添えてくれた。

●坂本真綾
2番目のニュース画像です。
ゆったりとした白い半袖ロングワンピースに、エアクッション入りのスニーカーという爽やかな出で立ち。バンドを従えて登場した坂本真綾は、意外にもデビュー20周年というベテランシンガーでもある。そしてして、その本職の一つが声優にもかかわらず、「しゃべってる暇がない」と、その際立つ歌声をたっぷりと披露した。特に、コーネリアスこと小山田圭吾との『攻殻機動隊ARISEシリーズ』でのコラボ曲「まだうごく」のライブ初演奏には、ファンから「素子ー」(前述アニメの主役・草薙素子/声・坂本真綾)の歓声も。ラストは彼女16歳のデビュー曲「約束はいらない」を披露し、このステージに立つ喜びを全身で表現した。

●土屋昌巳 [KA.F.KA]

今年のワーハピでひときわ異彩を放っていたのが、土屋昌巳率いるKA.F.KAだ。土屋のソリッドなギターが鳴り響いたとたん、会場の雰囲気がそれまでとは一変。ボーカルのIssayが「真夏の日中にもっとも似合わないバンドです」と自己紹介したが、ポスト・パンク/ニューウェイヴなサウンドを、そして、ロックという音楽が本来有するハードかつダークな側面を、ぞんぶんに見せつける圧巻のパフォーマンスだった。ラストナンバーであるJoy Divisionの「Transmission」が演奏されるころには、なんと(!)雲行きまでもが怪しくなっていた。

●筋肉少女帯
3番目のニュース画像です。
「暑苦しくてごめんなさーい。なんでお招きいただいたのかさっぱりわからないままにやってきましたー。強烈なアウェイ感を感じてますー」そんな大槻ケンヂのMCとともに登場した筋肉少女帯(筋少)。ごりごりのヘヴィメタ・サウンドに多少の戸惑いを覚えていたかもしれないオーディエンスも、大槻が十代の頃に勝手に歌詞を付けてコピーしていたというYMOの「ライディーン」が「ワーハピさんの粋な計らいによって」(大槻)初披露されるころには、筋少のワンマンライヴかと見紛うほどの盛り上がりに。確固たる演奏力と大槻の絶妙なトークに支えられたパーフェクトなエンターテインメント・ショーとして、夢の島全体を大いに賑わせた。

●スチャダラパー

いぶし銀のバンドが奏でるクールなトラックに乗って、しなやかなラップを繰り広げたのは4回目の出演となるスチャダラパー。あくまでも自然体なBOZEが淡々と導く「コール&レスポンス」に、会場の一体感とヴォルテージはあれよあれよという間に高まっていく。小沢健二との大ヒット曲「今夜はブギー・バック」や名曲「大人になっても」から、最新アルバムに収録されている「中庸平凡パンチ」や「A.K.A ETC」まで、30分という短時間ながら濃密なセットリストを披露してくれた。

●LOVE PSYCHEDELICO

陽がすっかり傾き、夢の島公園を涼しげな風が行き交い始めた頃合い。LOVE PSYCHEDELICOの演奏は、どことなく夏の終わりの潮騒を喚起させる、アコースティック・ギターのストロークが印象的な「Your Song」で始まった。ドラムスには「いつかいっしょにやれたらいいなと思ってた」(KUMI)と予てからの念願だったらしい、高橋幸宏。70年代テイストに溢れた、渋みと瑞々しさを併せ持つギターサウンド、自然と体が動いてしまう熟れたグルーヴ、そして、KUMIの透き通った歌声に、会場全体がスウィングする。これぞ「都市に生きる大人のためのロックンロール」なのかもしれない。

●Controversial Spark

常連の鈴木慶一は2013年につづいてControversial Spark(メンバーは元カーネーションの矢部浩志、栗コーダーカルテット等でも活躍する近藤研二、The Uranusの岩崎なおみ、そしてthe roomのkonore)。ソリッドなギターリフと少女っぽさを残したボーカルのギャップがユニークなkonoreをはじめ、この多世代バンドの世界のインディーロックと共振するセンスたるや。9/2に早くもリリースするニュー・ミニ・アルバム『angels of a Feather』から「眠る人」も披露し、慶一氏のこのバンドに注ぐ情熱を実感。

●clammbon

「なんか楽しそうなことやってるなあ」とワーハピをひそかに羨んでいたというクラムボンのオープニング・ナンバーは「シカゴ」。ピアノ・ベース・ドラムスというミニマルな編成でありながら、そのことを忘れさせてしまう高音圧・高密度なバンドサウンドと、原田郁子の唯一無二な歌世界が、夏の終わりの夕暮れ時@夢の島公園にとっておきの魔法をかける。雲の流れや空の色合いの変化までもが、彼らの音楽に呼応しているかのようだ。もし、夏と秋のあいだに季節の境界線というものがあるなら、この日のクラムボンを堪能しながら、はからずも踏み越えたのがそれだろう。

●POLYSICS

トリ前の重責を担ったのが、これまた初出演のPOLYSICS。年配世代には「DEVOを一つのルーツにしたバンド」というイメージで捉えられていたかもしれないが、それはオレンジのツナギとサングラス状のバイザーぐらいだったかも? 生音でテクノやポスト・パンク的なビートを続々叩き出し、時にガレージロックばりにギターを弾き倒すハヤシ、そして素っ頓狂な「トイス!」コールはフィールドを狂騒のダンス空間へ塗り替えた。

●METAFIVE

大トリは昨年に続いての出演となるMETAFIVE。高橋幸宏、小山田圭吾、砂原良徳、TOWA TEI、ゴンドウトモヒコ、LEO今井によるスーパーユニットが継続していること自体が奇跡だと幸宏氏もMCで述べていたが、「それはつまりアルバムを作ってるんですよ、というか来年出ます」というアナウンスにオーディエンスは歓喜の声を上げる。あらゆる音楽要素のエキスパートが世界で戦えるロック、ファンク、ダンスミュージックを今、鳴らしている興奮はYMOのメンバーである高橋幸宏を軸に、彼の影響を受けた世代が融合して作る音楽の連続性についても深い感銘をもたらしてくれた。ゲストで登場した鈴木慶一とのThe Beatniks「No Way Out」や土屋昌巳を迎えたアンコールでのYMOの「Cue」のアップデートされた演奏も、止むことのないラジカルさを表明していたのだから。

写真撮影:TEAM LIGHTSOME

<WORLD HAPPINESS 2015/セットリスト>

日時:2015年8月23日(日)

会場:東京:夢の島公園陸上競技場


1.TRICERATOPS

スターライト スターライト / GOING TO THE MOON / Shout! / FLY AWAY / Raspberry

2.Charisma.com

イイナヅケブルー / とんがりヤング / こんがらガール / HATE / お局ロック

3.SCANDAL

OVER DRIVE / love in action / Sisters / Stamp! / 会わないつもりの、元気でね

4.野宮真貴withカジヒデキ

東京は夜の七時 / Love So Fine / 雨降り都市 / SUMMER BEAUTY(ラテンでレッツ・ラブまたは 1990サマー・ビューティー計画) / ラ・ブーム / 僕らが旅に出る理由 / メッセージ・ソング

5.坂本真綾

DOWN TOWN / レプリカ / バイク / まだうごく / doreddo 39 / 約束はいらない

6.土屋昌巳(KA.F.KA)

Spider & Pirates (inst.) / Jack The Midnight / The Prisoner / Transmission

7.筋肉少女帯

イワンのばか / 日本印度化計画〜来るべき世界〜日本印度化計画 / 踊るダメ人間 / 釈迦

8.スチャダラパー

Quiet Village / ライツカメラアクション / A.K.A ETC / MORE FUN-KEY-WORD / GET UP AND DANCE / 今夜はブギー・バック(smooth rap) / 中庸平凡パンチ / 大人になっても / サマージャム

9.LOVE PSYCHEDELICO

Your song / Free world / This way / Last Smile / Lady Madonna / Freedom

10.Controversial Spark

Hello Mutants / Ex-Car / In June / 眠る人

11.clammbon

シカゴ / サラウンド / 以心電信 / GOLDWRAP / KANADE Dance / 波よせて / yet

12.POLYSICS

Introduction! / Buggie Technica / Beat Flash / How are you? / Let's ダバダバ / 怪獣殿下 ~古代怪獣ゴモラ登場~ / Dr Pepper!!!!! / シーラカンス イズ アンドロイド / Electric Surfin' Go Go

13.METAFIVE

School Of Thought / Radio / Split Spirit / No Way Out(w/鈴木慶一) / Don't Move / Maisie's Avenue / Turn Turn / Luv Pandemic (w/水原佑果) / Cue (w/土屋昌巳)

■公式HP
http://world-happiness.com/


【スターライト スターライト】の歌詞ページ
【お局ロック】の歌詞ページ
【イワンのばか'07】の歌詞ページ

このニュースへのレビュー

このニュースへのレビューを書いてみませんか?

このニュースへのレビューを投稿

  • ※レビューは全角500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつのニュースに1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約

スチャダラパー 最新情報

チケット最速先行受付開始!メロディフェアモバイル会員先行

受付時間:2/2(土)18:00〜2/6(水)18:00
▷メロディフェアモバイル会員先行発売

公演情報

●メロディフェア-春の発表会-
2019年 4月13日(土)
時間:OPEN 15:45 / START 16:30
出演:スチャダラパー、田島貴男(ORIGINAL LOVE)、D.A.N. 他
会場:日比谷野外大音楽堂

【チケット情報】
チケット一般発売日:2月23日(土)
前売:全席指定 6,000円(税込)
※4歳以上チケット必要、3歳以下膝上鑑賞可。ただし、座席が必要な場合はチケット必要。
※雨天決行・荒天中止

◎チケットぴあ 0570-02-9999
▷詳細はこちら Pコード:143-017
◎ローソンチケット 0570-084-003
▷詳細はこちら Lコード:72710
◎イープラス ▷詳細はこちら
◎LINE TICKET ▷詳細はこちら

主催:HOT STUFF PROMOTION
企画・制作:Melody fair Inc. / HOT STUFF PROMOTION
INFO:HOT STUFF 03-5720-9999
▷お問い合わせはこちら

スチャダラパー Profile

ANI、Bose、SHINCO の 3 人からなるラップグループ。1990 年にデビューし、1994 年『今夜はブギー・バック』が話題となる。

以来ヒップホップ最前線で、フレッシュな名曲を日夜作りつづけている。デビュー25 周年となる 2015 年にアルバム『1212』をリリース。

2016年に『スチャダラ 2016 ~LB 春まつり~』を開催し、ミニアルバム『あにしんぼう』をリリース。2017年に『ミクロボーイとマクロガール/スチャダラパーとEGO-WRAPPIN’』、『サマージャム 2020』の2曲を発売。

2018年4月8日(日)に日比谷野外大音楽堂で『スチャダラパー・シングス』を開催し、ライブ会場限定販売となる 4曲入り CD『スチャダラパー・シングス』を発売した。

▷オフィシャル HP
▷オフィシャル Instagram

筋肉少女帯 最新情報

リリース情報

●筋肉少女帯 メジャーデビュー30周年記念オリジナルNew Album『ザ・シサ』
2018年10月31日(水)発売

■初回限定盤A(CD+BD)TKCA-74724 ¥5,400(税込)

[収録曲]
01. セレブレーション
02. I,頭屋
03. 衝撃のアウトサイダー・アート
04. オカルト
05. ゾンビリバー ~ Row your boat
06. なぜ人を殺しちゃいけないのだろうか?
07. 宇宙の法則
08. マリリン・モンロー・リターンズ
09. ケンヂのズンドコ節
10. ネクスト・ジェネレーション
11. セレブレーションの視差
12. パララックスの視差

BD:「筋少動画02」
[月光蟲レコーディング風景や、MV撮影時のオフショット、さらには移動時やステージ裏でのシーン満載のライヴ映像など“レア映像流しっぱなし!90年代の記録”を収録]
・大槻ケンヂによる「筋少動画02」ライナーノーツ封入
・トレーディングカード1枚封入 *全10種のうち1種ランダム

■初回限定盤B(CD+DVD)TKCA-74725 ¥4,860(税込)
CD:初回限定盤Aと同一内容
DVD:初回限定盤Aと同一内容
・大槻ケンヂによる「筋少動画02」ライナーノーツ封入
・トレーディングカード1枚封入 *全10種のうち1種ランダム

■通常盤(CD) TKCA-74726 ¥3,240(税込)

CD:初回限定盤Aと同一内容
・トレーディングカード1枚封入 *全10種のうち1種ランダム

<応募特典>
筋肉少女帯メジャーデビュー30周年記念オリジナルNew Album『ザ・シサ』プレミアム応募特典
特賞:『筋少握手会』イベントご招待 (200名様)
2019年2月9日(土)午後帯 都内某所
A賞:『筋少フォトパネル』<指名メンバーの直筆サイン入り!>
※メンバーソロ4種より1種プレゼント[指名応募](30名様)

★筋肉少女帯 メジャーデビュー30周年記念 オリジナル New Album『ザ・シサ』サポートショップ オリジナル特典決定!
<ディスクユニオンオリジナル特典>
●ディスクユニオン各店(通販、オンライン含む)にて上記対象商品をご予約またはご購入の方に先着順にて
「 特製 オリジナル30thロゴ入り“御朱印帳風ノート”」をプレゼント!
【ご注意】一部、特典配布の対象外店舗もございます。

<Amazonオリジナル特典>
●Amazonにて上記対象商品をご予約またはご購入の方に先着順にて「メンバー複製サイン入り“ポストカード”」(予定)をプレゼント!
【ご注意】
・特典については数量に限りがございますので無くなり次第終了となります。
・Amazonにて既にご予約済みでも、そのままでは特典は付きません。特典付き商品をご希望されるお客様は、予約済み商品をキャンセルして頂き、特典付きカートから改めてのご注文をお願い致します。

<全国タワーレコードチェーンオリジナル特典>
●全国タワーレコ-ド各店舗及びタワーレコードONLINEにて上記対象商品をご予約またはご購入の方に先着順にて「 特製 オリジナル30thロゴ入り巾着(不織布製)」をプレゼント!

筋肉少女帯 Profile

■筋肉少女帯オフィシャルサイト
 http://eplus.jp/king-show
■徳間ジャパンコミュニケーションズ 筋肉少女帯INFORMATION
 http://www.tkma.co.jp/j_pop/King-Show/
■徳間ジャパンコミュニケーションズ 大槻ケンヂミステリ文庫INFORMATION
 http://www.tkma.co.jp/jpop_top/okemys.html
■緊急検証!オフィシャルサイト
 https://www.fami-geki.com/kinkyu/about.php

坂本真綾 最新情報

リリース情報

★New Single 「ハロー、ハロー」
2018.5.23 Release VTCL-35273 \1,300+税 

<収録曲>
1. ハロー、ハロー(TVアニメ「あまんちゅ!~あどばんす~」エンディングテーマ)
作詞・作曲:坂本真綾 編曲:渡辺善太郎
2. 月の話
作詞:坂本真綾 作・編曲:山本隆二
<ボーナストラック>
3. Million Clouds~acoustic live ver.~ (2017年6月4日 広島・嚴島神社にて収録)
作詞:坂本真綾 作曲:Frida Sundemo 編曲:河野 伸
4. ハロー、ハロー -Instrumental-
5. 月の話 -Instrumental- 

発売:フライングドッグ 販売:JVCケンウッド・ビクターエンタテインメント


◆TVアニメ『あまんちゅ!~あどばんす~』 番組情報
2018年4月放送開始!
AT-X 4月7日(土)23:00~
TOKYO MX 4月8日(日)23:00~
BS11 4月10日(火)23:00~  ※放送曜日・時間が変更になる場合があります。予めご了承ください。
公式サイト


★New Single 「CLEAR」 好評発売中
\1,300+税 VTCL-35268 
<収録曲>
1.CLEAR (TVアニメーション「カードキャプターさくら クリアカード編」オープニングテーマ)
作詞:坂本真綾 作曲:水野良樹 編曲:河野 伸
2.レコード
作詞:坂本真綾 作曲:堂島孝平 編曲:矢野博康
3.プラチナ~acoustic live ver.~ (2017年6月4日 広島・嚴島神社にて収録)
作詞:岩里祐穂 作曲:菅野よう子 編曲:河野伸
4.CLEAR -Instrumental-    5.レコード-Instrumental-


配信情報

坂本真綾、最新シングル「CLEAR」、主要配信サイトで配信中

iTunes Store

レコチョク

mora

(ハイレゾ)

◆TVアニメ『カードキャプターさくら クリアカード編』 番組情報
NHK Eテレにて 4月4日(水) 毎週水曜午後7:25~
公式サイト:http://ccsakura-official.com/


◆スマートフォン向けゲーム『Fate/Grand Order』第2部主題歌
「逆光」
作詞:坂本真綾 / 作曲:伊澤一葉
編曲:伊澤一葉・江口亮 / ストリングス編曲:伊澤一葉・江口亮・石塚徹
ANiuTaにて、独占先行配信中!!

坂本真綾 Profile

<PROFILE> 坂本 真綾(さかもとまあや)
東京都出身。8歳より子役として活躍。
シングル「約束はいらない」でCDデビュー以降、精力的に作品を発表。
瑞々しい歌声が高く評価されている。
2015年4月にはCDデビュー20周年を記念してLIVE“FOLLOW ME”@さいたまスーパーアリーナ、11月から2016年2月まではアルバム「FOLLOW ME UP」を携えて全国12都市15公演のLIVEツアーを開催。2017年11~12月ミュージカル「ダディ・ロング・レッグズ~足ながおじさんより~」(ジルーシャ役)、2018年1月はシアタークリエ10周年記念コンサート「TENTH」(「この森で、天使はバスを降りた」パーシー役)に出演。声優、エッセイ執筆、ラジオパーソナリティーなど、多方面で活動。
日本国内のみならず世界各国のファンから支持を受ける。

・オフィシャルサイト「I.D.」 http://www.jvcmusic.co.jp/maaya/
・レギュラーラジオ bayfm「ビタミンM」毎週金曜日25時30分より
・連載 月刊ニュータイプ「坂本真綾の満腹論」(毎号、劇団イヌカレーのイラストとコラボ)

クラムボン Profile

福岡出身の原田郁子(vocal,keyboard)、東京出身のミト(bass,guitar,composer)、 北海道出
身の伊藤大助(drums)が音楽の専門学校で出会い、1995 年にバンド『クラムボン』を結成。
シングル『はなれ ばなれ』で 1999 年にメジャーデビュー。当初よりバンド活動と並行して、
各メンバーのソロ活動、別ユニット、別バンド、楽曲提供、プロデュース、客演、執筆活動な
ど、ボーダレスに活動を続けている。
2003 年に自身らの事務所『tropical』を設立、また山梨県小淵沢にスタジオの制作、2010 年よ
りサウンドシステムを保有しライブハウス以外の会場で全国ツアーを開催。2015 年には結成 20
周年を迎え、9 枚目のオリジナルアルバム「triology」を発表し、キャリア初となる日本武道館
公演をおさめた。
2016 年より自身のレーベル「トロピカル」で『モメント e.p.』を発表。
ライブ会場限定で CD を販売しサイン会を行う全国ツアーを開催。そこで流通を介さず活動に賛
同してくれる店舗への直接販売を開始する。
2017 年『モメント e.p. 2』、2018 年『モメント e.p. 3』と続き、ジャンル問わずの約 300 店舗
にまで広がりを見せており、現在も販売店舗を募集中。
今年はメジャーデビュー20 年周年を記念してワーナーミュージックよりリリースした初期作品
をアナログで連続リリース中。FUJI ROCK FESTIVAL などの夏フェスにも出演。
サブスクリプション配信限定にて「モメント l.p.」を 7 月にリリース。
公式サイト

POLYSICS 最新情報

リリース情報

2019年4月3日(水) 発売
◎POLYSICS
『Part of me / Frame On』

◎The Vocoders
『Part of me / Mandolin Girl』

ライブ情報

●POLYSICS

【2019年】
3月30日(土) 代々木 Zher the ZOO(ワンマン)
4月14日(日) 心斎橋 BIGCAT
4月24日(水) 京都 磔磔(ワンマン)
4月25日(木) 神戸 太陽と虎

●The Vocoders a.k.a. POLYSICS

【2019年】
3月24日(日) 名古屋 IMAIKE GO NOW 2019
3月25日(月) 大阪 digmeout ART & DINER(ワンマン)
3月29日(金) 代々木Zher the ZOO(ワンマン)
4月18日(木) 静岡UHU(ワンマン)
4月20日(土) 宇都宮マツガミネコーヒービルヂング(ワンマン)
5月11日(土) 仙台カフェモーツァルト(ワンマン)
5月17日(金) 原宿ストロボカフェ(ワンマン)

POLYSICS Profile

【メンバー】
ハヤシ ヒロユキ:Guitar, Voice, Synthesizer, Programming
フミ:Bass, Voice, Synthesizer
ヤノ マサシ:Drums, Voice
ナカムラ リョウ:Guitar, Voice, Synthesizer

【プロフィール】
1997年、アメリカのNew Waveバンド“DEVO”に憧れたハヤシが高校生の時に結成。バンド名の由来は、KORGのシンセサイザー“POLYSIX”から。

全員揃いのツナギにバイザーという奇抜な出で立ちに加え特異なパフォーマンスと、爆音ギターとシンセやヴォコーダーなどのコンピューターミュージックを融合させた唯一無二のサウンドで一躍注目を浴びる。

1999年にアルバム『1st P』でインディーデビュー。2000年にはマキシ・シングル『XCT』でキューンレコードからメジャーデビュー。

2003年にはアメリカで『NEU』をリリースし海外での活動を本格化。毎年コンスタントにツアーを行い、海外ライブのトータル本数は250本以上。国内外合わせて年間100本以上のライブを行い、認知度も高まる。

2010年3月、メジャーデビュー10周年を記念し、日本武道館にて初ワンマンライブを開催。このライブをもってVo.,シンセサイザーのカヨが卒業、バンドは活動休止に入る。

2010年8月、ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2010のGRASS STAGEに、ハヤシ・フミ・ヤノの3人体制のPOLYSICSとして登場。新たなスタートを切る。

2012年3月3日、SHIBUYA-AXでのワンマンライブにて通算1000本目のライブを迎え、続く3月4日のワンマンライブでは15周年を迎えた。

2015年に2日で100曲演奏するというライブ「ウルトラチャレンジ OR DIE!!! ~燃えろ!クアトロ地獄!2日で100曲カブリ無し!!!~」を決行、さらに翌2016年には1日で100曲ライブ「20周年まであと1年!!! ~まだまだやるで無茶なこと!!! 1日100曲かましたる!!!~」を開催するなど、振り切ったライブで話題となる。

2017年3月、豊洲PITにて開催されたワンマンライブ「20周年 OR DIE!!! All Time POLYSICS!!!」にて20周年を迎えた。
10月14日TSUTAYA O-EASTにて開催されたPOLYMPIC 2017 FINAL!!!!から新メンバーであるナカムラ リョウ(Guitar,Voice,Synthesizer)を迎え、4人体制となる。

11月29日に通算15枚目となるフルアルバム『That’s Fantastic!』をリリース、年明けから全国22か所をまわるツアーPOLYSICS結成20周年記念TOUR“That's Fantastic!”~Hello! We are New POLYSICS!!!!~を開催予定。

▷Official HP 
▷Blog 
▷Twitter 
▷Facebook
▷Instagram 

SCANDAL 最新情報

SCANDAL 最新リリース情報

●2019年3月27日 リリース!
Single『マスターピース/まばたき』


★通常盤
価格:1,000円(税抜)


★初回限定盤A
価格:1,800円(税抜)
内容:CD+雑誌


★初回限定盤B
価格:3,500(税抜)
内容:CD+GOODS(Tシャツ/Lサイズ)

※雑誌:”her” Magazine (全36P)
※Tシャツ:『マスターピース / まばたき』ジャケット写真プリントTシャツ

【収録曲】
01. マスターピース
02. まばたき
03. マスターピース(Instrumental) ※通常盤のみ収録

▷3月27日(水)より主要ダウンロードサイト、サブスクリプションサービスでも配信予定。


《特典詳細》
◎早期予約特典
対象チェーン店、および、ショッピングサイトにて受付期間中にご予約いただいた方に、A4クリアファイルをプレゼント致します。

[期間]
2019年1月25日(金)21:00~
2019年3月10日(日)23:59
※店舗は各店の閉店時間まで

◎チェーン別オリジナル購入特典
下記チェーン店、および、ショッピングサイトにてSCANDAL ニューシングル『マスターピース / まばたき』を、お買い上げの方に、下記特典を先着でプレゼント致します。各特典ともに数に限りがございますので、お早めにご予約・お買い求め下さい。(パターンA~Dの詳細はHPで発表します)

・TOWER RECORDS 全国各店
・TOWER RECORDS ONLINE
→B2ポスター

・HMV全国各店
・HMV & BOOKS online
→A4クリアファイル(パターンA)

・TSUTAYA RECORDS 全国各店
・TSUTAYA オンラインショッピング
→A4クリアファイル(パターンB)
※TSUTAYAオンラインショッピングは、ご予約分のみが対象です。

・WonderGOO/新星堂(一部店舗を除く)
・新星堂WonderGOO楽天市場店
→A4クリアファイル(パターンC)

・SCANDAL応援店
→A4クリアファイル(パターンD)
※店名は後日発表いたします。

・Amazon.co.jp
→三角柱カレンダー
※特典付き商品のカートがアップされます。特典をご要望のお客様は特典付き商品をお買い求め下さい。

ツアー情報

●SCANDAL TOUR 2019 "SCANDALの対バンツアー”
【東京公演】
2019年11月9日(土)
時間:開場 17:00 / 開演 18:00
会場:豊洲PIT

【大阪公演】
2019年11月17日(日)
時間:開場 17:00 / 開演 18:00 
会場:Zepp Osaka Bayside
※各会場、ゲストバンドは後日発表となります。

ライブ情報

8月10日(土) ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2019
8月18日(日) SUMMER SONIC 2019 OSAKA
9月 7日(土) TREASURE05X 2019
9月16日(月) KOYABU SONIC
9月20日(金) Veats Shibuya OPENING EVENT Colourful Records presents “Match Up”
9月27日(金) NASSYI FES. Presents CHARAMETAL BAND CHARAMEL Ghoul City TOUR 2019

SCANDAL Profile

2006年大阪・京橋で結成。

2008年『DOLL』でメジャーデビュー。翌年には『少女S』でレコード大賞新人賞受賞。

近年ではSCANDALの影響で楽器を始める女子も増え、10代女子を中心に絶大な人気を誇っている。

2015年SCANDAL史上最大世界9カ国41公演の初の単独ワールドツアーを行い、2016年8月に結成10周年を迎え、結成地大阪にて1万人を動員し野外コンサートを開催するなど、名実ともに日本を代表するガールズバンド。

▷SCANDAL オフィシャルサイト
▷SCANDAL オフィシャルTwitter
▷SCANDAL オフィシャルInstagram
▷SCANDAL オフィシャルYouTube Channel

LOVE PSYCHEDELICO 最新情報

リリース情報


■配信シングル 「Sally」
「Sally」LOVE PSYCHEDELICO
2018年12月5日(水)より、
iTunes Store、レコチョク、moraほか各音楽配信サイトおよびApple Music、dヒッツなど定額制聴き放題サービスで配信予定。

ライブ情報

LOVE PSYCHEDELICO Premium Acoustic Live “TWO OF US" Tour 2019

■2019年5月26日(日) 横浜・LANDMARK HALL
開場16:30 / 開演17:00
お問い合わせ:SOGO TOKYO 03-3405-9999 (月~土12:00~13:00 / 16:00~19:00 ※日曜/祝日を除く)
■2019年5月30日(木) 広島・JMSアステールプラザ中ホール
開場18:30 / 開演19:00
お問い合わせ:YUMEBANCHI(広島) 082-249-3571(平日11:00~19:00)
■2019年5月31日(金) 倉敷・倉敷市芸文館
開場18:30 / 開演19:00
お問い合わせ:YUMEBANCHI(岡山) 086-231-3531(平日11:00~19:00)
■2019年6月13日(木) 新潟・新潟市音楽文化会館
開場18:00 / 開演18:30
お問い合わせ:FOB新潟 025-229-5000(平日11:00~18:00)
■2019年6月21日(金) 札幌・道新ホール
開場18:30 / 開演19:00
お問い合わせ:WESS 011-614-9999(平日11:00~18:00)
■2019年6月26日(水) 名古屋・日本特殊陶業市民会館 ビレッジホール
開場18:30 / 開演19:00
お問い合わせ:ジェイルハウス 052-936-6041(平日11:00~19:00)
■2019年7月3日(水) 松山・松山市民会館 中ホール
開場18:30 / 開演19:00
お問い合わせ:デューク松山 089-947-3535 (平日10:00~18:00)
■2019年7月4日(木) 高知・高知県立美術館ホール
開場18:30 / 開演19:00
お問い合わせ:デューク高知 088-822-4488 (平日10:00~18:00)
■2019年7月15日(月/祝) 仙台・トークネットホール仙台(仙台市民会館) 小ホール
開場16:30 / 開演17:00
お問い合わせ:GIP 022-222-9999(24時間自動音声案内)
■2019年7月19日(金) 金沢・金沢市文化ホール
開場18:00 / 開演18:30
お問い合わせ:FOB金沢076-232-2424(平日11:00~18:00)
■2019年7月23日(火) 大阪・サンケイホールブリーゼ
開場18:30 / 開演19:00
お問い合わせ:YUMEBANCHI(大阪) 06-6341-3525(平日11:00~19:00)
■2019年7月24日(水) 大阪・サンケイホールブリーゼ
開場18:30 / 開演19:00
お問い合わせ:YUMEBANCHI(大阪) 06-6341-3525(平日11:00~19:00)
■2019年8月3日(土) 福岡・福岡国際会議場
開場16:30 / 開演17:00
お問い合わせ:BEA 092-712-4221(月~金11:00~18:00 第2・4土11:00~15:00)
■2019年8月4日(日) 大分・コンパルホール
開場16:30 / 開演17:00
お問い合わせ:BEA 092-712-4221(月~金11:00~18:00 第2・4土11:00~15:00)
■2019年8月30日(金) 熊本・くまもと森都心プラザ プラザホール
開場18:30 / 開演19:00
お問い合わせ:BEA 092-712-4221(月~金11:00~18:00 第2・4土11:00~15:00)
■2019年9月13日(金) 福島・福島テルサ FTホール
開場18:30 / 開演19:00
お問い合わせ:GIP 022-222-9999(24時間自動音声案内)
■2019年9月17日(火) 高松・サンポートホール高松 第1小ホール
開場18:30 / 開演19:00
お問い合わせ:デューク高松 087-822-2520(平日10:00~18:00)
■2019年9月24日(火) 東京・EX THEATER ROPPONGI
開場18:00 / 開演19:00
お問い合わせ:SOGO TOKYO 03-3405-9999 (月~土12:00~13:00 / 16:00~19:00 ※日曜/祝日を除く)
■2019年9月25日(水) 東京・EX THEATER ROPPONGI
開場18:00 / 開演19:00
お問い合わせ:SOGO TOKYO 03-3405-9999 (月~土12:00~13:00 / 16:00~19:00 ※日曜/祝日を除く)
■2019年9月29日(日) 静岡・アクトシティ浜松 中ホール
開場:16:30 / 開演:17:00
お問い合わせ:ジェイルハウス 052-936-6041(平日11:00~19:00)

•チケット料金:全席指定:\6,500(税込) ※横浜、東京公演のみ別途ドリンク代(\500)が必要となります。
•一般発売日:2019年3月16日(土)10:00~
•開場・開演時間は変更になる可能性がございます。予めご了承ください。
•3歳未満の方はご入場できません。また、3歳以上の方はお一人様1枚ずつチケットが必要になります。
•会場内への録音・録画機器の持込みは固くお断りいたします。また、会場内において撮影・録音・録画等の行為が発覚した合、即退場となります。
•チケットの発売状況につきましては各公演日のコンサートプロモーターまでお問合せください。

■LOVE PSYCHEDELICO 楽曲配信
【旧譜配信情報】
iTunes Store:
https://itunes.apple.com/jp/artist/love-psychedelico/id278673060?app=itunes&ls=1
レコチョク:
http://recochoku.jp/artist/2000000849/
mora:http://mora.jp/artist/6248/all
ほかApple Music、dヒッツなど定額制聴き放題サービスでも一部楽曲配信中
LOVE PSYCHEDELICO MUSIC VIDEOサブスクリプション好評配信中!
Apple Music:
https://itunes.apple.com/jp/artist/love-psychedelico/id278673060
dTV:https://video.dmkt-sp.jp/ft/b0003201

LOVE PSYCHEDELICO Profile

KUMIとNAOKIにより1997年結成。2000年4月21日、シングル『LADY MADONNA~憂鬱なるスパイダー~』でデビュー。2001年1月に発表された1stアルバム『THE GREATEST HITS』は200万枚、翌年2002年1月に発表された「LOVE PSYCHEDELIC ORCHESTRA」も100万枚を超え、2作連続ミリオンとなる驚異的なセールスを記録。現在までにシングル14枚、オリジナルアルバム7枚をリリース。

NAOKIの卓越したギターテクニックとKUMIのヴォーカルスタイルが、印象的なリフ、日本語と英語が自由に行き交う歌詞によって、LOVE PSYCHEDELICO独自の音楽スタイルを確立している。
2018年12月5日にクリスマス・ソング「Sally」を配信。
2019年5月より【LOVE PSYCHEDELICO Premium Acoustic Live “TWO OF US" Tour 2019】を開催する。

【オフィシャルリンク】
http://lovepsychedelico.net/
https://twitter.com/naoki_delico
Facabook https://ja-jp.facebook.com/LOVEPSYCHEDELICO.grapefruit/

Charisma.com 最新情報

セットリスト情報

01.りぼん
02.お局ロック
03.sodaiゴミのkoi
04.豚
05.999

06.とんがりヤング
07.Like it
08.ペインオフ
09.AUTOMADE
10.メンヘラブス

11.NOW Remix
12.等身大グレー
13.ジェンガジェンガ
14.LOOKER
15.ベルサッサ

16.OLHERO
17.グララ
18.not not me
19.黄昏各位
20.婿においで

21.Lunch time funk
22.スーパーガール
23.#hashdark
24.もや燃やして
25.こんがらガール

26.GEORGE
27.サプリミナル・ダイエット
28.イイナヅケブルー
29.100%ブービー
30.アラサードリーミン

<アンコール>

31.メキメキmore
32.HATE

リリース情報

アーティスト:
Charisma.com

タイトル:
Charisma.BEST (よみ:カリスマドットベスト)

発売日:
2018年01月10日

品番:WPCL-12818
価格:¥3,000(本体)+税

ワーナーミュージック・ジャパン/Atlantic Japan

CD1枚組
収録内容:
01.HATE 
02.サプリミナル・ダイエット 
03.GEORGE 04.Like it 
05.メンヘラブス 
06.イイナヅケブルー
07.もや燃やして 
08.#hashdark 
09.999 
10.Hello 2 
11.グララ(新録楽曲) 
12.やれよ。
13.Train HELL 
14.メキメキmore 
15.スーパーガール 
16.アラサードリーミン 
17.こんがらガール
18.お局ロック 
19.りぼん(新録楽曲)

<チェーン別オリジナル特典>
タワーレコード:特典DVD(
内容:ワンマンツアー2017「not not me」@2017.05.03 赤坂BLITZ)

amazon:
特典ポスター「アイ アイ シンドローム」2013年アーティスト写真 <サイズ B3>

HMV:
特典ポスター「OLest」2015年アーティスト写真 <サイズ B3>

TSUTAYA:
特典ポスター「愛泥C」2016年アーティスト写真 <サイズ B3>

ヴィレッジヴァンガード:
特典ポスター「unPOP」2016年アーティスト写真 <サイズ B3>

配信情報

アルバム配信日:2018年01月08日
iTunes限定トラック:iTunes Storeで「Charisma.BEST」をアルバム購入するとiTunes限定トラックとして「Hello 2〜Midnight Reboot ver.〜」、「豚」が特典ダウンロード。

Charisma.COM 「りぼん」 先行配信中
https://WarnerMusicJapan.lnk.to/charismaBEST

「Charisma.BEST」 iTunes Store
https://itunes.apple.com/jp/album/charisma-best/1314501784?app=itunes&at=10l6Y8

最新Muisc Video

Charisma.COM 「りぼん」 YouTube
ディレクター:サンナカニシ
https://youtu.be/EBrKbRDg9bg

WEBサイト

Charisma.com Info

Charisma.com Profile

2011年に結成。MCいつかとDJゴンチによる女性二人組ラップユニット。

You Tubeに投稿した動画が話題を呼び、2013年、ミニアルバム「アイアイシンドローム」にて現役OLラップユニットとしてデビュー。
ポップなビジュアルからは想像できない、MCいつかのスキルフルなラップフロウは、日常生活で生じるストレスを毒っ気溢れるリリックで描き、インパクトあるサウンドは、ジャンルを超えて好評を博す。

2015年、満を持してWarner Music Japan/Atlantic Japanよりメジャーデビューし、「OLest」(2015)、「愛泥C」(2016)の2枚のミニアルバムをリリース。

2016年11月にOLを引退。

2017年、幅広いジャンルのアーティストとコラボレーションを成立させたフルアルバム「not not me」をリリース。

2018年01月27日、Zepp Tokyoでのワンマンライブにて、DJ ゴンチがアーティスト活動から引退。無期限の活動休止となる。

■Charisma.com オフィシャルホームページ

Ray、TVアニメ「わかば*ガール」O…

松崎しげるプレゼンツ、「黒フェス~白黒…