1. 歌詞検索UtaTen
  2. ニュース
  3. J-POP
  4. Chelsy
  5. ガールズ・ロックバンドChelsy!! レコ発ワンマン大盛況で渋谷のライブハウスを埋め尽くす!!

ガールズ・ロックバンドChelsy!! レコ発ワンマン大盛況で渋谷のライブハウスを埋め尽くす!!



9月5日(土)、渋谷duo MUSIC EXCAHNGEに於いて行われたChelsyのレコ発ワンマンライブ「I’m here cause I miss you」は、大盛況のうちに幕を閉じた。
関連リンクへJUMP

先日、日比谷野外音楽堂で行われたSHOW-YA PRODUCE「NAONのYAON2015~SUMMER~」でのパフォーマンスが、大きな注目を浴びた彼女たち。その実力を証明した圧巻のライブは、アンコールの演奏が終わった後も、拍手は鳴り止まなかった。

「イクゾー!!」
2番目のニュース画像です。

3人の登場を待ち焦がれ、熱気に包まれる渋谷duo MUSIC EXCAHNGE。すると突然ステージ後方のスクリーンに、ある映像が映し出された。

「自分たちの音楽が、それを聴いた人の何かの“キッカケ”になって欲しい…。」と、語るAMI。

そんな想いを込めて、今回のオープニング・ムービーも彼女によって制作された。

白い紙を一枚、一枚小さくまとめ、その手で色々な文字や楽器、笑顔、音符などに模倣し、それをコマ撮りによって温かみのある映像、Chelsyの一端を垣間見ることができる作品に仕上がっている。

ヴォーカルMIOの「イクゾー!!」という掛け声と同時に、「SistAr」のイントロが流れると会場は一気にハイテンションに。

MIO、SHIZUKA、AMI、それぞれのポテンシャルが一つになって、オーディエンスを引っ張っていく。

バラードが強みのバンド「私たちは、バラードが強みのバンドだから、MIOの声をより良く魅せるような演出を心掛けた…。」と、ベースのSHIZUKAが、このライブに込めたメッセージをライブ前に話してくれた。

今回のライブは彼女を中心に演出を練ったのだが、勿論MIOのヴォーカルだけでなく、アグレッシブだが正確にリズムを刻みバンドを支えるMIOのドラム、抒情的かつドラマティックな展開を見せるSHIZUKAのベース、そして曲によってその表情を変えるMIOのエレキとアコギ、切なさを帯びたヴォーカル。

それぞれが互いに気持ち良く牽制し、ライブが進むにつれバンド全体のパワーは大きく増幅していく。

「久しぶりにこの曲をやります、Rocket…。」ライブでしか聴くことのできないこの曲や大人気アニメ『アオハライド」の挿入歌として話題になり、YouTubeの動画再生回数が約380万回転を記録した「I will」、会場全体が振り付けで盛り上がるこの日初披露となる新曲「You Make Me」同じく初披露の「Rain」など、様々な表情を見せるChelsyの作品群、そしてライブ。

二度と同じ時は来ない、当にLIVEを実感する夜だった。
3番目のニュース画像です。

合唱シーン、そして「I miss you」12曲目の「My Way」では、ステージ後ろのスクリーンに、MIOの手書きの歌詞が映し出されれるサプライズが!「みんなで合唱するシーンを想い描いて、書きました。」(MIO)
初めてCD音源化された思い入れの強いこの作品、ずっと歩んできたこの曲だからこそ「みんなと一緒に歌いたい。」、オーディエンスもその想いを感じ取り、会場全体で大合唱に。

そのシーンは、見ているこちらもジーンとなるほどだった。

そんなシーンをステージ上から見たMIO、そしてメンバーは何を思ったのだろう?「この曲をこうやって合唱したのは今日が初めてなんです!皆さん、本当にありがとございました!!」その表情は、とても晴れやかな笑顔に包まれていた。


「私たちは、みんなにとっての何かの“キッカケ”になりたくて音楽をやってます。…自分たちが続けたい音楽をキャッチしてくれる人たちが居て、皆さんが居て初めて、このステージに立つことができるんです!そんな想いを込めてツアータイトルも、『I’m here cause I miss you』にしました。

本当にありがとう!…聴いてください、4thシングル『I miss you』。

」印象的なギターのリフで始まったこの曲、その想いは間違いなく会場に居た全員に届いたことだろう。

アメリカ・アナハイム公演に続き、メキシコでのライブも決定!!
本編のラスト「Rain」を終え、鳴り止まないアンコールの歓声に迎えられた冒頭MIOの口からメキシコでのライブが発表になった。

アメリカ・アナハイムに続く海外でのライブ!新しいステージに向け、前進し続けるChelsyの3人。

彼女たちが、ガールズ・ロックシーンを変えるのは間違いない。


この日の最後は、ライブのエンディングになるほどの人気曲でもある「escape」(未CD化音源)。

いつまでも終わらない拍手と歓声の中、深々とお辞儀をし、ステージを後にした。

4番目のニュース画像です。

2015年9月5日(土)
@渋谷duo MUSIC EXCAHNGE

Chelsyレコ発ワンマンライブ「I’m here cause I miss you」2015.9.5
【SET LIST】
1. SistAr
2. Good-bye girl
3. Restart
4. Rocket
5. HERO
6. I see
7. I will
8. Change My Life
9. Please Please Me
10. You Make Me
11. I’m in love
12. My Way
13. I miss you(9/2発売 最新シングル)
14 Rain

EN1. YES
EN2. Escape



【I'm in love】の歌詞ページ
【I miss you】の歌詞ページ

このニュースへのレビュー

このニュースへのレビューを書いてみませんか?

このニュースへのレビューを投稿

  • ※レビューは全角500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつのニュースに1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約

【プロフィール】
Chelsy  
http://chelsy-official.com
キュートなルックスと瑞々しい歌声、確かな演奏力が魅力の3Pガールズバンド。都内を中心に精力的にライブ活動を行っており、そのライブパフーマンスは、“盛り上がるライブ”と定評を受けている。また、2014年3月に発売された初のミニアルバム「I’LL BE ON MY WAY」がTOWER RECORDS渋谷店 J-INDIES チャートでウィークリー2位を獲得し、次世代のガールズバンドとして注目を浴びる。去年夏、大人気コミックが原作のTV アニメ「アハライド」(2014年7月7日放送開始)挿入歌に大抜擢され、2014年9月24日にメジャーデビュー。 ガールズ・ロックバンド・ブームを牽引する新人バンドとなるべく、更なる飛躍を目指す。

MIO(Gt&Vo)
1994年11月22日生(20歳 大学3年生)
担当ヴォーカル、ギター
A型 さそり座

SHIZUKA(Ba&Vo)
1993年5月5日生 (22歳 大学4年生)
担当ベース、コーラス
O型 おうし座

AMI(Drs&Vo)
1993年10月7日生まれ(21歳 大学4年生)
担当ドラム、コーラス
O型 てんびん座

【最新情報】  
2015.12.18(金)~20(日)
Akihabara Expo 2015
会場:アメリカ アナハイム・コンベンション・センター(アメリカ カリフォルニア州 アナハイム市)
※Chelsyは、2日間のライブ、サイン会、パネルディスカッションでの出演になります。
イベントオフィシャルサイト:http://akibaexpo.com/
オフィシャルFacebook:https://www.facebook.com/AkihabaraExpo

2015.10.31(土)~11.2(月)
Expo TNT 30 メキシコシティ
会場:トラテロルコ・コンベンション・センター
※Chelsyライブは、10月31日(土)、11月1日(日)になります。
チケット:イベントHPよりご購入いただけます。http://tnt-web.net/english/tickets/
イベントHPhttp://tnt-web.net/English

2015.9.20(日)
Chelsyレコ発ワンマンライブ「I’m here cause I miss you」in名古屋
会場:名古屋ell SIZE
開場/開演:17:00/17:30
チケットSOLD OUT!

2015.9.14(月)
Chelsyレコ発ライブ「I’m here cause I miss you」in仙台
会場:LIVE HOUSE enn 2nd(仙台)
開場/開演:18:30/19:00
チケット:前売\2,000/当日\2,500(共にドリンク代別)
店頭予約:http://livehouseenn.com
アーティスト予約:http://www.music-scene.jp/chelsyweb/show/


他、詳しい情報はオフィシャルサイトまで
Chelsy Official Website http://chelsy-official.com

グッドモーニングアメリカ10月28日に…

キュウソネコカミ "泣くな親父" "適…