1. 歌詞検索UtaTen
  2. ニュース
  3. J-POP
  4. エレファントカシマシ
  5. 月の名曲盛りだくさん!!エレファントカシマシ中秋の名月に"聖地”で26年連続ライブ!!

月の名曲盛りだくさん!!エレファントカシマシ中秋の名月に"聖地”で26年連続ライブ!!



日本のロックを牽引するライブバンド、エレファントカシマシ。1990年以来続いているエレカシのライフワークともいえる26年連続公演となる日比谷野外大音楽堂ライブを開催した。
関連リンクへJUMP

ここ日比谷野音はライブ活動休止発表後「少しだけ歌わせてくれ」とステージに立ち伝説を作ったり、復活ライブの舞台になるなどまさに聖地と呼ぶに相応しい会場。
9月27日は中秋の名月。月にまつわる名曲も多数持つエレカシにとってはうってつけの日のライブとなった。

「おはようこんにちは」でスタートしたライブ。会場の外には、チケットを取れなかった人たちが“音漏れ”を聴くために熱心な人たちが多数集まっている毎年恒例の野音ライブ。「マニアックな曲っていうか好きな曲を沢山歌いますので」と言って、「ああ流浪の民よ」や「星の砂」など数々のデビュー当時の楽曲を数々披露する。
2番目のニュース画像です。

それもそのはず、今日はキーボードに初期エレカシサウンドを一緒に奏でていた細海魚(読み:ほそみ さかな)を迎えてのパフォーマンス。

「野音の練習をしなければとレコーディングの合間にリハーサルをしていたんだけど、3時間のリハーサルのつもりが8時間・9時間になってしまって。。。こんな話面白くないですよね?いや、面白いはずなんですけど。」と会場の笑いを誘う。

一番新しい曲ですと、発売されたばかりのシングルに収録されているTEKUMAKUMAYAKONを初披露。

「今日は月は出てますか?みんな好きだよね?中秋の名月とか?そんな日に来てくれてありがとう!」と中秋の名月の下で、月を歌った名曲「今宵の月のように」を披露。会場は大歓声に包まれる。
3番目のニュース画像です。

そして、本編の最後にはなんとサプライズ発表。
「今日は本当にありがとう。もうすぐアルバムが発売できることになりました。11月17日?18日?18日ですね?11月18日にアルバムを発売します。『RAINBOW』というタイトルのアルバムにしました。俺が考えたんだぜ。どうだかっこいいだろう?もう少しだけ待っててください。」と宮本の口からオリジナルアルバムのリリースが宣言された。

そして、その後にはアルバムに収録される新曲「RAINBOW」を初披露。その後、アンコールでゲストキーボードとして、盟友蔦谷好位置が登場。

発売されたばかりのニューシングル「愛すべき今日」を披露。会場は待っていましたとばかりに大歓声。最後に、「ローリングストーンズみたいに並んで挨拶しよう」とステージにメンバーが並んで挨拶し、今日一番の盛り上がりを見せ26年目の野音は幕を閉じた。
伝説を生み出してきた場所で、復帰後初となるオリジナルアルバムのリリースと新曲を披露。3,000人のファンでうまった会場は興奮と熱狂につつまれた!
4番目のニュース画像です。

【セットリスト】
2015/9/27(日)@日比谷野外大音楽堂
M1. おはようこんにちは
M2. ドビッシャー男
M3. 悲しみの果て
M4. ああ流浪の民よ
M5. 誰かのささやき
M6. 暮れゆく夕べの空
M7. 夢のかけら
M8. 月の夜
M9. 自宅にて
M10. 待つ男
M11. TEKUMAKUMAYAKON
M12. 星の砂
M13. 珍奇男
M14. 極楽大将生活賛歌
M15. 四月の風
M16. 生きている証
M17. ワインディングロード
M18. 月夜の散歩
M19. 今宵の月のように
M20. めんどくせい
M21. 化ケモノ青年
M22. ズレてる方がいい
M23. ガストロンジャー
M24. RAINBOW 【新曲】
M25. 生命賛歌

アンコール
星の降るような夜に
友達がいるのさ
俺たちの明日
花男

W アンコール
愛すべき今日
ファイティングマン

MC
~今日は月は出てますか?~みんな好きだよね?中秋の名月とか。そんな日に来てくれてありがとう~

♪ 今宵の月のように(1 コーラス)

MC
~今日は本当にどうもありがとう。もうすぐアルバムが発売できることになりました。「RAINBOW」という名前のタイトル
のアルバムにしました。もう少し待っててください。~

♪ RAINBOW(サビ)

♪ 愛すべき今日(サビ)
MC
~ローリングストーンズみたいに挨拶しよう!ありがとうございました!~



【月夜の散歩】の歌詞ページ
【今宵の月のように】の歌詞ページ
【TEKUMAKUMAYAKON】の歌詞ページ

エレファントカシマシは1981年に北区立赤羽台中学校の同級生である宮本浩次(Vo.)、石森敏行(Gt.)、冨永義之(Dr.)を中心として結成され、1986年に高緑成治(Ba.)が加入し現在の編成になった日本の4人組ロックバンド。1986年CBS SONY SDオーディションでの入賞がきっかけとなり1988年3月21日、エピック···

このニュースへのレビュー

このニュースへのレビューを書いてみませんか?

このニュースへのレビューを投稿

  • ※レビューは全角500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつのニュースに1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約

エレファントカシマシ Profile

1981年結成。86年、中学のクラスメートであった宮本浩次・石森敏行・冨永義之に、冨永の高校時代の同級生だった高緑成治が加わり、現在のエレファントカシマシとなる。

同年CBS SONY SDオーディション入賞。88年、アルバム『THE ELEPHANT KASHIMASHI』、シングル『デ―デ』でデビュー。

カリスマ性あふれる音作りと圧倒的なライブパフォーマンスで、熱烈な支持を得る。繊細かつ叙情的な楽曲と、激情と刹那を感じる歌詞が特徴的な日本を代表するロックバンド。

▷エレファントカシマシ Official HP
▷エレファントカシマシ Wake Up 特設サイト
▷エレファントカシマシ Official Twitter
▷エレファントカシマシ Official Facebook

B’z 松本孝弘、「世界遺産」へ新曲を…

遊助、ツアーファイナルで新曲発表。「み…