1. 歌詞検索UtaTen
  2. ニュース
  3. J-POP
  4. hitomi
  5. hitomi、「子供にとって、“もう、母親ってうるさいなぁ”って思われるくらいが丁度いい」育児とシンガーの自然体な両立を語る

hitomi、「子供にとって、“もう、母親ってうるさいなぁ”って思われるくらいが丁度いい」育児とシンガーの自然体な両立を語る




1女1男の母であるhitomi。
今月7日発売の雑誌「nina's」で、自身の育児論を飾らない言葉で赤裸々に語っている。

小さい子供がいる家庭であれば、誰しもが通る、“子どものしつけ”。

「子供にとって、“もう、母親ってうるさいなぁ”って思われるくらいが丁度いい」
と語るhitomi。というのも、hitomi自身は結構放任主義で育ったという。

社会に出て、「困った!」という経験も多かったことから、子どもにはうるさい位の存在でも、しっかりしつけをしたいと語る。

長女出産時には、仕事の配分も多く、バランスを取るのも難しかった。離婚も経験し、“頑張らなきゃ!!”という気持ちに縛られてしまって余裕がなかなか無かったことも。

第二子出産を経て感じるのは、“母親という安心感を与えてあげたい”という気持ち。
「子どもたちが欲しいのはきっと、母親という安心感。夫や子どもたちときちんと向き合い、母として妻としての役割を果たすことが、家族にとっての幸せにつながると思い、頑張っています。」と、語っている。

普段からBLOG等では日々の育児の苦悩や感情を包み隠さず、つづっているhitomi。
表に立つ芸能人、としてこういった気持ちを素直に出すというのはかなり勇気がいることだろう。

コメント欄に寄せられた、育児の質問に対しても真摯に向き合う。

時には手抜きの晩御飯だって披露。そんな人間らしい、hitomiの姿にも是非触れてほしい。

そして、シンガーとしての活動も本格復帰。
10月に配信したシングルのMusicVideoが公開になっている。



緩やかなサウンドにのせられた最新楽曲は、まさに“目の前にあるものを大切にしていこうよ”という現代(いま)の時代に語りかけるような作品に仕上がっている。

シンガーとしても、自然体で、飾らないありのままの姿が共感を呼んでいる。

なお、14日発売の「bizmom」では表紙で出演。ママ誌にもひっぱりだこだ。
彼女の自然体なリアル育児論が今の時代にマッチしている。

1994年11月にCDデビューし、現在では3児の母およびシンガーソングライターとして活躍中。 CANDYGIRL、LOVE2000、SAMURAI DRIVEなどのヒット曲をはじめ、様々な楽曲があり、数多くのライブ・イベントにも参加している。 彼女の手がける歌詞の世界観は、同世代の女性から多くの支持を得ている。···

このニュースへのレビュー

このニュースへのレビューを書いてみませんか?

このニュースへのレビューを投稿

  • ※レビューは全角500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつのニュースに1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約

hitomi 最新情報

リリース情報

2019.6.28
Digital Release
「LOVE 2020」


2019.11.28に25周年を迎えるhitomi。それに先駆け、あの「LOVE 2000」をリメイク!
20年経ったイマのhitomiの気持ちを綴った歌詞に注目。



■Amazonで購入

hitomi Profile

1994年11月にCDデビューし、現在では3児の母およびシンガーソングライターとして活躍中。

CANDYGIRL、LOVE2000、SAMURAI DRIVEなどのヒット曲をはじめ、様々な楽曲があり、数多くのライブ・イベントにも参加している。

彼女の手がける歌詞の世界観は、同世代の女性から多くの支持を得ている。

結婚・出産後もアーティスト活動のほかタレント、モデル活動やアパレル、美容ケア商品、健康食品のディレクションなど多方面で活躍中。

今年秋、デビュー25周年を迎える。

●hitomi 公式サイト

●hitomi official blog
●hitomi Instagtram

AAA・西島隆弘 月9ドラマ『いつかこ…

九州にゆかりのある著名な100人から支…