1. 歌詞検索UtaTen
  2. ニュース
  3. バンド
  4. フレデリック

フレデリック、「音楽大好きでいてくれて、ありがとう!」初の国立代々木競技場第一体育館 ライブレポート


フレデリック、初の国立代々木競技場第一体育館ライブレポ

「フレデリックは今年の3月に『フレデリズム3』というアルバムを出しまして。その音楽を、みんなにどの場所で届けようかな?って思った時に、『めちゃくちゃでっかいアリーナでやろう!』と決めて――その日までしっかり俺たちの音楽を、磨いて磨いて磨き上げて、ここにやって来ることができました」


大観衆に語りかける三原健司(Vocal & Guitar)の声は、この大会場の舞台に立つ感慨と同時に、客席を埋め尽くしたオーディエンスの「人生最高の日」を音楽の力で更新しようとする意欲にあふれていた。

2022年6月29日、フレデリックは国立代々木競技場第一体育館にてワンマンライブ「FREDERHYTHM ARENA 2022〜ミュージックジャンキー〜」を開催した。

神戸ワールド記念ホール(2018年)/横浜アリーナ(2020年)/日本武道館(2021年)に続く4度目のアリーナ公演にして、自身最大キャパシティの会場でのワンマンライブ。

今年3月にリリースした最新アルバム『フレデリズム3』を携えて行われた今回のステージは、音楽と自分たちの存在証明を改めて今この時代に打ち立てるような、圧巻の熱演だった。



WOWOWプラスで生中継も行われていたこの日のアクト。「FREDERHYTHM ARENA、始めます」という宣誓とともに三原健司・三原康司(Bass & Chorus)・赤頭隆児(Guitar)・高橋武(Drums)の4人が舞台に登場、この日のライブの幕開けを飾ったのは、『フレデリズム3』にも収録されている「名悪役」だった。

《思い出にされるくらいなら二度とあなたに歌わないよ》……昨年の日本武道館公演の最後、当時は未発表の新曲としてWアンコールでサプライズ披露された「名悪役」が、「FREDERHYTHM ARENA」のヒストリーを今につなぐオープニングナンバーとして力強く響いた。

そのまま「TOMOSHI BEAT」「蜃気楼」と、『フレデリズム3』からひときわダンサブルでエモーショナルな楽曲を繰り出し、代々木体育館を軽快なクラップとステップの渦に巻き込んでいく。

コロナ禍の影響で、なおも歓声や歌声が会場に鳴り渡ることはないものの、この瞬間を全力で楽しみ尽くそうとする客席の高揚感が、ステージ上の4人をさらに高ぶらせていった。



「俺たちがやることはシンプルです。俺たちはただ、自分の音楽を信じ続けて、ここまでやって来れました。なので、ちゃんと素直に、純粋に、全力で俺たちの音楽をしっかりやり込みます。なので、あなたもそうであってください。1対1でやりましょう!」

そんな健司のMCに続けて、「VISION」「かなしいうれしい」から「ANSWER」「Wanderlust」へ……と既発曲と新曲群を織り重ねる展開の中で、よりいっそうハイパーな訴求力を増したバンドアンサンブルを高らかに響かせていった。

そんな熱気と躍動感に満ちたライブの空気感が、「うわさのケムリの女の子」から一変。

舞台がスモークで覆われる中、ディープでミステリアスな歌世界が広がったところで、ファンキーなビートとメランコリックな音の質感が印象的な「ラベンダ」が披露されると、場内にラベンダーの香りが漂う特殊効果によって、オーディエンスの没入感をさらに高めていく。



「今日、6月29日やんか。6(ム)・2(ジ)・9(ク)で、ミュージックの日なんよ。そのミュージックの日に、『ミュージックジャンキー』っていうライブをやることは運命――デスティニーやなって」(赤頭)

「今の時代を生きて、今の時代の音楽を鳴らしてる俺たちにとって、今置かれてる状況と向き合うことは、自分たちをよりオリジナルたらしめるものだと思う」(高橋)

「自分がフレデリックの曲を書いてるんですけど……すごく変なバンドだなって、自分でも思うんです。でも、その個性とか、いびつさだったりとか、そういうものを愛してもらえてるからこそ、今日アリーナでライブをやれるんだなと思ってます」(康司)

それぞれの想いを滲ませた中盤のMCで拍手を誘った後、センターステージから康司・赤頭・高橋の3人だけで演奏した「YOU RAY」。康司がボーカルをとり、赤頭のアコギの調べとともに鳴り渡ったこの曲が、フレデリックという音楽の奥行きと深みを豊かに物語っていた。



その演奏を聴いていた健司が「すごい3人でしょ? 俺の、自慢の仲間です」と3人を讃えつつ、静かに過去を回想する。

高校生ぐらいの頃まで、自分の高い声が嫌いだったこと。そんな自分の声が、歌声になると素敵に思えたこと。

そして、康司・赤頭・高橋が必要としてくれたから、「俺はこの声で一生やっていこう」と思えたこと――。

そんな言葉に続けて、健司がアコギ弾き語りで歌い上げたのは「サイカ」。センターステージで聴き入る3人と向かい合うように、花道にひとり立って歌う健司。

「個性を認め合う」ことの大事さを伝える何よりのメッセージとして、その歌声はどこまでも伸びやかに響いた。

センターステージに戻った4人、「ここから踊らしていくで! 覚悟してや!」(健司)と「Wake Me Up」からクラップとジャンプに沸き返る怒濤の後半戦へ。

和田アキ子への提供曲のセルフカバー「YONA YONA DANCE」から「KITAKU BEATS」、さらに「8年前、この曲でメジャーデビューしました!今でも、色褪せない曲です」と「オドループ」に突入すると、会場のダンスと手拍子の熱量はさらに高まっていく。

「俺さあ、今日、今この瞬間、人生最高の日を更新したいんだよ!」と呼びかけながら、刻一刻と衝動の熱を増していく健司のボーカル。センターステージに躍り出て華麗なギターソロを決める赤頭。

タイトなビート感でアンサンブルに痛快な推進力を与える康司&高橋のリズム。4人一丸のアンサンブルが強靭になればなるほど、そのサウンドは眩しいポップ感にあふれていく――というフレデリックのマジックが、この日のライブの隅々にまでみなぎっていた。



「今が一番カッコいいバンドでありたい」と繰り返し語っていた健司の「ミュージックジャンキーのあなたに届けます」のコールとともに、4人は本編ラストナンバー「ジャンキー」へ。

警備員に扮していたスタッフがウサギのマスクでダンスを始め、ビジョンに投影される観客が顔認証でウサギにチェンジ、さらにセーラー服&ジャージ姿の双子の姉妹ダンサーも登場。

同楽曲のミュージックビデオの世界観がそのまま現実に飛び出してきたような演出に、会場の祝祭感が天井知らずに高まっていく――

そんな中、舞台のビジョンには「FREDERHYTHM TOUR 2022-2023」の文字が! 

9月から開催されるライブハウスツアー、さらに来年・2023年3月に行われる東阪ホールツアー「FREDERHYTHM HALL 2023」のスケジュールまで次々に映し出され、客席のクラップはさらに歓喜の色を増す。

音楽への純粋な冒険心と探究心が生んだ、最高の風景だった。

一度ステージを下りた後、割れんばかりの手拍子に導かれて、再び4人がオンステージ。

「2020年からコロナという状況において、ライブっていうものの価値観を考えさせられる時期がありましたよね?」と健司が語る。



「その中で、オンラインライブの面白さにも気づけたし、まだまだ可能性は尽きないな!って楽しんでたけど……やっぱり、みんなとこうして会って音楽をやることの大切さにも、改めて気づけたんで。それを形にしようっていうことで、30本回らせていただきます! 一番長いツアーですが、今までで一番ワクワクするツアーになります。今が一番楽しいフレデリックなので、あなたに会いたいと思ってます」

割れんばかりの拍手を受けて、4人はアンコールとして「サーチライトランナー」、さらに「熱帯夜」へ、と『フレデリズム3』の楽曲を立て続けに披露。

「熱帯夜」では客席一面のハンドウェーブの景色が広がり、灼熱の一夜の終幕を美しく彩っていた。「音楽大好きでいてくれて、ありがとう!」という健司の渾身の叫びが、遥か「その先」を見据えるフレデリックの晴れやかな闘争心の象徴として胸に響いた。

夏フェス出演などを経て、フレデリックは9月15日から自身最多公演となる全国ツアー「FREDERHYTHM TOUR 2022-2023〜ミュージックジャーニー〜」(LIVE HOUSE編/Zepp編、計28公演)&「FREDERHYTHM HALL 2023」(3/10:大阪・オリックス劇場、3/29:東京・NHKホール)の開催が決定している。

写真/渡邉一生、森好弘、小杉歩
文/高橋智樹

セットリスト

01.名悪役
02.TOMOSHI BEAT
03.蜃気楼
04.VISION
05.かなしいうれしい
06.ANSWER
07.Wanderlust
08.うわさのケムリの女の子
09.ラベンダ
10.YOU RAY(三原康司/赤頭隆児/高橋武)
11.サイカ(三原健司ソロ)
12.Wake Me Up
13.YONA YONA DANCE
14.KITAKU BEATS
15.オドループ
16.ジャンキー
En1.サーチライトランナー
En2.熱帯夜

「FREDERHYTHM ARENA 2022〜ミュージックジャンキー〜」プレイリスト
▷プレイリスト

ライブ情報

<全国ツアー情報>
FREDERHYTHM TOUR 2022-2023~ミュージックジャーニー~

◯LIVE HOUSE編
2022年9月15日(木)神戸Harbor Studio
2022年9月16日(金)京都KYOTO MUSE
2022年9月22日(木)浜松窓枠
2022年9月29日(木)仙台Rensa
2022年10月1日(土)盛岡CLUB CHANGE WAVE
2022年10月2日(日)郡山HIP SHOT JAPAN
2022年10月7日(金)高知 X-pt.
2022年10月9日(日)高松 festhalle
2022年10月10日(月)松山WStudioRED
2022年10月15日(土)周南RISING HALL
2022年10月16日(日)広島BLUE LIVE
2022年10月22日(土)甲府KAZOO HALL
2022年10月27日(木)岡山CRAZYMAMA KINGDOM
2022年10月29日(土)熊本B.9 V1
2022年10月30日(日)鹿児島CAPARVO HALL
2022年11月3日(木)水戸LIGHT HOUSE
2022年11月4日(金)宇都宮HEAVEN'S ROCK VJ-2
2022年11月10日(木)新潟LOTS
2022年11月11日(金)長野CLUB JUNK BOX
2022年11月13日(日)金沢EIGHT HALL

◯Zepp編
2022年11月25日(金)KT Zepp Yokohama
2022年11月26日(土)KT Zepp Yokohama
2022年12月11日 (日)Zepp Fukuoka
2022年12月16日(金)Zepp Osaka Bayside
2022年12月17日 (土)Zepp Osaka Bayside
2023年1月15日 (日)Zepp Sapporo
2023年1月19日(木)Zepp Nagoya
2023年1月20日 (金)Zepp Nagoya

FREDERHYTHM HALL 2023
2023年3月10日(金)大阪・オリックス劇場
2023年3月29日(水)東京・NHKホール

■チケット情報
「FREDERHYTHM TOUR 2022-2023~ミュージックジャーニー〜」
◯LIVE HOUSE編 ¥5,500(税込・D代別)
◯Zepp編 ¥6,000(税込・D代別)
ファンクラブ「フレハウス+」最速先行 / e+最速先行
▷申し込み
boomeet

このニュースへのレビュー

このニュースへのレビューを書いてみませんか?

このニュースへのレビューを投稿

  • ※レビューは全角500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつのニュースに1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約