1. 歌詞検索UtaTen
  2. ニュース
  3. J-POP
  4. PUSHIM
  5. PUSHIM東京公演レポート!!人生の喜怒哀楽を体現するシンガーが魂を込めた歌声を響かせた!

PUSHIM東京公演レポート!!人生の喜怒哀楽を体現するシンガーが魂を込めた歌声を響かせた!

カメラマン:cherry chill will

4月16日の埼玉公演を皮切りに、全国12か所を巡るPUSHIM LIVE TOUR 2016“F”が、12公演目となる東京の地、ついに到着した。

7月1日、Zepp Diver City TOKYO。幅広い年代の女性と親子連れが目立つ、アットホームな椅子席のフロア。ステージ後方に大きく掲げられた“F”の文字以外には何もない、シンプルなセット。

1曲目から全員総立ちになるが、誰も無理していない。踊る人、揺れる人、聴く人、歌う人。2階席では小さな子供がチョコマカ走っている。みなが自由に、この空間を楽しんでいる。

PUSHIMはいきなり絶好調だ。完璧なスキル、表現力、パワーで、「A Little Love」のような初々しいラブソングも、「ねむれない夜」のような、せつない恋心に打ち震える曲も、包容力いっぱいに歌いかける。

バックを支えるのは、言わずと知れた日本のNo.1レゲエ・バンド、Home Grown。とてつもなくタイトで緻密、それでいて伸びやかなグルーヴに乗せ、PUSHIMが軽やかに踊る。腰をぐっと落とし、生命力みなぎる豊穣のダンス。

中盤のハイライトは、ゲストにAFRAを迎えた「Welcome To My Village」だ。驚異的なスキルのビートボックスに、客席が大いに沸く。その後はシリアスで古典的な、クラシック・レゲエの世界を表現したり、Home Grownの力強いグルーヴを軸に、レゲエ・ミュージックの幅広さと凄みをアドリブたっぷりに聴かせたり。どの曲も、お楽しみが盛りだくさんだ。

中でもアルバム『F』のリード曲「Feel It」で、輝くミラーボールの下でZepp Diver Cityがディスコと化した瞬間は、間違いなくこの日のベスト・ショット。メンバーとお揃いの振りつけで、お茶目なダンスを決めるPUSHIM。笑顔で踊るオーディエンス。そして韻シストのベーシスト、Shyoudogをゲストに迎えた「MATTAKU」は、アルバム『F』の中でも屈指のドラマチックなラブソング。Shyoudogのアダルトな低音と、PUSHIMの艶っぽい声との相性は抜群だ。

平和を願う気持ちをストレートに綴るバラード「Keep Peace Alive」を歌う前に、PUSHIMが長いMCをした。

天災や人災が相次ぐ日本のこと。内戦や難民が増え続ける世界のこと。人生には予期できないことが降りかかること。この場で音楽を楽しめる幸せ。思いきり生きること。これからも前に進むこと――。魂こめて歌い上げる「Keep Peace Alive」には、神々しいという言葉がふさわしい。

終わってみれば、アンコールを含めて2時間20分の豊かな時間。レゲエという音楽に、人生の喜怒哀楽のすべてを託して歌うPUSHIMにとって、それを受け止めるファンにとって、ライブは非日常の場ではない。やあ、久しぶり、元気やった?

最近、こんなことがあったんやけど。そんな会話を交わしたような、ゆったりとした満足感。親から子へ、恋人から恋人へ。友から友へ。それは確実に伝えられ、その価値は年々増している。この幸せがいつまでも続きますように。FOREVER。

ツアーは、追加公演を7月10日に沖縄で開催する事も決定。その他も多数のイベント出演も決定している。
text by 宮本英夫



「Feel It」 Music Video

PUSHIM 最新情報

リリース情報

<Digital Single>
PUSHIM「ナナメにキメるSTYLE」
TWEB-351
2018年5月4日リリース
iTunes / Apple Musicで独占配信!
https://itunes.apple.com/jp/album/id1375902686?app=itunes&ls=1

PUSHIM「THE FREEDOM ROCK」
TWEB-352
2018年5月25日リリース
iTunes / Apple Musicで独占配信!
※リンク先URLは未定

ライブ情報

<PUSHIM LIVE TOUR 2018×MAGUNUM RECORDS (RUDEBWOY FACE / RUEED / AKANE / KILLA NAMI)>
5月6日(日) 埼玉・HEAVEN’S ROCK さいたま新都心 VJ-3
OPEN・START 17:00 / info HOT STUFF PROMOTION 03-5720-9999
5月12日(土) 名古屋・JAMMIN’
OPEN・START 18:00 / info サンデーフォークプロモーション052-320-9100
5月20日(日) 大阪・心斎橋 club JOULE
OPEN・START 17:00
6月2日(土) 千葉・柏PALOOZA –ROOF 15th Anniversary-
OPEN・START 18:00 / info HOT STUFF PROMOTION 03-5720-9999
6月8日(金) 仙台・MACANA
OPEN・START 18:00 / info G.I.P. 022-222-9999
6月10日(日) 東京・代官山UNIT
OPEN・START 17:00 / info HOT STUFF PROMOTION 03-5720-9999

TICKET:¥5,400 (税込・ドリンク代別 / オールスタンディング)

PUSHIM Profile

その歌声を聞くと、誰もが“Feel The Soul (=魂を感じる)”“Strong Voice!(=力強い声)”“One & Only (=誰にも真似できない)”と形容されるプレミアム・シンガー。

“クイーン・オブ・レゲエ”として、今やジャパニーズ・レゲエ・シーンNo.1シンガーの座を確固たるものにしたと同時に、日本の音楽シーンの中でも圧倒的な歌唱力を誇るシンガーとして高い評価を受け続けている。1995年に地元大阪で活動を開始し、1999年にシングル「Brand New Day」でメジャーデビュー。 2000年にファースト・アルバム「Say Greetings」をリリース。それ以降、2016年にリリースしたオリジナル・アルバム「F」、2017年11月にリリースしたカバー・アルバム「THE ノスタルジックス」まで、オリジナル・アルバム9枚の他、多数の企画アルバムをリリース。2014年には デビュー15周年を迎え、アーティスト活動は元より、レディース・アパレル・ブランド “Tome2H” (トミトエイチ)のプロデュースや、2015年には自身のレーベル“Groovillage”を設立させるなど、活動の幅を更に拡げる。2017年は5月にデジタル・シングル 「ALFEE」をリリース。 2018年2月14日、韻シストとのコラボ・ミニ・アルバム「TO THE NEXT」をリリースし、そのクールなサウンド・メイキングが大きな話題となる。同年5月には10枚目のオリジナル・アルバムへの布石となるデジタル・シングル「ナナメにキメるSTYLE」「THE FREEDOM ROCK」を2曲連続でリリースし、同月からクラブサーキット「PUSHIM LIVE TOUR 2018×MAGUNUM RECORDS」をスタートさせる。2019年6月にはメジャー・デビュー20周年を迎える。

<PUSHIM OFFICIAL WEB SITE>
http://pushim.com/

植田真梨恵 5th Sg「ふれたら消え…

桐谷健太、「海の声」収録の自身初アルバ…