1. 歌詞検索UtaTen
  2. 特集
  3. J-POP
  4. 歌詞コラム
  5. ハンバートハンバート
  6. ハンバートハンバートが教えてくれる誰かの痛みに寄り添う音楽のチカラ

【歌詞コラム】ハンバートハンバートが教えてくれる誰かの痛みに寄り添う音楽のチカラ

佐藤良成と佐野遊穂の2人によるデュオ、ハンバートハンバート。映画『プール』の主題歌『タイヨウ』や、CMソング『アセロラ体操のうた』などでも知られ、夫婦ならではの息の合ったハーモニーと、どこか癒されるオーガニックなサウンドで幅広い層から指示を得ている彼らも、『むかしはみじめだった』?

公開日:2015年7月13日 更新日:2017年7月11日

Column

Y.Fuku


佐藤良成と佐野遊穂の2人によるデュオ、ハンバートハンバート。映画『プール』の主題歌『タイヨウ』や、CMソング『アセロラ体操のうた』などでも知られ、夫婦ならではの息の合ったハーモニーと、どこか癒されるオーガニックなサウンドで幅広い層から支持を得ている彼ら

そんな彼らの作品の中でも印象的なタイトルのアルバムが『むかしぼくはみじめだった』
そのアルバムの収録曲の中で、静かに、でも強烈な存在感を放っている楽曲が『ぼくのお日さま』である。

先日のTBS系トーク番組『サワコの朝』でゲストのピース又吉直樹が/b>「今、心に響く曲」として紹介していたので、耳にしたことがある人も多いかも知れない。

1.jpg

-------

ぼくはことばが うまく言えない
はじめの音で つっかえてしまう

だいじなことを 言おうとすると
こ こ こ ことばが の の のどにつまる

-------
♪歌詞の全文はこちら

この楽曲の中で歌われているのは、吃音(きつおん)、いわゆるどもることだ。普通の人でも緊張すると言葉が出にくくなることはあるかも知れないが、吃音がある人たちは緊張していない日常生活の中でも、この歌の歌詞のように言葉の初めの音を繰り返したり、詰まってなかなか出てこなかったり・・・という症状と戦っているのだ。

-------

ひとことも言えないで ぼくは今日もただ笑ってる
きらいなときはノーと 好きなら好きと言えたら

-------

吃音がない人には想像できないかも知れないが、ひどいときには自分の名前すらなかなか言えなくなってしまうことがある。自分の言いたいことでも苦手な言葉があると飲み込んでしまう。そんなとき、吃音がある人はたいてい作り笑顔でやり過ごしてしまうことが多いのだ。この歌からは、そんな吃音のせいで生き辛さがある人たちの悔しさや悲しさが痛切に伝わってくる

-------

家に帰れば ロックがぼくを待っててくれる
ボリュームあげるよ
(中略)
泣きたきゃ泣けばいいさ そう歌がぼくに言う

-------

音楽好きなUtaTenユーザーの皆さんの中には、何かツラいことがあったときに音楽を聴くことで励まされたり、パワーをもらったりしたことがある人は多いだろう
この歌は吃音がある人たちの心の痛みにただ静かに寄り添ってくれるような歌であると同時に全ての人へ向けた歌なのだ。
この歌の持つチカラが、普段あまり自分の想いを言葉にして伝えられない人たちへ勇気を与え、背中を押してくれることを願ってやまない
2.jpg

TEXT:Y.Fuku

ハンバートハンバート 掲載歌詞の一覧へ
【ぼくのお日さま】の歌詞ページ

1998年結成、佐藤良成と佐野遊穂によるデュオ。2人ともがメインボーカルを担当し、フォーク、カントリーな どをルーツにした楽曲と、別れやコンプレックスをテーマにした独自の詞の世界は幅広い年齢層から支持を 集める。芥川賞を受賞したお笑い芸人・又吉直樹氏がファンであることを公言するなどク···

この特集へのレビュー

この特集へのレビューを書いてみませんか?

この特集へのレビューを投稿

  • ※レビューは全角500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつの特集に1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約

チャート急浮上Fear,and Loa…

加藤ミリヤ、5組のファンに「後で会いま…