1. 歌詞検索UtaTen
  2. 特集
  3. J-POP
  4. コラム
  5. back number
  6. ぬかるんだ恋にご用心「助演女優症2」

【コラム】ぬかるんだ恋にご用心「助演女優症2」

メンバー全員が群馬県出身のバンド、back number。彼らの名を一躍広めた楽曲といえば2015年11月18日に発売され、月9ドラマ「5→9 ~私に恋したお坊さん~」の主題歌となった「クリスマスソング」だろう。恋をして、相手を想う気持ちをまっすぐ描くこの楽曲は、深々と降る雪のように静かな美しさと切なさを纏っている。

2018年7月9日

Column

柚香


この記事の目次
  1. ・back numberの「助演女優症2」
  2. ・言葉には出来ない彼女の本音
  3. ・成就するはずのない恋愛のぬかるみ
  4. ・back number 最新情報
  5. ・リリース情報
  6. ・ライブ情報
  7. ・back number Profile
そんな「クリスマスソング」のカップリングとして収録されている「助演女優症2」は「クリスマスソング」とは対照的に、心の奥の気だるい重さが光る一曲だ。

back numberの「助演女優症2」

最後のデートくらいはどんなに
多忙だって遅れず来てよ
あとその指輪もせめて外してから来てよね


「その指輪もせめて外して」という言い回しから察するに、主人公の女性と相手の男性は不倫の関係だ。

わざわざ”指輪を外して”と言わなければ気づけないところを見ると、相手の男性は配慮がなく、図太い神経の持ち主なのだろうなと勝手な想像が膨らんでいく。

頭の中で浴びせた本音は
キスひとつで溶ける脆さで
あなた好み清楚可憐を纏って 纏って


彼女にとっての主役は間違いなく彼。でも彼にとって彼女は所詮二番手の「助演女優」だ。

どこかで自分じゃ一番になれないと分かっていながらも、彼に好かれる自分を演じ続ける彼女。

”虚しくても、好きだから抜け出せない”、そんな底なし沼が彼女の心の中にあるのだと感じられる。

不倫という揺らいだ関係性が軸にあるが、何故か「助演女優症2」には共感出来る部分がある。

それは”恋”という感情の片鱗が、この楽曲に散らばっているからだ。

言葉には出来ない彼女の本音

私のものにならないのに
どうしてまたお気に入りの服で
あなたを出迎えているの?
バカみたいでも何も出来なくても
愛する人との幸せな結末を待っていたの


脈がない、相手に彼女がいる、友達としてしか見てもらえないなど、報われない恋は意外と多い。

でも相手に好きになってもらえないからといって、綺麗さっぱり諦められる恋ばかりではない。

恋人や好きな人の前で、かっこいい、可愛い自分で居たいと思うのは当たり前のこと。

それはたとえ想いの届かない相手の前だったとしても、その人に恋をしている以上同じことを思うだろう。

だから、主人公の女性も彼に会うとなると、ついつい「お気に入りの服」に手が伸びてしまうのだ。

そこには、”いつもと違う自分を見せれば、少しでも可愛くなれば、もしかしたら自分に振り向いてくれるかもしれない”という祈りにも似た、言葉には出来ない彼女の本音が滲んでいる様に思える。

私あなたの何なのと
もっと早く聞いておけば
こんな夜は来なかった


関係が終わる為の一手になるから、あやふやな関係において「私あなたの何なの」という質問はご法度だ。

彼女はそれを分かっていたからこそ、最後の最後まで彼の本心を問う事が出来なかったのだろう。

自分達のおざなりな関係を悔やむ歌詞だが、この言葉の裏には”核心をついて終わるくらいなら、気付かないふりをしてこの関係を続けたい”という彼女の心の内が見えてくる。

彼女の様に関係が壊れるのが怖くて、自分自身を押し込めてしまう事は、恋愛において珍しくない。

恋人同士でも、報われない恋をしている人でもどちらにでも起こりうる事だ。

それは相手が好きで、この人の傍に居たいと思うから。だからこそ、どこか誤魔化して遠回りしてしまう時があるのだ。

そんな考えを巡らせて耳を傾けてみると、この曲の主人公は不倫をしている女性ではなく、報われない恋を大切にし過ぎて拗らせてしまった一人の女性に思えてくる。

成就するはずのない恋愛のぬかるみ

最後の言葉くらい少しは
男らしくすればいいのに
いなくなったところで次の私を
探すんでしょう


そんな彼女は「最後」という言葉を何度も使い、自分からこの行く当てのない関係を終わらせようとしている。

曲の最後「次の私を 探すんでしょう」と彼女は言うが、”自分の代わりが居る恋なんて、自分じゃなくてもいい恋なんて、そんなの空っぽで痛いだけだ”と誰より彼女自身が強く思い始めたからなのかもしれない。

「助演女優症2」という曲名から察しがつく様に、「助演女優症」という楽曲も存在する。是非、そちらも合わせて聞いて頂きたい。

主人公の女性がはまった成就するはずのない恋愛のぬかるみを、より肌でリアルに感じてもらえるはずだ。

彼女には次こそ、大切な人と自分にしかできない恋愛をしてもらいたい。

TEXT:柚香

back number 最新情報

リリース情報

【商品詳細】
【back number 18thシングルリリース情報】
タイトル:大不正解
アーティスト:back number
発売日2018年8月22日(水)
CD収録曲:1.大不正解  2.強化書  3.ロンリネス 4~6.各instrumental
初回限定盤DVD収録内容:「大不正解」music video、「大不正解」making of studio recording & music video& photo session、
back number exclusive video
■初回限定盤(CD+DVD)三方背BOX箔押し仕様:UMCK-9959 ¥1,800(tax out)


■通常盤(CD):UMCK-5656¥1,000(tax out)


ライブ情報

!!! THANK YOU SOLD OUT !!!
back number dome tour “stay with you” supported by uP!!!
10月27日(土)大阪:京セラドーム大阪
10月28日(日)大阪:京セラドーム大阪

■ツアー特設サイト
http://backnumber.info/feature/dometour2018

back number Profile

Vocal & Guitar : 清水依与吏(シミズイヨリ)
Bass : 小島和也(コジマカズヤ) 
Drums : 栗原寿(クリハラヒサシ)

2004年、群馬にて清水依与吏を中心に結成。幾度かのメンバーチェンジを経て、2007年現在のメンバーとなる。

2009年2月18日に1stミニアルバム『逃した魚』をリリース。TOWER RECORDS一押しアイテム「タワレコメン」、HMV一押しアイテム「HOT PICKS」に史上初めて同時に選ばれ、全国の店頭にて異例の大展開。2010年6月、待望の1stフルアルバム『あとのまつり』をリリース。他とは一線を画す切なすぎる歌詞と美しすぎるメロディでその地位を確立した。

デビュー直前にiTunesが選ぶ2011年最もブレイクが期待できる新人アーティスト“Japan Sound of 2011”に選出。

4月6日に発売したメジャーデビューシングル「はなびら」はオリコンウィークリーチャートで45位を獲得、そしてその後6月22日リリースの2ndシングル「花束」は全国FMのパワープレイ、番組のエンディングテーマ等含めて73個を獲得し、オリコンウィークリーチャート18位を記録、その後10月に3rdシングル「思い出せなくなるその日まで」、メジャー初となるオリジナルアルバム「スーパースター」を立て続けにリリース。アルバム「スーパースター」はオリコンウィークリーチャート4位を記録した。

2011年度 年間ラジオ・ エアプレイチャートでは2ndシングル「花束」が邦楽で1位を記録、ゴールドディスク大賞ベスト5ニュー・アーティスト受賞、CDショップ大賞入賞。全国11ヶ所(追加公演2公演含む)のワンマンツアーが全て即完し、さらに追加した渋谷公会堂公演も即完。新人ながら「ROCK IN JAPAN」「RISING SUN ROCK FES.」「MONSTER baSH」「SETSTOCK」「HIGHER GROUND」「TREASURE05X」の6本の夏フェスにも出演した。

2012年には「恋」「日曜日」「わたがし」「青い春」の4枚のシングルをリリース。「日曜日」はHBC・TBS系ドラマ「スープカレー」、「青い春」はCX系ドラマ「高校入試」の主題歌にも起用され、さらに大きな注目を集めた。11月にそれらのシングル曲を収録した3rdアルバム「blues」をリリース、その後の全国ツアーは17ヵ所19公演が全て即日完売、さらに2013年9月7日に行われた初の日本武道館公演も即日完売となり大成功を収めた。

2014年、8thシングル「高嶺の花子さん」(2013年6月リリース)、9thシングル「fish」(2014年2月リリース)、そして10thシングル「繋いだ手から」(2014年3月リリース)を含むニューアルバム「ラブストーリー」を3月26日にリリースし既に12万枚突破!!!5月からはそのアルバムを引っさげた初の全国ホールツアー「love stories tour 2014」(20ヵ所21公演)を開催し全て即日完売 !!! 追加公演で行われた横浜アリーナ2DAYS、大阪城ホール1DAYも即日完売となり大成功を収めた。

2015年1月に発売されたシングル「ヒロイン」はJR SKISKIのCMソングに、5月に発売された「SISTER」は大塚製薬 ポカリスエット イオンウォーターCMソング、8月に発売された「手紙」はNTTドコモ CMソング、11月に発売された「クリスマスソング」はフジテレビ系月曜9時ドラマ「5→9~私に恋したお坊さん〜」主題歌に起用され大ヒットを記録、その後5枚目のオリジナルアルバム「シャンデリア」はオリコンウィークリーチャート2週連続1位を獲得した。

2016年1月にスタートした26ヶ所27公演のホールツアー、さらに6月から追加を含めて6ヶ所12公演のアリーナツアーは全ヶ所即日ソールドアウト。5月に発売されたシングル「僕の名前を」は映画「オオカミ少女と黒王子」主題歌となりiTunesウィークリーチャート1位を獲得、11月発売シングル「ハッピーエンド」は映画主題歌として話題を集めた。そして、12月28日には自身初のベストアルバム「アンコール」をリリースし、70万枚を越える大ヒットを記録。

2017年2月から自身最大規模の全国アリーナツアー“All Our Yesterdays Tour 2017”で30万人を動員した。12月には映画「8年越しの花嫁 奇跡の実話」主題歌の「瞬き」をリリースしロングセラー中。2018年の初ドームツアーが全箇所ソールドアウトと勢いはとどまるところを知らない。

back number 公式サイト

【ライブレポート】ライブツアーで大盛り…

【インタビュー】BiS創造主のプー・ル…