1. 歌詞検索UtaTen
  2. 特集
  3. バンド
  4. 歌詞コラム
  5. back number
  6. ぬかるんだ恋にご用心『助演女優症2』

ぬかるんだ恋にご用心『助演女優症2』

メンバー全員が群馬県出身のバンド、back number。彼らの名を一躍広めた楽曲といえば2015年11月18日に発売され、月9ドラマ「5→9 ~私に恋したお坊さん~」の主題歌となった『クリスマスソング』だろう。恋をして、相手を想う気持ちをまっすぐ描くこの楽曲は、深々と降る雪のように静かな美しさと切なさを纏っている。

公開日:2018年7月9日 更新日:2019年7月2日

Column

柚香


この記事の目次 []
  1. ・悲しい恋の話
  2. ・言葉には出来ない彼女の本音
  3. ・もっと早くに…
  4. ・成就するはずのない恋愛のぬかるみ

悲しい恋の話


そんな『クリスマスソング』のカップリングとして収録されている『助演女優症2』は『クリスマスソング』とは対照的に、心の奥の気だるい重さが光る一曲だ。

----------------
最後のデートくらいはどんなに
多忙だって遅れず来てよ
あとその指輪もせめて外してから来てよね
≪助演女優症2 歌詞より抜粋≫
----------------

「その指輪もせめて外して」という言い回しから察するに、主人公の女性と相手の男性は不倫の関係だ。

わざわざ”指輪を外して”と言わなければ気づけないところを見ると、相手の男性は配慮がなく、図太い神経の持ち主なのだろうなと勝手な想像が膨らんでいく。

----------------
頭の中で浴びせた本音は
キスひとつで溶ける脆さで
あなた好み清楚可憐を纏って 纏って
≪助演女優症2 歌詞より抜粋≫
----------------

彼女にとっての主役は間違いなく彼。でも彼にとって彼女は所詮二番手の「助演女優」だ。どこかで自分じゃ一番になれないと分かっていながらも、彼に好かれる自分を演じ続ける彼女。

”虚しくても、好きだから抜け出せない”、そんな底なし沼が彼女の心の中にあるのだと感じられる。不倫という揺らいだ関係性が軸にあるが、何故か『助演女優症2』には共感出来る部分がある。

それは”恋”という感情の片鱗が、この楽曲に散らばっているからだ。

言葉には出来ない彼女の本音


----------------
私のものにならないのに
どうしてまたお気に入りの服で
あなたを出迎えているの?

バカみたいでも何も出来なくても
愛する人との幸せな結末を待っていたの
≪助演女優症2 歌詞より抜粋≫
----------------

脈がない、相手に彼女がいる、友達としてしか見てもらえないなど、報われない恋は意外と多い。でも相手に好きになってもらえないからといって、綺麗さっぱり諦められる恋ばかりではない。

恋人や好きな人の前で、かっこいい、可愛い自分で居たいと思うのは当たり前のこと。それはたとえ想いの届かない相手の前だったとしても、その人に恋をしている以上同じことを思うだろう。

だから、主人公の女性も彼に会うとなると、ついつい「お気に入りの服」に手が伸びてしまうのだ。

そこには、”いつもと違う自分を見せれば、少しでも可愛くなれば、もしかしたら自分に振り向いてくれるかもしれない”という祈りにも似た、言葉には出来ない彼女の本音が滲んでいる様に思える。

もっと早くに…


----------------
私 あなたの何なのと
もっと早く聞いておけば
こんな夜は来なかった
≪助演女優症2 歌詞より抜粋≫
----------------

関係が終わる為の一手になるから、あやふやな関係において「私あなたの何なの」という質問はご法度だ。

彼女はそれを分かっていたからこそ、最後の最後まで彼の本心を問う事が出来なかったのだろう。

自分達のおざなりな関係を悔やむ歌詞だが、この言葉の裏には”核心をついて終わるくらいなら、気付かないふりをしてこの関係を続けたい”という彼女の心の内が見えてくる。

彼女の様に関係が壊れるのが怖くて、自分自身を押し込めてしまう事は、恋愛において珍しくない。恋人同士でも、報われない恋をしている人でもどちらにでも起こりうる事だ。

それは相手が好きで、この人の傍に居たいと思うから。だからこそ、どこか誤魔化して遠回りしてしまう時があるのだ。

そんな考えを巡らせて耳を傾けてみると、この曲の主人公は不倫をしている女性ではなく、報われない恋を大切にし過ぎて拗らせてしまった一人の女性に思えてくる。

成就するはずのない恋愛のぬかるみ


----------------
最後の言葉くらい少しは
男らしくすればいいのに

いなくなったところで次の私を
探すんでしょう
≪助演女優症2 歌詞より抜粋≫
----------------

そんな彼女は「最後」という言葉を何度も使い、自分からこの行く当てのない関係を終わらせようとしている。

曲の最後「次の私を 探すんでしょう」と彼女は言うが、”自分の代わりが居る恋なんて、自分じゃなくてもいい恋なんて、そんなの空っぽで痛いだけだ”と誰より彼女自身が強く思い始めたからなのかもしれない。



『助演女優症2』という曲名から察しがつく様に、『助演女優症』という楽曲も存在する。是非、そちらも合わせて聞いて頂きたい。

主人公の女性がはまった成就するはずのない恋愛のぬかるみを、より肌でリアルに感じてもらえるはずだ。

彼女には次こそ、大切な人と自分にしかできない恋愛をしてもらいたい。

TEXT 柚香

Vocal & Guitar : 清水依与吏 (シミズイヨリ) Bass : 小島和也 (コジマカズヤ) Drums : 栗原寿 (クリハラヒサシ) 2004年、群馬にて清水依与吏を中心に結成。幾度かのメンバーチェンジを経て、2007年現在のメンバーとなる。2009年2月18日に1stミニアルバム『逃した魚』、2010年6月1stフルアルバ···

この特集へのレビュー

この特集へのレビューを書いてみませんか?

この特集へのレビューを投稿

  • ※レビューは全角500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつの特集に1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約

【ライブレポート】ライブツアーで大盛り…

【インタビュー】BiS創造主のプー・ル…